2019年10月以降〜2024年までの日経平均、NYダウの相場を大胆予想してみた

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金はどんどん上がっていますよね。

私は特にアメリカ株に重点をおいて運用しています。株式投資をする上で相場観を読むことが大事になります。日本株、米国株の相場動向が今後どうなるかを大胆予想してみました。

日経平均、NYダウの相場予想について

相場予想するに当たっては大局観が大事になります。私が大局観を掴むために何を指標にしているのか?をお伝えします。

経済動向を見る上で欠かせないのが景気循環の波動

景気循環の4つの波が経済動向を知る上で大事です。景気循環は、周期の長さにより、キチンの波、ジュグラーの波、クズネッツの波、コンドラチェフの波の4つにわけられます。好景気、不景気の循環は上記4つの波を繰り返しています。

  • キチンの波

キチンの波は約3年半で繰り返される景気の波です。要因は在庫投資です。

  • ジュグラーの波

ジュグラーの波は約7〜10年で繰り返される景気の波です。要因は設備投資です。

  • クズネッツの波

クズネッツの波は約20年で繰り返される景気の波です。要因は建築物需要です。

  • コンドラチェフの波

コンドラチェフの波は約50年で繰り返される景気の波です。要因は技術革新です。

日経平均株価の要注意時期は?

日経平均株価の要注意時期は2019年11月〜年末付近です。2012年11月14日に株価の大底をうっています。アベノミクス相場の出発点です。

ジュグラーの波の周期の7年目が丁度2019年11月〜年末です。つまり、相場の下落局面に入るのではないかと予測を立てています。

  • 10年チャート

10年チャートで見ると、2012年11月14日に株価の大底を打ち、その後アベノミクス相場で株価は右肩上がりに上昇しています。大底→上昇→下落というシナリオになると予想。

  • 2年チャート

増税後も株価は上昇、円安傾向に進んでいます。相場は2番天井を打って下落するので、2018年 年末の24000円を超える場合はそのまま一番天井を狙って上昇。24000円を超えない場合は2番天井をうって下落というシナリオを予想しています。

NYダウの週足チャートから米国株の景気動向を予測する

こちらがNYダウの週足チャートです。2015年から現在までを示しています。トランプ相場の出発点は2016年11月〜です。キチンの波の周期は3年なので、2019年11月〜年末に欠けて一旦調整局面を迎え、2020年11月にはトランプ相場はピークを迎えるのではと予想しています。

先ほど挙げた日経平均株価の要注意時期ともピタリと合います。2019年11月〜年末は調整局面に備えて置く必要がありそうです。私はAPPLEの株を指値で仕込んでおきます。180〜200ドルで買えれば良いと思っています。

調整局面で株を仕込んだ後、2020年11月のアメリカ総選挙に向けてNYダウは上昇するので、そのタイミングで売りに出します。

2019年以降のNYダウはどのように推移するか?

では2019年以降にNYダウはどのように推移するか?私は2020年11月でトランプ再選への期待で株価上昇、2020年11月〜2021年には調整局面を迎え、下落。調整局面を迎えた後、2024年までNYダウは上がり続けるのではないか?と踏んでいます。

理由は2つあります。一つ目はトランプ大統領は再選するだろうと言うことです。重要ポイントが2020年11月のアメリカ大統領総選挙です。

トランプ再選で株価上昇。民主党政権に代われば株価下落です。私の予想は「トランプ再選」です。

なぜかと言うと、トランプ大統領以降、有力な候補が誕生していないからです。こればかりは選挙が終わってからでないと分かりませんが、反トランプの受け皿となるリーダーシップを持った大統領はいないかと思います。

ウォール街の当たり屋「新債権王:ジェフリーガンドラッグ」氏の相場観

ウォール街で相場予想をよく当てている方に「ジェフリーガンドラッグ」氏がいます。このジェフリーガンドラッグ氏は「2024年までにアメリカの長期金利は6%ぐらいまで上がる」と大胆予想。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38285100Y8A121C1EE9000/

大統領総選挙、ジェフリーガンドラッグ氏の予想を踏まえると、2020年以降はインフレが進み、金利上昇、企業業績も連動して上昇。アメリカは未曾有の好景気を迎え、2021年には調整局面を迎えて株価下落と言うシナリオがあるのでは?と思っています。

ジェフリーガンドラッグ氏は「アメリカの長期金利が3%を上回れば大幅に下落する」との予想しており、2019年のクリスマス暴落も見事に当てています。クリスマス暴落の要因はFRBの利上げです。

https://www.mag2.com/p/money/443307

米国株のリセッションに向けての対策

「米国株は今が天井ではないか?」との声をニュースでも聞きますが、こうした声があるうちはまだまだ株価は天井ではありません。強気に投資を断行した方が良いでしょう。

危ないときは、「今アメリカの株を買わないと大変、損する」と行った声が出てきた時です。こうした場合には手元の株を処分するか、逆指値をかけてリスク対策を行う必要が出てきます。トレールストップ機能を用いた逆指値のかけ方について下記記事で解説しています。

【米国株投資家必見】トレールストップを知らないの?マネックス証券の機能とは!?

外国株を買うときの注意点は?

11月〜年末に調整局面が来るので、その際に米国株を仕込むのが良いかと思います。外国株を買うときの注意点は、円ドル相場と、約定金額です。まず1点目の円ドル相場について説明します。

円ドル相場というのは1ドルが日本円でいくらかを言う時に示す値段のことです。現在は1ドル=108円なので円高方向に推移しています。つまり、日本円の価値が高くなっている状態(米中貿易摩擦の影響)なので、ドルに変えるとトクになります。

こうした、為替相場の動きも見ながら、円高方向に触れたら、ドルに変え、円安方向に動いたら日本円に変えるとトクです。なので、米国株や他の株式を購入する場合は日本円の状態が今円安なのか、円高なのかは注視した方が良いのです。

証券口座開設の方法

ネット証券会社の種類はどれを選ぶのが良いか?でいうと、僕のオススメはマネックス証券、SBI証券、松井証券の3社です。マネックス証券は米国株で唯一トレールストップ、逆指値機能がついているのでリスク管理におすすめです。

メリット デメリット 紹介ホームページ
マネックス証券

圧倒的な情報量、操作抜群ツールを提供しているネット証券です!また、サポートも厚いので株初心者には特におすすめです!

僕はマネックス証券をメインで使っています。

口座開設は無料

ベトナム株やアジア圏の株が取引出来ない。
SBI証券

2018年のオリコンランキングで史上初の11回目となる総合1位を獲得した口座開設数No.1のネット証券最大手です!

1日の約定代金合計10万円以下の手数料が0円になりました!

口座開設は無料

なし。使いやすさ抜群。
松井証券

1日の株式約定代金合計10万円以下なら手数料無料で、IPOは申し込み金が不要となったのでまさに株初心者のためにあるような証券会社です!

口座開設は無料

 なし。使いやすさ抜群。  

上記のいずれかの口座を開設したら、証券口座にログインしましょう!

口座を作る時の注意事項

口座開設の時に必ず聞かれるのは以下です。

  • 特定口座か、一般口座か。
  • 特定口座の場合、源泉徴収をありにするか無しにするか。

税金の事ととか、書類のこととかになるのですが、3000円投資生活では初めのうちは大きな収益にならないので「特定口座の源泉徴収無し」を選びましょう!大きく投資をして、利益が20万円以上になると、確定申告をしなければなりません。

インデックスファンド 3000円投資生活 やってみた やり方 家計の節約 3000円投資生活 やってみた 資産運用 人生変化 お金溜まる 投資 貯金 世界経済インデックスファンド 

損益を出して書類を作成するのが「一般口座」で、書類を証券会社が代わりに作ってくれるのが「特定口座」です。

次に源泉徴収ありと無しについてです。源泉徴収ありの場合は証券会社が確定申告を代わりにしてくれる事で、無しの場合は自分で確定申告するということになります。

これだけ見ると、確定申告してくれる源泉徴収ありの方が良いように思えますが、これだと本来税金がいらない利益が20万円以下でも税金がもっていかれます。

投資の始め方が分からない、そんなあなたに

3000円投資生活に慣れたよって方や、もっと投資について知りたいよと思った方はファイナンシャルアカデミーが主催するセミナーに行くのが良いと思います。ファイナンシャルアカデミーでは下記を無料で学ぶことが出来ます。

  • 不動産投資
  • 株式投資
  • FX
  • 将来のマネープランも含めた節約術

参加は無料なので、一度参加してみると概要がつかめます。僕もファイナンシャルアカデミーのセミナーに参加しました。

ファイナンシャルアカデミーは普通のセミナーですし、金融関係の会社とは関係なく、独立した法人なので、その場で金融商品を押し売りされるなんて事もありません。お金に不安がある方にとって、一度でも行ってみるといいセミナーの概要になっています。

一回でも行ってみると、色々お得な情報が聞けるので、足を運ぶ事をオススメします。

↓申し込みはコチラから!!↓ 

受講生の約9割がプラスの運用実績

まとめ

日経平均、NYダウの今後の相場観について予想しました。2019年年末あたりに、下落調整局面を迎えて、トランプ再選への期待で2020年11月までNYダウは上昇を続け、2021年あたりに調整局面が来るのでは?と思っています。

トップへ戻る