【株式投資】株式投資を始める際に四季報を活用する方法

皆さんおはようございます。ゆうたです。

僕は四季報を見るのも大好きなので、家で暇な時間があれば四季報を眺めています。気になった株があれば四季報を参照しています。

四季報は総ページ数が2000ページもあって全てに目を通すのは困難です。なのでいくつか基準を設けた上で企業のスクリーニングをする必要があります。

兼業投資家である僕が四季報の活用法についてお伝えします。

会社の選び方

四季報を見る目的は投資対象に値する会社を選ぶという事だと思います。

僕の会社の選び方の基準は以下3点です。

  • 営業利益が3年連続で伸びている

  • 株価が上がりすぎていない(株価が10000円台だと100株買うと100万円台なので買えない)、また割高な株を避けるという意味合いもあります。

  • PERが15倍以下かをチェックする

    →割安株を購入する為

営業利益率ランキングを見る

営業利益率とは本業での儲けを示す数字なので、この営業利益率が伸びている程、本業のビジネスモデルが強い会社だと言えます。

営業利益率を参考にするには、四季報のP8-9の営業利益率ランキングです。

この営業利益率ランキングから、今後伸びる株を見つけるのが効率が良いです。

右肩上がりの株式は投資家からの期待値も高くなり、値が上がっていく傾向にあります。

PERが15倍より低いが、営業利益率の伸びが良い会社は割安株の可能性が高いので、思い切って買ってみるのも良いです。

100株単位で購入時に指値注文をし、損切りラインはコントロールしておきましょうね。

四季報の中から選んだ会社

僕が四季報を読みながら選んだ会社が「サニーサイドアップ」社です。

企業やwebサービスのPR会社です。社是は「たのしいさわぎを起こす」というユニークな会社です。会社のHPを見て、面白そうやな、こんな会社で働いてみたいなーと思いました。

以下がサニーサイドアップ社のホームページです。

http://www.ssu.co.jp/

株価も堅調に上がっており、営業利益、売り上げも右肩上がり。

マネックス証券の株価データより引用。


まとめ

僕の四季報の読み方、企業のスクリーニングの仕方を解説いたしました。参考になる点があれば是非皆さんの投資生活にも取り入れて下さい。

四季報を読めるようになると、株式投資がさらに楽しくなりますよー。

それでは!!ここまで記事を読んで頂きありがとうございました。

アメリカ株を始めるならSBI証券一択

アメリカ株を始めるなら使いやすさ、手数料ともにSBI証券が抜群です。SBI証券はアメリカ株だけでなく、僕が最近注目しているベトナム株にも投資出来ます。

関連記事

お買い上げはコチラから!

僕は秋号を買って、時間があれば四季報を見ています。気になる銘柄があればその都度四季報を参照しています。

トップへ戻る