【朗報】LINE証券で100円から投資信託購入可能に

ストレッチ アプリ イーストレッチ 本 運動 1週間で痩せる お腹 男 ウォーキング 朝 効果はいつから 1万歩 2万歩 回数 時間 30分 40分 ジョギング 意味ない 効果ありすぎ ランニング ダイエット 食事 女性 ブログ 成功 口コミ 痩せない 昼 ウォーキング 効果ありすぎ 痩せるダンス j-pop k-pop dvd 簡単エクササイズ 痩せすぎ注意ダンス 嵐 ダンス ダイエット 効果なし ビフォーアフター 食事 アプリ 初心者 男性 動画

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金は上がっています。

そのため、会社員でもお金の勉強をして資産運用をすることが大事になります。LINE証券を使って100円から投資信託を購入可能とのニュースを見つけたので、当ブログで紹介します。

ニュース記事

野村ホールディングスLINEが共同で設立したLINE証券(東京・品川)は27日、同日から投資信託の取り扱いを始めたと発表した。最低投資金額は100円と低く抑えた。同社専用の3商品を含む28の投信をそろえた。販売手数料は無料として、若年層の開拓を狙う。

28本の投信は国内外の株式や債券、不動産投資信託(REIT)などが対象。米運用大手ブラックロックのバランス型や、野村アセットマネジメントの日本株型など3本の専用投信も設定した。

上記ニュースから、LINEは証券事業も拡大し、手数料で稼いでいこうとする意図が見られます。ソフトバンクはこうしたLINEの潜在顧客を取り込む事にもなりますね。

投資信託も対象に入っていると言う事で、獲得したLINEポイントを投資出来るので投資がより身近になると思います。では手数料ビジネスはどれだけ稼げるのか米国株での代表的な事例を挙げて説明します。

米国株では証券サービスを取り入れている会社の株価はどうなのか?

当ブログは米国株を運用するブログなので証券会社の株価を見てみる事にしました。先日届いた米国株四季報で私が着目した会社が数社あります。全て手数料で稼いでいる会社です。下記で紹介した4社は営業利益が50%もある高収益体質の会社です。

営業利益が50%以上の会社と言うと、タバコ販売会社のアルトリア、キャッシュカードのVISAしか見たことがありませんので、高収益体質であることが分かります。

  • SPGI(S&Pグローバル)

鉄道会社の情報提供・債券格付けに起源をもつ金融情報大手企業です。主柱の格付けの他、リアルタイム金融取引情報、S&P500、ダウ平均の株価指数、エネルギー・商品価格などを提供しています。ゴールドマンサックス子会社に投資助言部門を売却しています。

株価チャートはこちらです。5年チャートでは綺麗に株価は右肩上がりです。

損益計算書を見ると、売上高営業利益率は約40%と高水準。

売上高営業C/Fも33%と高水準です。

  • ICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)

NY証券取引所を傘下に持つ世界有数の金融・商品取引所です。2013年にNYSEユーロネクストを買収も。翌年現物株主体のユーロネクストを分離しました。収益性が高いデリバティブ取引に集中しています。指数など情報サービス拡充にも注力しています。

株価チャートはこちらです。5年チャートで見ると、2.3倍ですね。

  • MCO(ムーディーズ)

世界最大級の格付け会社です。信用格付け事業と経済・財務情報の分析ツール、ソフトウェア提供の2本立て事業を運営しています。

主柱の格付け事業は135以上の国、1.8万の公共機関、9000の企業、1.1万の仕組み債を対象としています。バフェットも投資している会社なので注目です。

株価チャートはこちらです。ムーディーズとS&P500を比較しました。ムーディーズが圧勝ですね。青線がムーディーズです。

次に損益計算書ですが、売上高営業利益は約40〜50%と高水準です。2016年に利益は大幅減少しましたが、順調です。PERが30倍と高いので、調整局面で買うと良い銘柄です。

  • CME(CMEグループ)

金融・商品先物のCME、商品先物のCBOT、NYMEX、COMEXの各取引所を保有する世界最大級の先物取引所の持ち株会社です。取引清算期間も運営しています。

2018年に債券仲介や為替電子取引の英NEXグループを買収しています。株価4指数のマイクロEミニ先物にも上場しています。

株価チャートはこちらです。5年チャートでS&P500と比較してみました。CMEの圧勝ですね。こういった取引所関連銘柄で手数料で稼ぐ会社はよく儲かると言うことが分かります。

営業利益率は60%とVISAやタバコ会社のアルトリアに劣りません。こうした取引所関係の会社は地味なので、気づいていない方も多いのではないでしょうか。

キャッシュフローを見てみました。営業C/Fマージンは60%と競争力のある経営が出来ています。

まとめ

LINE証券、及び証券業に進出する米国株の会社について紹介しました。楽天ポイントを投資できるように、余ったポイントを投資出来るサービスが広がると、投資が日本人に根付くきっかけになります。

証券業を営む米国の会社は営業利益率も高く、調整局面が来れば投資対象に入れてもいいのではないでしょうか。

トップへ戻る