【必見】ストレングスファインダーを使って才能診断しました!!

皆さんおはようございます。ゆうたです。

今日はストレングスファインダーを使って、自身の資質診断をしたので当ブログで概要を報告します。
ストレングスファインダーとは、自身の強み、弱みを知り、今後の行動の指針とする為のツールです。

何故自身の資質を知っておくと良いのか

自身の強みを知って、強みを活かせる仕事を選ぶ必要があります。
自身の強みを活かしていない人は、強みを活かしている人に比べて、仕事へ抱く意欲、生産性が1/6に留まります。
もしかしたら以下のような問題を抱えるかもしれません。

・仕事に行くのが嫌になっている
・同僚と消極的に関わり、仕事で成果を出せない
・日々の営業ノルマの達成率は低調

ゆうた

自身の強みを把握して、強みを活かせる職場で働けば、充実した社会人生活を送る事が出来ると言えます。

ストレングスファインダーで計測可能な上位5つの性格・資質

ストレングスファインダーでは34の資質から自身の性格、強みを5つに絞って見つける事ができます。
ストレングスファインダーのテストを受けるには、本の裏面のアクセスコードを使用する必要があります。

ゆうた

5つの強み、強みを活かしたキャリア形成を以下に挙げます。

「学習欲」
[資質の抜粋] 学ぶ事が大好きで、学ぶプロセスがあなたにとって刺激的なのです。
短期プロジェクトへの取り組みを依頼されて、短期間で新しいことを学ぶことが求められ、そしてすぐに新しいプロジェクトに取り組んでいく必要のあるような職場が向いている。

学習意欲を活かしたキャリア形成
 ・何らかの技術力が必要とされる職務を探す
 ・技術や規則が常に変化するキャリアを選ぶ
 ・詳細がよく分からない状態でしり込みしないのでコンサル業務に向いている。

ゆうた

コンサル業務はまるで興味が無かったんですが、技術コンサルのような仕事は良いのかもしれません。

「競争性」
[資質の抜粋] 競争性の原点は比較する事にあります。あなたは直感的に他人の業績に気づきます。
あなたは数値で測る事を好みます。それは比較を可能にするからです。

学習意欲を活かしたキャリア形成
 ・自分の成果を測る事が出来る環境を選ぶ。競争なしでは自分の可能性を見いだせない可能性あり。

ゆうた

当たってますねー。競争大好きですもん笑。無意識に人と比較しているのかもしれない。

「自我」
[抜粋] あなた独自の強みで人に知られ、評価されたいと思っています。
好奇心旺盛なあなたは仕事を単なる業務でなく、自分の生き方そのものにしたいと思っています。
この自我という性質は平凡から優秀に向上させる役割を持ちます。

学習意欲を活かしたキャリア形成
 ・課題や行動を自分で決められる仕事を選ぶと良い。

ゆうた

仕事を生き方そのものにしたいって点が当たってます。正直仕事が楽しければ、何でもいい。

「未来志向」
[資質の抜粋] 未来に何が出来るかというビジョンが見え、それを心に抱き続ける夢想家です。

学習意欲を活かしたキャリア形成
 ・未来に関するアイデアが活かせる職種を選ぶとよい。起業やプロジェクトの立ち上げなどで卓越した手腕を発揮出来る可能性あり

ゆうた

確かに、海外駐在必ず行きます!と先輩や上司に言うと、その年で明確な夢があっていいねと目を丸くされます。

「目標志向」
[資質の抜粋] 私はどこに向かっているのか。この質問を毎日繰り返しています。
明確な行先が見えない場合、あなたの生活や仕事は腹立たしい物になります。

学習意欲を活かしたキャリア形成
 ・役割が明確で主導権を握れる仕事に集中出来る時、最高の力を発揮出来る
 ・一人で独立してその役目を果たす職種を選ぶ
 ・自分の強い願望を書きとめ、頻繁に見返す事で人生を掌握していると思える

ゆうた

周りからは無駄を省いて効率良く生きてるって言われますし、目標に合わない事はやりたくないんですよね。

まとめ

ストレングスファインダーを使ってみて、診断結果は5つとも当たっていました。
思った事は自分が人から見て指摘された事や、自分が思っていた事を見事に言語化してくれます。
社会人だけでなく、就活生にも非常に役立つ本です。

ゆうた

一度ストレングスファインダーを使ってみると、新たな自分の可能性に気付けるのでお試しあれ。

ご購入はこちらから!!

ゆうた

webページに飛び、192の質問に答えると5つの資質を明らかにしてくれます。
ストレングスファインダーを受けるにはコチラから
右上にアクセスコードを入れる欄があるので、そこにアクセスコードを入れ、診断をスタートしましょう。
192の質問と言うと多過ぎと感じるかもしれませんが、1問10秒程で回答出来るので、僕は30分程で終わりましたよ(^^)








トップへ戻る