タイ旅行 おすすめ観光スポット

皆さんおはようございます。ゆうたです。

今日は月一の有休なので、ブログ更新です。

今日は1年前のGWに3泊4日でタイ旅行に行ったので、当時の事を振り返りながらブログを

書きます。普通の一人旅だと面白くないので、初の現地でのSIMカード利用、
ゲストハウスで宿泊をしてみました。

今回の渡航手段はタイ国際航空を使い、関空から6時間程でタイまで行きました。

宿+航空券はDenaトラベルで手配しました。

予算は3泊4日でホテル代+遊び代で10万円程でした。

そこそこ安くいけました!

1日目

特に問題なく関空からタイまで7時間程の渡航です。

タイに着いたら、19時半頃でした。

EZ STAY Bangkokというゲストハウスに泊まる事にしました。

初めてのゲストハウスなのでドキドキしましたが、ゲストハウスの大家さんも親切で過ごし

やすかったです。

僕の他にも日本人の方が大勢いました!!

http://ezstaybangkok.com/

EZ STAY Bangkokの詳細

EZ STAY Bangkokは、ドミトリー中心のバンコクの日本人宿です。

安さを追求する宿ではなく、そこそこ安くて、でも、居心地がいい、

一日中そこでくつろげちゃう、そんな宿です。

コンドミニアムの部屋をシェアするタイプのゲストハウスで、

バンコクのリゾートマンションに住んでいる気分が味わえる、

「バンコクの家」として利用してもらえたらなあ、と思っています。

いわゆるバックパッカーだけでなく、スーツケースで個人旅行を楽しむ方

(エレベーター完備)や一人旅は好きだけど旅行者同士で話しがしたい!

と思っている人が集まってきてくれたらうれしいです!との事。

世界一周したオーナーさんは不在でしたが、代わりの方も親切な方で楽しく滞在出来ました。

ゲストハウスで部屋が一緒の方といきなり屋台で晩御飯を食べる事に。

地元のタイ料理を満喫しました。

65歳のバックパッカー男性と、20代社会人と僕という不思議な組み合わせでした。

バックパッカーの方がおしゃべりな方で、全体の8割程喋っていましたね。

こうして初対面同士が異国の地で会うと、話すネタには尽きないものなんですね。

意外と一人旅でゲストハウス泊まるのも悪くないなと思いました。

2日目

タイのアユタヤ遺跡までバンコクからバスで行きました。

ファランポーン駅から鉄道も出ていますよ!鉄道は本数が少ないんで、事前に時刻表で時刻を

調べておきましょう。

アユタヤ遺跡とは?

アユタヤは、バンコクから車で約2時間、およそ80km北に位置する古都。

アユタヤ王朝の都として、1350年から約400年間栄えました。

大河チャオプラヤー川と2つの支流が合流する地勢を活かして水運交易で発展し、

日本人町も誕生するなど、日本にも深いつながりがありましたが、その後隣国ビルマからの度重なる交戦で衰退しました。

現在は、当時の遺跡が歴史公園として保存され、世界遺産にも登録されています。

歴史を勉強したところで、観光の話に移ります。

アユタヤ遺跡群に行くには歩きでは距離があるので、付近で自転車を借りました。

自転車屋の女性はすごく良い方でした。

タイは象が有名って事はご存知の方が多いと思いますが、実際に象乗りのツアーに参加出来ます。

僕は暑すぎて断念しましたが象乗りはオススメです。

あまりにも暑かったんで、自転車を降りてパフェを食べて休憩しました。

日本のパフェよりも安くて美味しかったです。

暑い中自転車をこいで、アユタヤの遺跡群を観光しました。

(トゥクトゥクでも遺跡群の観光はいいとは思いますが、料金交渉上手く出来る自信がなかったので、自転車使って一人で周る選択をしましたw)

タイに来たら、是非アユタヤ遺跡群の観光をする事をオススメいたします。

3日目

3日目は早起きして、ゲストハウスでオススメされた近くの屋台に朝ご飯を食べに

行きました。

肉とビーフンの炒め物(地元名物料理?)を頂きました。

美味しく朝ご飯を頂きました。

薄味で日本人の口に合いますよ。日本に来てこの店やれば流行ると思います。

店主の方も日本語で喋りかけてくれたりして優しかったです。

朝ご飯を食べた後はホテルからタクシーを使って王宮観光へ。

無事近くについたので、王宮観光の始まりです。

王宮観光の主要スポットは以下の3つです。

ワット・プラケオ、ワットポー、ワットアルンです。

王宮エリアの地図

朝ご飯食べた後は、タイの観光名所のワットポー、ワットプラケオ、ワットアルンを

観に行きました。

地図で観るとこんな感じの距離感です。

タクシー降り場から一番近いのがワット・プラケオですね。

今回は、ワット・プラケオ → ワット・ポー → ワット・アルンという順番で回りました。

ちなみに、この近辺にはトゥクトゥクなどが多数いて、観光客からだまし取ろうとする悪い人がけっこういます。

いわゆるトゥクトゥク詐欺というやつです。

「今日は王宮休みだから別のところ案内するよ!」など巧みな話術で誘ってきますが、

全て無視しましょう。

ワットアルン観光中にココナッツジュースを売っている店を発見したので、

中に入って味わいました。

生暖かくてあまり美味しくなかったです。笑

ワットプラケオ

まずはワット・プラケオに行きました。

正式名称はワット・シーラッタナーサーサダーラームといいます。

ここはタイの王族の守護寺であり、王室専用の仏教儀式の場らしいです。

混雑していますが、無事中に入れました。

入場料は500バーツ(1800円)

タイの観光地で一番高いですね!!

日本で有名な清水寺でさえ、拝観料は400円なのにw

一番有名ともいえるタイの観光地なので払いましたw

ワット・プラケオ内

カンボジアの世界遺産であるアンコールワットの模型。

このワット・プラケオを建造した時代の王であるラマ4世がアンコールワットを訪れた時に

感動して模型を造らせたとかなんとか。

アンコールワットの模型

ワットポー

ワットプラケオから10分ほど歩いて無事到着。

入り口でチケットを購入します。

値段は100バーツ(370円)でした!!

ワット・プラケオに比べて良心的な価格設定になっています。

※なお、ワットポー内部にはトイレがありますが、紙がないのでご注意下さい。

下図がチケット売り場です。

ワット・ポーのチケット売り場

チケットを購入し、ワットポー内部に入りました!!

足元から全体像を撮影しました。大きさにして46mもあるとのこと。

寝釈迦仏の全体

ワットアルン

ワット・ポーからワット・アルンへはチャオプラヤー川を超えて対岸への移動になります。

そのため、渡し船を利用します。

渡し舟の利用料は11バーツでした。

ワット・アルンに入場。

正式名称は『ワット・アルンラーチャワラーラーム』というらしい。

ワット・アルンは暁の寺なんて呼ばれていたりします。

もともとはエメラルド仏が祀られていました。今は先程訪れたワット・プラケオにあります。

僕が訪れた際には工事中でした。残念。

ワット・アルンは広場を含めると広いですが、施設内だけならそこまで広くないので、

20分ぐらいで見終えることができますよ。

ぜひ次回来ることがあったら、工事が終わったタイミングであってほしいです。

夕暮れ時にワット・アルン観賞したいですねー。

ちなみにこのワット・アルン。

暁の寺といわれるだけあって、夕暮れ時に来ることをオススメします。

【引用】Flickr

 まとめ

当ブログで紹介したアユタヤ遺跡群、王宮等の歴史的建造物、

バックパッカーの聖地 カオサン通り等の見どころが多いタイ。

人も優しく、旅行先にはうってつけですよ。

さあ、あなたも地球の歩き方を買って、タイに出かけましょう!!

トップへ戻る