【悲報】ディズニー休業でなんと95%減収!営業赤字は最大248億円とのこと

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは30日、2020年4~6月期の連結最終損益が248億円の赤字になったと発表しました。東日本大震災があった11年1~3月期の103億円を上回り過去最大の赤字でした。さて、ここからオリエンタルランドの株価はどうなるのか?詳細をお伝えします。

ディズニーの今後

ディズニーの株価

ディズニーの株価は以下です。2年チャートで見ています。本日の決算が悪かったのを受けて、12880円まで株価は下がっています。

詳細ニュース

こちらが日経新聞から抜粋した記事内容です。

売上高は95%減の61億円、営業損益は156億円の赤字(前年同期は319億円の黒字)だった。売上高の大半を占めるTDRとホテルが期間中休業し、固定費がほぼ損失となった。そのうち一部の人件費や減価償却費など211億円は特別損失として計上した。

21年3月期の業績予想は引き続き未定とした。7月1日から再開したTDRは当初、入園者数は1日1万6000人程度と、通常時の平均(8万5000人程度)の2割弱としていた。段階的に増やし、現在は3万~4万人程度のもようだ。

  • 見てわかる通り、売上高が61億円しかありません。テーマパーク事業の売上が51億円と前年の1000億円から95%ダウン。厳しい数字です。

オリエンタルランド株の業績

オリエンタルランドの財務について、私が投資する時の視点を用いて紹介します。

キャッシュフロー推移が右肩上がりであるか?

キャッシュフロー推移で営業C/F、及び現金同等物が右肩上がりであるかはチェックする大事なポイントです。

  • キャッシュフロー推移は綺麗に右肩上がり、現金をしっかり増やしています。現金の量が突出しています。懸念点はコロナショック直後の3月期決算では営業C/Fが半減している事です。

   

売上高、営業利益共に右肩上がりで利益率は20%以上かどうか?

オリエンタルランドの売上高、営業利益率を見てみました。ROEは7.6%、ROAは8.0%です。自己資本比率は81%と高水準です。

  • 営業利益、売上高共には綺麗に右肩上がりで業績は堅調に推移しています。

  • 売上高営業利益率は20.8%と高水準です

有利子負債0の銘柄であるか?

有利子負債0の銘柄を私は着目しています。何故なら有利子負債0の銘柄は右肩上がりで上昇している銘柄が多く、財務面でも好調なので業績期待が出来るからです。

有利子負債が0ということはコスト管理がしっかりしている企業とも言えます。コスト管理がしっかりしている企業は「競争優位性がある」とウォーレンバフェット氏も言っています。

オリエンタルランドの財務指標はこちらです。有利子負債は870億です。ただ、自己資本比率が81.2%と高いですし、問題ないでしょう。また、総資産の70%を占める利益剰余金があり、少なくとも倒産する心配はありません。

今後について

こちらはオリエンタルランドの決算資料から抜粋しました。7月中旬時点での業績状況は入園者数は減少しているが、顧客単価は上がっています。コロナ禍の不景気でも単価を上げることが出来るのはディズニーのブランド力があるからでしょう。

ディズニー人気は根強くあり、コロナ禍を抜ければ売上と営業利益は戻るでしょう。

中長期的な成長に対してはチケットの販売戦略の検討、新規アトラクションの導入を進めています。あと、子会社のオリエンタルランドイノベーションズを設立するようです。

まとめ

コロナで想像以上に厳しい数字が並んだ決算でした。パークの入場者数が回復しない限りは次回の決算も厳しい数字になるでしょう。

赤字が続いたとしても、潤沢な利益剰余金があるため、倒産することはありません。それ故に、逆張りという手もありますが、今は手を出したくない株ですね。

トップへ戻る