ダイエットに良い食事は?

皆さんおはようございます。ゆうたです。

今日はダイエットに良い食事を紹介します。

管理栄養士の友人の証言をもとに本記事は作成しました。

彼女がよく言うのは、きちんと食べる人が痩せているという事。

それでは、食べたら痩せる食習慣、食物を紹介させて頂きます。

食習慣編

基本は毎日朝食を食べる

食べても太らないーそれには朝食をしっかりと食べる事です。

それだけであなたは確実に痩せる事が出来ます。朝食をしっかり食べるだけで無駄な食欲は

自然と消えていきます。

朝食をしっかりと食べないと、昼食時の空腹感が自然と大きくなるため、食事量が無駄に増えます。

早くお腹を満たしたいあまり、よく噛まずに食べてしまうのです。つまりドカ食いしてしまい、血糖値を急激に上げてしまう事になります。

急激に上がった血糖値を下げようと、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが働き、

吸収しきれなかった糖質が中性脂肪として身体に蓄えられてしまうのです。

噛む事で脳の満腹中枢を刺激する事が出来ます。つまり、痩せる事が出来ます。

食事編

肉・魚・大豆製品・・・タンパク質を取る人は太らない

食べながらカロリーを燃やすにはタンパク質食にあります。

タンパク質には食後に体温を上げてカロリーを燃やす働きがあるのです。

食事でタンパク質をしっかりととると、体温が自然と上がります。

この上がった体温がカロリーを消費している証拠です。

タンパク質を取らないと、結論からかえって太ります。

それは何故かというと食べ物のカロリーが体温として消費されず、余分なカロリーは中性脂肪となり、身体に蓄えられてしまうからです。

お酒のおつまみにはアーモンドが一番

アーモンドは脂肪、糖質を分解する最高のおつまみです。アーモンドの嬉しい効果の秘密は豊富に含まれているビタミンB2にあります。

ビタミンB2は炭水化物の分解を促進して、余分なカロリーが身体に溜まるのを防いでくれます。

アーモンドはカルシウムやマグネシウムといったミネラルが大量に含まれています。

牛乳はマグネシウム含有量がとコップ1杯で20mgに対し、アーモンドは1食分約25粒で81mgと約4倍も含まれているのです。

マグネシウムには神経を落ち着かせる効果もあります。

私は職場で小腹が減ったらナッツ類を食べるようにしています。

食べても太らないスイーツ第1位はシュークリーム

シュークリームが含むカロリーは約240kcalです。この値はショートケーキの約半分です。

意外と思われる方が多いはず。では何故シュークリームはショートケーキに比べてカロリーが半分なのか。

それはショートケーキに使われているスポンジ生地がないからです。スポンジケーキの製法は

砂糖を大量に使い、高級品になるとさらに甘いシロップを染み込ませたものとなっています。

つまり砂糖の塊と言い換える事も出来るのです。

さらにシュークリームにはもう一つ特徴があります。それは、サイズに選べる幅がある事です。

ちょっと甘い物が食べたい時はミニサイズの物を少しずつ食べればいいのです。

食べたい物を食べているので余分な食欲を減らす効果があります。

食べ過ぎても「キャベツで帳消しに」

例えば、飲み会糖で食べ過ぎてしまった日があるとします。そういった日の他の日はキャベツを食べて摂取カロリー量を調整すれば良いのです。

キャベツには2つのメリットがあります。

・食物繊維が多い事

→食物繊維をたっぷりと食べておくと、食後の満腹感が長くなります。

食後の腹持ちがよくなると、次の食事まで余計なおやつを食べたくなるといった

無駄な食欲が消えます。

・食べすぎ、飲み過ぎた後の胃をいたわる効果があります。

→食べ物を消化するには胃酸が必要です。つい食べすぎたり飲みすぎたりすると

必要以上の胃酸が分泌されます。胃酸は多すぎると胃を傷つけます。

キャベツに含まれる特有成分のキャベジンは胃酸の分泌を抑え、食べすぎ、

飲みすぎで荒れて弱った胃の粘膜を丈夫にし、修復を助ける効果があります。

大手居酒屋チェーンで有名な鳥貴族に行くと、キャベツの山盛りを出してくれます。

店側にとっては客が安いキャベツでお腹を満たすので、売り上げという点で見ると

マイナスですが、客にとってはお腹を食物繊維で満たして、食欲を抑え、

お腹も労わる事が出来るのでメリットしかありませんね。

他の串焼き屋さんにもキャベツを山盛り出してくれるところがありますが、

私たちお客の事を考えての事なのかもしれませんね。そう考えるとおもしろいですね。

まとめ

ここまでで痩せる為の食事、食習慣をお伝えしました。

是非これらの習慣を守って頂き、スリムで健康な身体を手に入れましょう。

私の場合は、残業続きで帰宅が常に21時半でそこから晩御飯を食べるという生活をしていたらあっという間に1.5kg太ってしまいました。

社会人になると誘惑も多いですし、簡単に運動をサボれるので太ってしまいやすいと言えます。

少し危機感を感じ私は糖質制限、ジムでの走り込みで体重を54.7kg→53.1kgまで落としました。

日々の生活で食生活、食習慣を心掛けるだけでスリムな身体を手に入れる事が出来ます。

ここまで記事を読んで頂きありがとうございました。

トップへ戻る