【ダイエット】夕食でゴボウを最初に食べるとダイエット出来る

皆さんこんばんは!ゆうたです。

夕食時には仕事で疲れて帰ってきて沢山食べたくなりますよね。分かります。僕もです。

今回は夕食時にしっかり食べても太らない願望を実現してくれる素晴らしい料理を紹介します。

何を食べればしっかり食べても太らないか?

そんな願望は、ゴボウで実現出来ます。

何故か?ゴボウには食物繊維が豊富だからです。

「ごぼうを5cm幅に切って酢水にさらすごぼうを5cm幅に切って酢水にさらす」のフリー写真素材を拡大

週1~2回、夕食でゴボウを食べるだけで太らなくなるのです。

食物繊維は固い成分です。当然ゴボウを食べる時はしっかり噛まなければいけません。噛む回数も自然と増えます。

食物繊維が豊富な食品を例に挙げると、ひじき煮ときんぴらゴボウがあります。

この2者では噛む回数が違い、ひじき煮ならば33回、ゴボウでは55回です。

食べる順番、タイミングがコツ

ゴボウ料理を食べる際には食べる順番がコツです。

食事を始めてからすぐに食べるのが良いです。食事を開始した早いうちから噛む回数が増えると、ムダな食欲が湧いてこなくなります。

夕食は寝る前に取る最後の食事です。寝る前なので食後に日中のような活動量はありません。

ですが、1日で最も食べる量が多くなるのが夕食です。

夕食でゴボウ料理を食べる事で噛む回数が増えます。

噛む回数が増えると、自然に適度な量で満足出来るようになります。

結果的に痩せる習慣に繋がるというわけです。

ゴボウ料理は、きんぴらゴボウや、たたきゴボウ、筑前煮、ゴボウサラダ、きりたんぽ鍋にすると、一度にまとまった量を食べる事が出来ます。

僕もゴボウ料理作って料理のレパートリー増やしに挑戦してみます。

まとめ

食べる量が増えるのは夕食だという事を頭に入れて、意図的にご飯の量を減らしたり、前の記事で書いた、キャベツを増やしたり、ゴボウを食べて食物繊維が豊富な食材を取る事で満腹感を増やす事により、痩せ体質を作る事が出来ます。

それでは。ここまで記事を読んで頂きありがとうございました!!

関連記事

ブログ編

【必見】ブログ 始め方 おすすめ

投資編

3000円投資生活 やってみた

ダイエット編

ダイエット中にシメにラーメンを食べても太らない方法

【必見】糖質制限は果たして健康に効果があるのか?について考察した

トップへ戻る