ストレス太りを防ぐ料理

皆さんおはようございます。ゆうたです!

今日はストレス太りを防ぐ料理を紹介します。

ストレスをためないーこれが出来ればみんな苦労しないですよね。

「南の島で羽を広げる女子」のフリー写真素材

例え、今肥満気味な人でもストレスを解消するだけで相当痩せる事が出来るはずです。

食欲とストレスは関係している

何度も言うようにストレスと食欲はそれほど密接に関係しているという事です。

「ストレス太り」という言葉があるように、ストレスが溜まると食欲を増やすホルモンがたくさん分泌されるため食べたい気持ちが我慢できなくなります。

食欲が増えるホルモンが脳から分泌されると、自分の気持ちでコントロールが

しにくくなります。

だから、ストレスが溜まると食欲が抑えられなくなり、結果的に太ってしまうのです。

「居酒屋でひとり呑み(チューハイグビグビ)」のフリー写真素材

ではストレスによって増えてしまった食欲には対抗しようがないのでしょうか。

実は対策は1つだけあります。「抗ストレスホルモン」をたくさん作り出せばいいのです。

そのためには3つのビタミンを取る必要があります。

3つのビタミンとは?

1つ目は抗ストレスホルモンの材料であるパントテン酸を豊富に含む食品をしっかり食べる事です。これが最も重要です。

具体的にはレバー類、鶏もも肉、牛ヒレ肉、子持ちガレイ、ニジマス、タラコ、ウナギ、

イワシ、納豆、アボガド、さつまいも、モロヘイヤ等です。

「納豆の粘り」のフリー写真素材

2つ目は、抗ストレスホルモンの分泌を良くするビタミンCです。ビタミンCはストレスがかかるほど消耗が激しくなります。

ですから、柑橘系の果物やいちご、キウイ、赤ピーマン、ブロッコリー等多く含まれている食品を沢山食べましょう!!

果物は生に限ります。缶詰はビタミンCが壊れているのでNGです。

「カットストロベリー」のフリー写真素材

3つ目は、抗ストレスホルモンを生成する副腎を助けるビタミンEです。

ニジマス、ウナギ、ハマチ、子持ちガレイ、タラコ、アーモンド、ひまわり油、

サンフラワー油、アボガドにたくさん含まれています。

ビタミンEが多い油を炒め物やドレッシングに使うと手軽に取る事が出来ます。

パントテン酸とビタミンCは体にため込まない成分です。

まとめ

また、パントテン酸を減らしてしまうのはコーヒー等のカフェインの多い物やお酒です。

紹介した物の中でもイワシやウナギは特に重要な食品と言えます。

ストレスを感じたら、パントテン酸の多い食品を優先的に食べましょう。

食べ物で抗ストレスホルモンを作るーこれでストレス太りを防ぐ事が出来ます。

それでは!!ここまで記事を読んで頂きありがとうございました!!

トップへ戻る