スタートダッシュは早い方がいい!老後資金2000万円を誰でも作る方法

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金はどんどん上がっていますよね。

そんな時代には資産運用の知識を身につけ、正しい方法で投資をしてお金がお金を産む仕組みを作る必要があります。

その中でも今回は理解していない人も多い積立NISA、IdeCoについてお伝えします。

やるなら一日でも早い方がいい!株式投資で確実に利益を得るためには長期投資!

老後の2000万円はどのようにすれば作ることが出来るのか?

投資を始めようと思った方の多くは金融庁が老後の年金は2000万円足りないと試算したニュースが流れただと推察します。

金融庁の報告書でも老後に2000万円足りないという試算がされました。まず、投資をするに当たっては運用利回りを何%で回せば良いかを頭に入れた上で運用をしていく必要があります。

下記の表を見てください。この表は掛け金、期間、運用利回りから得られる資産総額が分かる表です。投資をする方は参考になる表です。

この表は、投資の「掛金」「期間」「運用利回り」によって資産総額がいくらになるかを、すばやく計算するための速算表です。例えば、月2万円、10年間、年利5%で運用できた場合の資産総額は、2万円×155.285%)=3105600となります。

つみたてNISAで投資できる金額は年40万円、月3万3000円までです。仮に、月3万円ずつ投資して、20年間で2000万円を作りたいなら、3万円×667.89(9%)=2003万6700円なので現実的ではありません。

ちなみに金融庁の報告書では、積立NISAでは20年間運用した場合の運用成績は、2%~8%と言われており年率9%を出すのはなかなか難しいです。

なお、積立NISAでなく、通常の証券口座で積立を行うと、運用益に対して20%の税金が取られてしまうため、年利11%で運用する必要が出てきます。

IdeCoを併用する必要あり

上記で積立NISAだけでは2000万円を捻出するのは難しいということが分かって頂けたでしょうか。そこでもう1つ考えたいのが、iDeCoを併用することです。ちなみに、ご存知の方もいるかもしれませんがIdeCoの正式名称は個人型確定拠出年金です。年金とあるとおり、iDeCoは老後資金を自分で積み立てて作る制度です。つみたてNISAと同じく、積立投資で得られた運用益にかかる税金をゼロにできます。

1年間に投資できる金額は、加入している年金の種類によって異なります。例えば、企業年金のない会社員の場合、年27万6000円、1カ月あたり23000です。基本的に、60歳未満の国民年金被保険者であれば誰でも加入できます。

一番のメリットは、掛金が全額所得控除できるため、所得税や住民税を安くすることができます所得税は、税金の計算の元となる課税所得の金額によって税率が変わります。それに対し、住民税は一律で10%です。

例えば、所得税の税率が10%の人が、iDeCoで年間24万円(2万円×12カ月)積み立てた場合、節税できる金額は、住民税と合わせて24万円×20%=4万8000円です。毎年24万円を貯めて、年間48000円の節税もできる制度です。

iDeCoで積み立てできる商品は預金・保険・投資信託です。iDeCoの口座開設をする金融機関によって、購入できる商品が異なります。預金・保険・投資信託のうち、お金が大きく増える可能性があるのは、投資信託です。ただし、iDeCoはつみたてNISAとは違って、60歳になるまで原則としてお金を引き出せませんのでご注意ください。

IdeCoに加入出来ない人も?

会社員の方でマッチング拠出制度を会社が採用している場合は注意が必要です。私の場合はマッチング拠出制度を会社が採用しており、IdeCoへの加入は認められていません。

マッチング拠出とは、会社側と個人で掛け金をそれぞれ負担する制度で、僕の場合は会社が6000円、個人が4000円出しています。IdeCoの場合だと、1ヶ月23000円分所得控除が出来るので、預金枠を損していることになります。

つまり、税控除に使えるのは年間48,000円で、会社側が6000円分を出して資産運用してくれているのですが、税控除の枠が使えない分損です。

老後の資金を2000万円拠出出来るのか?

つみたてNISAと「iDeCo」を組み合わせると、どのくらいの運用利回りで2000万円を達成できるでしょうか。上の速算表を使って計算してみました。話をわかりやすくするために、20年投資した場合、なおかつ年利4%で投資資金を運用できるという前提の素で考えます。

ちなみに年利4%はかなり現実的な資産運用の利率です。

  • 「つみたてNISA」:月3万円×366.77(20年・4%)=1100万310円
  • 「iDeCo」:月2万円×366.77(20年・4%)=733万5400円
  • 節税額:年4万8000円×20年=96万円
  • 合計額:1929万5710円

2000万円には少々届きませんが、「つみたてNISA」と「iDeCo」で月合計5万円投資できれば年利4%でも20年間でほぼ2000万円が達成できます

年利4%だって全く投資しない、あるいはつみたてNISAしか使わないよりはずっと2000万円が現実的です。

つみたてNISAの非課税期間は20年ですが、iDeCoは60歳になるまでずっと非課税。iDeCoは20歳から加入できるので、最大40年間も所得控除で節税しながら運用益が非課税になるので有利です。

初心者は積立NISAの口座開設がおすすめ

ここまでで資産運用は何から始めればいいだろう?と思われた方は、積立NISA、IdeCoの開設が不可欠です。積立NISA、IdeCoの開設を早速はじましょう。積立NISA、IdeCoの口座開設は窓口ではなく、インターネットで行うのがおすすめです。

理由は、窓口の場合は仕事のある平日に時間を作る必要性が出てきますし、他の金融商品に勧誘されて、損をしてしまう可能性があるからです。必要な情報はネットに落ちているので、それを参考にしましょう。

証券口座開設の方法

ネット証券会社の種類はどれを選ぶのが良いか?でいうと、僕のオススメはマネックス証券、SBI証券、松井証券の3社です。楽天カードや、楽天モバイル、楽天トラベル等の楽天サービスを用いている方は楽天証券に口座開設しても良いですね。

上記のいずれかの口座を開設したら、証券口座にログインしましょう!

口座を作る時の注意事項

口座開設の時に必ず聞かれるのは以下です。

  • 特定口座か、一般口座か。
  • 特定口座の場合、源泉徴収をありにするか無しにするか。

税金の事ととか、書類のこととかになるのですが、3000円投資生活では初めのうちは大きな収益にならないので「特定口座の源泉徴収無し」を選びましょう!大きく投資をして、利益が20万円以上になると、確定申告をする必要があります。

インデックスファンド 3000円投資生活 やってみた やり方 家計の節約 3000円投資生活 やってみた 資産運用 人生変化 お金溜まる 投資 貯金 世界経済インデックスファンド 

損益を出して書類を作成するのが「一般口座」で、書類を証券会社が代わりに作ってくれるのが「特定口座」です。

次に源泉徴収ありと無しについてです。源泉徴収ありの場合は証券会社が確定申告を代わりにしてくれる事で、無しの場合は自分で確定申告するということになります。

これだけ見ると、確定申告してくれる源泉徴収ありの方が良いように思えますが、これだと本来税金がいらない利益が20万円以下でも税金がもっていかれます。

3000円投資生活では20万円の利益が出るまでに時間がかかるので、まずは「源泉徴収なし」でスタートします。毎月の投資額を増額しながら、利益が大きくなってきたタイミングで源泉徴収ありに切り替えましょう

以上をまとめると「特定口座の源泉徴収無し」でスタートしましょう!

積立NISAで選べば良い銘柄とは?

まず、積立NISAで選べば良い銘柄を僕の目線で3つお伝えします。IdeCoでも積立NISAでもそうですが信託報酬率が最安+日本の市場に連動しない+株式を選びましょう。

20年という長い目線で見たときは信託報酬率が運用成績にかなり影響するからです。また、株式の方が長期で運用した場合はリターンが良いという結果も出ているからです。

ご年配の方は債券を含んだ金融商品を選んでリスクを減らしましょう。ちなみに下記金融商品を3つ合わせて月33,000円の拠出です。割合は私の場合50%、40%、10%ほどです。

  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

emaxis Slim 全世界株式(日本を除く)については、日本を除く、全世界の株式に投資をするインデックスファンドで、世界経済の成長に合わせて利益を受け取ることが出来ます。株式投資の未来という本では、20年間のデータを詳しく調査しており、その結果、株式の方が債券よりもリターンが良いとの結果が証明されています。

「株式投資の未来」を読んで最適なポートフォリオを考察した

ちなみに日本を除いた方が良いのは、日本市場の株価が右肩上がりでなく、成長が見込めないからです。日本市場を省く事で、より効率よくリターンを得ることが出来ます。

ちなみに私の場合は、3000円投資生活が株式投資を始めるきっかけだったこともあり、世界経済インデックスファンドという世界の株式、債権に分散投資するインデックスファンドに投資をしていましたが、積立投資を解約しました。

【必見】3000円投資生活のやり方を解説するよ

なお、先に挙げたマネックス証券、SBI証券、松井証券でNISAはインデックスファンドは購入可能です。是非こちらから購入してしまいましょう。

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とは、米国株式市場のS&P500に上場されている銘柄に投資が出来る銘柄の一つです。株式投資の未来では、S&P500に20年間投資した場合の平均リターンは8%と述べられています。

つまり、S&P500に長期投資をするだけで年率8%のリターンを得ることも可能なのです。

なお、先に挙げたマネックス証券、SBI証券、松井証券でNISAはインデックスファンドは購入可能です。是非こちらから購入してしまいましょう。

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド

インデックスファンド 3000円投資生活 やってみた やり方 家計の節約 3000円投資生活 やってみた 資産運用 人生変化 お金溜まる 投資 貯金 世界経済インデックスファンド 

楽天・全米株式インデックスファンドとは、全米の株式に連動するインデックスファンドです。市場自体がまだまだ成長すると予想される米国株式に投資をすることでリターンを見込むことが出来ます。

個人的にオススメのインデックスファンドをお伝えします。金融商品の運用方針は、「楽天・全米株式インデックス・マザーファンド」を通じ、主として「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」に投資するというものです。

バンガード・トータル・ストック・マーケットETFというのは、世界一の大富豪ウォーレン・バフェットも推奨するアメリカ株のETFになります。安定して利益を出す事が出来る、ETFです。

この楽天・全米株式インデックスファンドの特徴は、下記3点です。

  1. 下記グラフを見て頂くと分かるように、運用実績が右肩上がりである。
  2. 投資では一番実績があるアメリカ株への投資になるので、運用実績は+になる。
  3. 積み立てNISA、NISA口座で積み立て投資が出来るので、投資を始めるにはうってつけ

なお、先に挙げたマネックス証券、SBI証券、松井証券でNISAはインデックスファンドは購入可能です。是非こちらから購入してしまいましょう。

IdeCoで選べば良い銘柄とは?

IdeCoでも、先ほどと同じ考え方で、信託報酬率が最安+日本の市場に連動しない+株式を選びましょう。

  • emaxis slim 先進国株式インデックス

emaxis slim 先進国株式インデックスは先進国の株式に連動したインデックスファンドです。これ一つ持っておけば先進国株式に分散投資する事ができます。

  • emaxis slim 米国株式(S&P500)

米国株式市場のS&P500に連動するインデックスファンドです。S&P500に20年間投資した際のリターンは8%とのデータが出ているので、今後の米国株式市場の成長に合わせてリターンをしっかり得ることが出来ます。

  • emaxis slim 先進国債券インデックス

こちらは先進国の債券のインデックスファンドです。債券は株式と比べてリスクは少ないのですが、リターンもその分減ります。積立NISAをする方は長期投資をするでしょうから、債券の割合は低めに設定しておきましょう。

ちなみに私の場合は、株式:80%、債券20%で買い付けを行なっています。引き落とし時期が近くなれば、株式の割合を低くし、債券の割合を高くするスイッチングを行う事で、資産をしっかりプラスにすることが出来ます。

 投資資金の作り方

ここまで読んで頂いた方は投資資金を作る事を検討されているのではないでしょうか。投資資金の作り方としては大きく分けて2つあります。一つは節約です。もう一つが副業です。

私としては、副業をするよりかはまず節約をする方が20倍くらいは楽ですし、資産形成の基本は節約なので、節約になれることをおすすめします。私がこれまでに取り組んできた節約術を以下記事で紹介しているので参考にしてください。

【株式投資】一番手堅くリターンを確実に得る投資手法とは?

あとは資産形成の基本は先取り投資、先取り貯蓄です。手取りのお金が残ったら貯蓄ではなく、手取りのうち3万円を先に積立してしまい、残りを貯蓄や消費に使うという方法です。

このような方法を取ることで節制を強制的に行うことが出来るので、資産形成出来るスピードが断然上がります。私の場合は、強制貯蓄をして、日々少ない手取りの中で生活するようにしています。

IdeCoの23000円、積立NISAの積立金33000円はこうすれば簡単に捻出することが出来ます。どうしても出来ない方はボーナスをIdeCo、積立NISAに回すようにしましょう。

また、副業と言えば、アフィリエイトですが手取り早いのはクレジットカードの申し込みや不動産投資のキャンペーン参加による報奨金を受け取る方法です。例えば、GAテクノロージズのキャンペーンではアマゾンギフト券を30000円分ゲットしました。

今では価格が落ちて5000円になっていますが、早いうちが勝負なのでギフト券が貰えるうちにやっておきましょう。

80000円も貰える!?GAテクノロジーの不動産投資面談に行ってきた感想・評判

投資の始め方が分からない、そんなあなたに

ここまでで老後資金を2000万円貯める方法についてお伝えしました。

「専門的過ぎて内容が分からない」と思った方はファイナンシャルアカデミーが主催するセミナーに行くのが良いと思います。ファイナンシャルアカデミーでは下記を無料で学ぶことが出来ます。

  • 不動産投資
  • 株式投資
  • FX
  • 将来のマネープランも含めた節約術

参加は無料なので、一度参加してみると概要がつかめます。僕もファイナンシャルアカデミーのセミナーに参加しました。

ファイナンシャルアカデミーは普通のセミナーですし、金融関係の会社とは関係なく、独立した法人なので、その場で金融商品を押し売りされるなんて事もありません。お金に不安がある方にとって、一度でも行ってみるといいセミナーの概要になっています。

一回でも行ってみると、色々お得な情報が聞けるので、足を運ぶ事をオススメします。

↓申し込みはコチラから!!↓ 

受講生の約9割がプラスの運用実績

まとめ

ここまでで相場の心理学と僕自身の意見についてお伝えしました。相場上昇時、暴落時に人間がどういった行動を取るのか?ということを理論的に理解しておけば、暴落時に買い向かう勇気が多少は出るのでは?と思い紹介しました。

また、人間は損切りが心理学的に見ても苦手なものだということが分かって入れば、含み損を抱えるリスクを極端に減らすことが出来ますし、逆指値設定を入れてリスク管理をすることも出来ます。

人間は感情の生き物なので、感情が及ぼす勉強も株式投資をする上で大事ですね。今後は関係ないと思われる分野でも勉強していきます。

トップへ戻る