オンライン英会話で効果が出るまでの期間

皆さんこんにちは。

今日はオンライン英会話のNativeCampを試したので、当ブログにてNativeCampについて説明します。

また、NativeCampを使って、効果が出るまでの期間を説明します。

↓予約はコチラからどうぞ!!↓

 今なら7日間レッスン無料です!!

NativeCampとは?他のオンライン英会話と違う点は?

・カランメソッドを採用

カランメソッドとは、ベルリッツで働いていたロビン・カランがより良いメソッドを
夢見て確立したもので、母国語での助けを借りずに英語のみを用いて英語を学んでいくメソッドの一つとされています。

 日本人の苦手なスピーキング力を鍛えたい方には打ってつけのメソッドと言われており、
このメソッドを採用しています。

ゆうた

カランメソッドを使用しての受講は別途教材費(1レッスン1600円)がかかります。
カランメソッドを使用して受講した方はこちらのブログに感想お願いします!!笑

・値段は月5500円(2/1から値上げでしました)で、

 空いてる講師のレッスンを受け放題。

予約までに空いている講師を見つけてすぐに受講出来るので、

時間の効率がとても良いです。

なお、時間はAM~PMまで何時でも受講可能です。

青○は、すぐに受講可能である事を示しています。

すぐに受講したい方は、青○が付いた教師を選んで受講しましょう。

なお、予約も出来ますが、専用のコイン(100コイン)が必要になります。

講師の質は?

講師は20代前半のフィリピン人講師が多く、授業の質も良く楽しんで、英会話を勉強出来ます。

講師は生徒に喋らせる事を徹底しており、どの講師でもこちらの言う事を遮らず、しっかりと聞いてくれるので、その点は+です。

他のオンライン英会話に比べると徹底していると感じました。

発音もフィリピン人講師は聞き取り易いです。

フィリピン人講師の発音が聞き取りにくいならば、リスニング能力が不足しているので、

こちらの記事を参考にリスニング力をあげましょう。

皆さんおはようございます。 今日は海外ドラマで英語学習するのにオススメの作品を紹介します。 私自身の経験談で行くと、海外ドラマを用いた学習法でTOEICを600→770点まで上げる事が出来ました。 私の経験上、英語の学習法で断然オススメするのが海外ドラマを観て勉強する事です。 何故ならば英語の上達の要である「継続」が一番楽だからです。


ゆうた

英会話教室やサークルに行くよりかは、断然英会話の機会・質ともに良く、
集中出来るので力は付きます。

中にはセルビア人講師やイギリス人講師も登録しています。

セルビア人講師は発音の指摘をしてくれるので、より勉強になります。

発音は問題ないと思っていたのですが、ネイティブが聞くと分からないと言われる事もありました。

予約制度は?

先に挙げたように、講師の欄に青○が付いていたら、予約が可能です。

時間帯によってはすぐに受講出来ない事もあります。

私が使用する時間帯(18時~)は2~3名の講師がスタンバイ待ちの状態なので、待ち時間はなく受講する事が出来ました。

なお、1レッスンの時間は25分ですが、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

教材は?

教材はオンライン上の無料教材を使って授業が進みます。

無料教材には、

  • カランメソッド
  • フリートーク
  • ニュースについてのフリートーク
  • 英検、TOEIC対策

等の様々な教材があり、英会話学習者には困らないようになっています。

私は異文化コミュニケーションという教材を選んで受講しています。

フィリピンの祭りや日本の文化(バレンタインデー、ホワイトデー、花見、卒業式)

について、改めて理解が深まります。

実はバレンタインデーで「女性からチョコを渡す」のは日本独自の文化だそうです。

他の国は男性からチョコを渡すそうです。面白い。

花見の文化はヨーロッパにはないが、さくらんぼやリンゴの木を家の周りに植えて、

スイーツにして食べるという文化はあるそうです。

英会話を勉強出来て、なおかつ他の国の文化も知ることが出来るので面白いです。

なお、教材は事前に予習しておいた方が授業の理解は進みます。

また、英語の表現等で分からない事があれば教師にガンガン質問しましょう。

親身になって聞いてくれます。

まとめ

ここまででオンライン英会話 NativeCampの良さを存分に語らせてもらいました!!

日常生活をしていても、なかなか英会話をする機会はありません。

ゆうた

このブログを読んだ機会にNativeCampを使って英会話の能力向上を目指しましょう。

↓予約はコチラからどうぞ!!↓

今なら7日間レッスン無料です!!

それでは!ここまで読んで頂きありがとうございました。

トップへ戻る