【エンタメ】駅員への暴力670件 18年度、飲酒客が半数超

チューハイぷはー

忘年会シーズンですね。皆さんは忘年会は終わりましたでしょうか?私は2件の忘年会に嫌々ながらも出席しました。忘年会くらいは出席しないと仕事やりづらいですからね・・・。

忘年会シーズンでお酒を多量に飲まれる方や2次会に行かれて醜態を晒す方も中にはいらっしゃいます。駅員に暴力を振るう方もいるそうです。詳細をお伝えします。

ニュース記事

国土交通省は28日までに、全国の鉄道で2018年度に発生した駅員や乗務員への暴力行為は670件に上ったと発表した。17年度に比べ9件少なく、4年連続の減少。

半数以上の375件で、加害者になった乗客が飲酒した状態だった。同省は、被害が多発している現状は改善されていないとして、各鉄道事業者と連携し防止対策を進める考えだ。

同省によると、都道府県別では、最多が東京の246件で、神奈川78件、大阪53件、埼玉51件、千葉43件と続いた。670件のうち410件は警察に届けたという。

飲酒した客が改札で「寒いから」と駅員の胸ぐらをつかんで防寒具を奪おうとした後、突き飛ばしたり、ICカードが自動改札機に反応しなかったことに憤慨し、係員のほおを殴ったりするケースがあった。

まとめ

飲み会で暴力を振るい、傷害案件で立件されてしまうと人生台無しです。酒は飲んでも飲まれるな!ということです。投資家である以上、お酒をコントロール出来ないようでは日々変化する相場の中で勝ち続けるのは難しいでしょう。

著名投資家のウォーレンバフェット氏も「人間の弱みは2つある。それは酒、レバレッジだ」との名言を残しています。紳士淑女たる投資家は酒を飲んでも飲まれないようにほどほどに楽しみましょう。

私は飲み会が大嫌いなので、飲み会に出席する時間とお金は全て株式購入、副業に使います。来年度以降も「忘年会以外は飲み会全欠席」のルールは継続していきます。

トップへ戻る