【投資家必見】3大投資家であるウォーレンバフェット氏からの教訓とは?

投資をしたいけど、何を基準に投資をしたら良いか分からないというあなた。

ウォーレンバフェットの教訓という書籍を読み、銘柄選択術を学んだので、参考までにお伝えします。

この記事を読むことでウォーレンバフェットの考え方が分かるので、株式投資や資産形成に役立ちます。

ウォーレンバフェットの教訓

ウォーレンバフェットの教訓という書籍を読んだので、内容について当ブログで紹介します。株式投資を行っている方は参考にしてください。

ルールその1 絶対に金を損しない

お金持ちになりたいなら財産を複利で運用する必要があります。この時、元手は多ければ多いほど良いのです。

例えば投資基準額が200000円とし、積立額を月30000円とします。想定利回りは5%、20年間積立を行う場合の総資産額は1275万円です。

  • 投資基準額が200000円の場合

  • 投資基準額が100000円の場合

例えば投資基準額が100000円とし、積立額を月30000円とします。想定利回りは5%、20年間積立を行う場合の総資産額は1248万円です。20年間と言う長いスパンで見ると、初期投資金額の重要性が分かりますね。

この2つの数値の比較結果から言えることは、初期段階でお金を損することで、将来の利益獲得能力に悪影響が及びます。我々20代の投資家はこのことを頭に叩き込みましょう。

ルールその2 絶対にルールその1を忘れないこと

ウォーレンバフェットはルールその1を守るために、億万長者になった後もVWのビートルに乗りつづけています。つまり、若いうちからローンを背負ったり、新車を買うと行った行為はお金持ちからもっともおか遠ざかる行為と言えます。

筆者の場合も250万円の奨学金という重い足枷があったせいで損していると言えます。(今は全額返済しましたが)特に私と同じような20代の方はなるべく固定費のかかるもの、高級品は買わないでおきましょう。

固定費を上げることで身動きも取りづらくなるのです。

幸せとお金は別物である

ウォーレンバフェット氏は誰もが知る億万長者ですが。お金持ちになってもウォール街には棲みつかず、ネブラスカ州のオマハに住んでいます。ウォーレンバフェット氏は成功の定義を「愛されたいと望む相手から愛されること」と言っています。

核心をついた言葉ですね。お金持ちになろうとも貧乏であろうとも、好きな人に愛されていなければ、お金持ちでも「貧しいお金持ちに過ぎない」と言う事なのです。

業績好転は滅多に転がっていない

チートデイ 菓子パン 3日後 体重増加 2日に分ける 週2回 前日 おにぎり 女性 2日目 何でも食べていい 体重推移  バランスボール 引き締まった 体幹 消費カロリー 座る 使い方 おすすめ エアロバイク ダイエット お腹痛い 身長 腹筋割る メタボ 太る 痩せない

業績好天は滅多に転がっていないとウォーレンバフェットは言います。何故かと言うと、良いビジネスは良いビジネスのままあり続け、悪いビジネスは悪いビジネスのままあり続けるからです。

貧弱なビジネスを安物買いするよりも良質なビジネスを適正価格で買う事が投資の成功には不可欠だと言います。

【投資家必見】ウォーレンバフェットの銘柄選択術とは?

株を買う時は集団の逆張り

ウォーレンバフェットが看破する通り、株の買い時と言うのは、弱気相場であり、みんなが嬉々として株を買う時は株を買うのをやめましょう。人と同じ事をしていては株式市場では勝てないと言う事ですね。

お金を損するくらいなら黙って絶好球が来るまで待てば良のです。株をどうしても買いたい方は、逆指値を入れてその金額以外は買わないように徹底しましょう。

過去の歴史がゲームの決め手になるなら図書館員がゲームの勝者

高橋克典 ダイエット やってみた 楽痩せ体操 足上げ 効果 体験談 足回し 断食 芸能人 筋肉

いくら過去に精通していても実際には何が起こるか分かりません。これを可能にするものがあるとすると投資家の鋭い洞察力なのです。ただ、未来を予測するのは全く無理かというとそうではありません。

チューインガム、カミソリ、自動車保険のビジネスに関しては、今後のビジネスも予測することが出来ます。さらに、商品自体や商品ラインアップを定期的に更新するか否かと言う点も先行きを予測する上で重要であると言えます。

大金持ちになるなら、市場の動向に関する議論は無視し、永続的競争優位性を持つ企業を探し出すことが大事です。

分散とは無知に対するリスク回避である

株式市場に対して右も左も分からない時は幅広く分散投資を行うべきですが、広範な投資を勧めてくる投資アドバイザーは自分は株に詳しくないと告白しているに等しいです。

兼業投資家には厳しいかもしれませんが、株式市場や会社の業績を読めるようにし、狙った会社に1点投資するのが良いでしょう。

投資は合理的でないならやるな

周りが買っているからと言って株を買う。また、日経ZAIの有望銘柄や他の有名人に勧められて考えもなしに株を買う方が意外と多いです。

そして、仮想通貨でもそうですが「周りがやっているから、儲かりそうだから」と言う理由で始めると損します。

自分の頭でしっかり考えて、ストーリーを立てる。マイルールを作り、そのルールに沿わない投資はするべきではないと私は思います。

まとめ

ここまででウォーレンバフェットの教訓について解説しました。ウォーレンバフェットの教訓は我々投資家にとって参考になる内容も多くありました。

若い段階から元手を大きくし、長い年月を見据えて投資を行うのが資産の近道と言う事ですね。

トップへ戻る