【ダイエット】お酒を飲んでも太らない方法

皆さんおはようございます。ゆうたです。

社会人になり、若手だとお酒を飲む機会が非常に多いです。

誰だってお酒を飲む機会が多いが太りたくはないですよね。そんなあなたの為に本記事を書きます。

肝臓に脂肪が溜まるのを防ぐ魚ーそれはカツオ、マグロ、サケ、サンマです。

この4種の魚に豊富なビタミンB6が肝臓に溜まる脂肪を分解してくれます。

お酒を飲むと太ってしまう要因は?

お酒を飲むと太ってしまう要因は、糖質を含む日本酒やビール、

カクテルなどのカロリーとお酒に合わせて食べてしまうおつまみの

カロリーにあります。

実は飲み過ぎたお酒のカロリーと食べすぎたおつまみのカロリーはお酒を分解してくれる「肝臓」に溜まりやすいです。

肝臓は体内にアルコールが入ってくると、それを分解する事に集中します。

皆さんが知っての通り。お酒は飲む量が多いと分解が追い付かなくなります。

アルコールは最後まで分解されると、炭酸ガスという無害なものに変化します。

アセトアルデヒドの効果

問題はお酒が分解される過程でアセトアルデヒドという物質になってしまう事です。

アセトアルデヒドは脂肪の分解を抑えるとともに、中性脂肪の材料である脂肪酸の合成を促す働きがあります。

お酒を飲み過ぎる、アルコールの分解が追い付かない、

アセトアルデヒドが溜まる・・・。これが肝臓に脂肪が溜まってしまう流れです。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど、多少の負担があっても音を上げません。

飲み過ぎたと感じたら?

「飲み過ぎた」と感じたらビタミンB6が豊富な4種類の魚ーカツオ、マグロ、サケ、

サンマの出番です。この4つの魚はどれか1種類だけでも十分です。

例えば私の場合、飲み会の翌日にパック詰めの鮭をご飯と一緒に食べています。

これ一つでおかずになりますし、コンビニにも売っているので、買っておくと楽です。

まとめ

お酒を飲んだ翌日はビタミンB6を摂取し、脂肪肝になるのを予防しましょう。

鮭はご飯のおかずにもなって美味しいですよ。

それでは。ここまで記事を読んで頂きありがとうございました!!

関連記事

ブログ編

【必見】ブログ 始め方 おすすめ

投資編

3000円投資生活 やってみた

ダイエット編

ダイエット中にシメにラーメンを食べても太らない方法

【必見】糖質制限は果たして健康に効果があるのか?について考察した

トップへ戻る