【必見】アマゾン、アップル、Googleが家庭用IOT機器の通信規格策定。伸びる銘柄は?

「アレクサ」の画像検索結果"

国による副業の後押し、10月からの消費増税、日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金は上がっています。

会社員でも株式投資に取り組み、資産形成をする必要があります。アマゾン、アップル、Googleが家庭用IOT通信規格を策定するとの事で詳細をお伝えします。また、このニュースがきっかけで値上がりが期待出来る銘柄をお伝えします。

ニュース記事

アマゾン・ドット・コム、アップル、グーグルの米IT大手3社がインターネットにつないで使う家庭機器を対象とした共通の通信規格を作ることを決めた。2020年後半に技術仕様を公開する計画だ。

規格の乱立を防ぐことにより消費者や機器を開発・製造するメーカーの利便性を高め、機器の普及を加速する。3社に加え、無線通信規格の策定を担う業界団体、ジグビー・アライアンスが18日、「プロジェクトコネクテッドホーム・オーバーIP」を立ち上げると発表した。

3社はコンテンツ配信や電子商取引といった分野で激しく競り合っているが、成長が見込まれる「スマートホームデバイス」の分野では利便性を優先する。今回の取り組みが成功すれば消費者は規格の違いを意識しないで製品を購入・利用できるようにり、メーカーも規格にあわせて作り分ける必要がなくなる。

新たな規格にはインターネットの基盤技術であるインターネットプロトコル(IP)を応用する。アップルの「ホームキット」など既に各社が個別に実用化した技術も活用し、開発に必要な時間を短縮するという。技術はソフトを誰でも改変したり利用したりできるオープンソースと同様の考え方に基づいて開発を進め、利用を希望する企業が無償で使えるようにする。

既にIT大手は家庭用の監視カメラやエアコンと組み合わせて使うサーモスタットなどを販売しており、こうした製品が対象となる見通しだ。ジグビー・アライアンスに加わるスウェーデンの家具大手イケアやフィリップス(オランダ)から分離した照明大手、シグニファイなども参画の意向を示しており、照明機器などでも対応機器が出る見通しだ。

米調査会社IDCによると、監視カメラや電球、スマートスピーカーといったスマートホームデバイスの世界出荷台数は23年に15億5740万台に達する見通しだ。19年の見通しより約9割多い水準となる。スマートフォンなどに続く成長分野のひとつとして注目を浴びているが、規格が乱立することにより混乱が生じるとの見方も浮上していた。

消費者にとっての嬉しさとは?

高校生 ダイエット 夜 中学生 ダイエットサプリ コンビニ 筋トレ  文化部 知恵袋  女子 男子 忙しい 食事メニュー ダイエット方法 簡単  運動 食事 短期間 成功 食事メニュー 筋トレ アプリ サプリ 弁当 アラフォー ダイエット ブログ サプリ 運動 モチベーション 期間  運動なし 効果的 食べて痩せる  ビフォーアフター  アプリ 老ける 痩せない 成功例  男 運動 酵素 

米国を中心に監視カメラやエアコンの制御装置、照明器具といった家庭で使うネット接続機器が普及してきたが、機器間の通信方式が異なっていました。「グーグルの人工知能(AI)スピーカーと組み合わせて使うには、グーグルに対応した製品が必要」という状況になり、消費者の負担になっていました。

 

今回の取り組みが成功すれば、消費者は様々な製品を組み合わせて使うことが簡単になります。操作に使うAIスピーカーを別のメーカーの製品に取り換えても対応機器を継続して使えるといった利点があります。

 

メーカーは各社の通信方式にあわせて製品を作り分ける必要がなくなり、開発の手間や過剰な在庫を抱えるリスクを抑えることが可能になります。

IOT通信規格策定で期待出来る銘柄

  • キーサイトテクノロジー

キーサイトテクノロジーは、オシロスコープなどの検査用精密機器を製造しています。検査規格が統一される事により、規格を満たす製品を作るために、検査が必要になります。

そこで、顧客は使いやすく、なおかつ測定精度の高い検査機器が必要になります。キーサイトは5G関連の計測機器で売上を伸ばしており、今後も期待出来ます。

キーサイトについては以下の記事で詳細を紹介しています。

【必見】5G導入に向けて絶好調!?米国株のキーサイトテクノロジーについて

  • 横河電機

横河電機もキーサイトテクノロジーち同様の精密機器メーカーです。横河のオシロスコープといえば、業界でも有名で、トップシェアを誇ります。私もよく使用しています。

株価チャートはこちらです。直近の株価は1943円です。2000円付近で揉み合っています。PERは17.8倍です。

営業利益率は約9%とメーカーの中では高水準です。売上高、営業利益は微増です。

  • アドバンテスト

アドバンテストは半導体製造装置を製造するメーカーです。こちらが株価の推移です。1年チャートで見ると、右肩上がりの上昇。現在の株価は5980円です。

PERは32倍と割高になっています。今は投資価値が下がって来ています。急落時の買い付けを狙いたいですね。財務状況を見ると、売上高は2019年には倍増しています。今年は半導体業界は調子が良いですね。営業利益率は23.4%と高水準を誇っています。

まとめ

消費者にとっては、規格の統一により、製品が使いやすくなるので嬉しいですね。スマートデバイスの市場が拡大するにつれ、関連したサービスも拡大します。

アマゾン、アップル、GoogleはIOT機器からも情報を取得し、売り上げ向上を目指していると言えます。こうした通信規格が出来ると、世の中に製品を出すためには検査が必要になります。

検査をするためのオシロスコープなどの精密機械にもチャンスがあります。世の中の流れを把握して、なるべく先読みして投資する事が大事です。

トップへ戻る