【朗報】積立NISAの期限無期延長へ。積立期間は20年間と変わらず

ストレッチ アプリ イーストレッチ 本 運動 1週間で痩せる お腹 男 ウォーキング 朝 効果はいつから 1万歩 2万歩 回数 時間 30分 40分 ジョギング 意味ない 効果ありすぎ ランニング ダイエット 食事 女性 ブログ 成功 口コミ 痩せない 昼 ウォーキング 効果ありすぎ 痩せるダンス j-pop k-pop dvd 簡単エクササイズ 痩せすぎ注意ダンス 嵐 ダンス ダイエット 効果なし ビフォーアフター 食事 アプリ 初心者 男性 動画

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金は上がっています。

そのため、会社員でもお金の勉強をして資産運用をすることが大事になります。会社員の資産形成に重要な積立NISAの期限が延長されるとの事で、ニュースをお伝えします。

ニュース記事

こちらのニュース記事は日経新聞から抜粋しました。

政府・与党は積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)について、非課税で積み立てられる期限を延長する。現行では最長で2037年末までだが、原則としていつから始めても20年間、非課税になるよう改める。

個人型の確定拠出年金(イデコ)も拡充し「貯蓄から投資へ」の流れを後押しする。若年層らに老後の資産形成を促す狙いだ。

現在までの積立NISA制度の問題点

積立NISA制度の問題点は期限があることで、積立を開始した年によって積立できる期間が変わってしまうというものでした。例えば、2018年に積立NISAを開始した場合は、2018〜2038年の20年間をフルに使うことが出来ます。

一方で2024年から始めた場合は、2038年までで14年間分しか非課税期間が適用されません。この期限を撤廃し、20年間という期間を投資することで資産形成を促すという仕組みです。

下記資料は金融庁のサイトから抜粋しました。

積立NISAを使った資産形成効果とは?

積立NISAを使った資産形成効果について下記に示しました。下記の表を見てください。この表は掛け金、期間、運用利回りから得られる資産総額が分かる表です。投資をする方は参考になる表です。

この表は、投資の「掛金」「期間」「運用利回り」によって資産総額がいくらになるかを、すばやく計算するための速算表です。

例えば、月2万円、10年間、年利5%で運用できた場合の資産総額は、2万円×155.285%)=3105600です。貯金だけの場合は、20000*12*10=240万円です。70万円も変わってきます。

つみたてNISAで投資できる金額は年40万円、月3万3000円までです。金融庁の報告書では、積立NISAでは20年間運用した場合の運用成績は、2%~8%と言われています。

なお、積立NISAでなく、通常の証券口座で積立を行うと、運用益に対して20%の税金が取られてしまうため、年利11%で運用する必要が出てきます。積立NISAは楽天証券のクレカ天引きで行うのがおすすめです。

積立NISAに関しては、投資をしている事を忘れているくらいが丁度良いです。クレカの場合は、強制的に積立が出来ますし、楽天ポイントも自動的に投資してくれるので、ポイントの取り逃がしがありません。

私は始めマネックス証券で積立NISAをしていましたが、楽天証券の方が積立NISAに関しては断然良いので楽天証券に乗り換えます。

スタートダッシュは早い方がいい!老後資金2000万円を誰でも作る方法

まとめ

積立NISAはじっくり資産形成するために良い制度です。 20年間の非課税期間はいつからOKです。積立NISAは解約せずに、持ち続けることが大事です。投資は数十年間付き合いのあるものと捉えて長期的な目線を持地、資産形成をしましょう。

トップへ戻る