【悲報】働き方改革浸透の結果、20代では仕事量増加、資産運用している方は10%

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金はどんどん上がっていますよね。

働き方改革が始まってから約半年以上経ちますが、実際に仕事量はどうなったのでしょうか。また、残業代が減った分をどう補っているのか調べてみました。

働き方改革での生活の変化

働き方改革が始まり、1年経ちましたが、皆さんはどのように生活が変わりましたか?マイナビでのアンケート結果を以下に示します。マイナビのニュース記事を引用します。

https://news.mynavi.jp/article/20191023-913519/

働き方改革関連の取り組みを行っている会社の割合

働き方改革関連の取り組みを行う会社は84.3%です。会社の取り組みとしては下記の割合です。

こうしてデータを見ると、副業・兼業を容認している会社は全体のうち6%ほどしかないと言うことが分かります。私の場合でも有休の促進、残業制限はうるさく言われています。

  • 有給休暇取得の推進・・・65.4%
  • 時間外労働/残業の制限・・・48.9%、
  • 育児のサポート・・・28.0%
  • 副業・兼業の許可・・・は8.5%

働き方改革に伴う仕事とライフスタイルの変化

ハーブデトックス ダイエット やり方 体の毒素を出す デトックス 食べ物 体内毒素 排出方法 ハーブデトックス デトックス 飲み物 レモン 野菜スープ ダイエット 夜だけ ブログ 朝 作り置き 脂肪燃焼ダイエット 冷凍 7日間スープダイエット デトックススープ 夜 スープ 太る 春雨スープ

働き方改革に伴う仕事とライフスタイルの変化を尋ねた結果が以下です。

  • 1位「仕事の負担が増えた」・・・(24.6%)、
  • 2位「プライベートが充実した(家族との時間増、趣味の充実など)」・・・(23.1%)、
  • 3位「収入が減った(残業手当が減るなど)」・・・(19.7%)
  • 特に変化がない・・・27.2%

性年代別にみると、仕事の負担が増えたとの回答は20・30代男性と40代女性で多く3割前後。プライベートが充実したというポジティブな回答は50代男性で41.0%に上ります。

つまり、働かない50代が年功序列で良い給料もらって、20〜30代の若手が「仕事量も増え、残業代も出なくなった」と言うことではないでしょうか。

労働時間の変化を調べると、33.2%が「労働時間が減った」と回答し、特に50代男性では半数近い49.4%となった。50代男性は残業代を稼ぐために残業していたと言う人も多いのでしょうね・・・。

残業の制限などにより収入が減ったことへの対策

残業の制限などにより収入が減った事への対策を調べてみました。第一位が節約です。割合は74%なので8割は節約するとの回答をしています。

一方で日本での格安SIMの使用割合はなんと2割にも満たないので、節約すると回答した方はどれだけ節約する意思があるのかと問いたくなります。

節約は最も効果が出やすいですが、毎日節約ばかりしていると気が滅入ります。まずは節約すると言う方は下記記事を参考にして頂き、出来るところから始めていきましょう。

【借金返済】早く返した方が得。奨学金を3年で250万返す方法

【固定費削減】英会話とジムにかける費用を削減した方が良い理由

【株式投資】一番手堅くリターンを確実に得る投資手法とは?

  • 別口で収入を増やす・・・24.8%。

収入が減る分別口で収入を増やすという回答もありますが、全体の2割程度です。内訳はフリマアプリ等に出品が13.5%、資産運用するが9.0%、副業・兼業が5.3%です。私は全てやっていますが、特に副業におすすめなのが「資産運用」です。

私は250万の奨学金を早期返済して以来、株式や経済、お金の勉強を行いました。その結果今年は株式だけで30万近いリターンを得ることが出来ています。

起業はリスクが伴いますが、株式は節約でタネ銭をためて、ある程度勉強して望めばプラスのリターンを得ることが出来ます。

米国株投資がおすすめ

「働き方改革が進む中、収入をしっかり増やすにはどうすれば良いか?」と言うと、投資がおすすめです。投資の中でも日本株への投資はインフラファンドやヘルスケア関連のJ-REIT、ebase(3835)などの手堅い銘柄以外はおすすめしません。

日本は少子高齢化が確実に進むので、高齢者関連のサービスを提供している銘柄も良いですね。鎌倉新書もおすすめです。私はまだ投資していませんが。

投資をやるなら、日本株よりも米国株を私は勧めます。米国株は市場全体が過去200年で右肩上がりですし、優良大型株も数多く、米国株を勉強するにつれて日本株に投資するメリットが薄くなってきます。

まとめ

働き方改革の結果、節約するという回答が78%なのは当然です。確かに節約は楽ですし、即効性がありますからね。

私も絶賛節約に励んでいますが、節約だけでは限界があります。節約でタネ銭をしっかり作り株式投資でじっくり資産を増やしていきましょう。世の中一発逆転はそうそうありません。下記書籍は超おすすめです。一読の価値あり。

【書評】私の財産告白から考える凡人でも資産形成を成功する方法

トップへ戻る