【必見】コロナウイルス禍でのガーミンの第2四半期決算について

ガーミン GARMIN フォアアスリート ForeAthlete 45S 軽量 ランニング ...

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金はどんどん上がっています。

会社員でも株式投資をして資産運用をすることが大事になりますが、私は特にアメリカ株に重点をおいて運用しています。ランナーの方にはお馴染みのガーミン株について紹介します。

GRMN株について

会社概要

ガーミンはグローバル・ポジショニング・システム(GPS)機能搭載の携帯・固定型ナビゲーション装置と通信装置を設計、開発、製造、販売を行っています。

カーナビゲションシステムとモバイルGPS市場向けアプリケーションに加え、船舶用ネットワーク製品、多機能ディスプレイ、航空機用GPSユニット内蔵ナビゲーションシステム、着陸装置、飛行計測システムを提供しています。

さらに、GPSユニットを利用したランニング用時計や水泳用、登山用の計測時計も販売しています。セグメント毎の売上、営業利益は以下です。FITNESS、OUTDOOR向けで約5割の収益を出しています。

更に、キャッシュレス化に向けた取り組みも行なっています。「GarminPay」という専用のサービスを導入しています。こうした取り組みにも投資をしている点にも好印象ですね。さらに、このGarmin Payにはsuicaが導入されます。

私も長年ランニングをしていますが、これまではランニングで遠征する時に、小銭入れやスマホを必ず持って行っていましたが、邪魔でした。こうして時計と一体化してくれると更に使いやすくなります。

株価チャートはこちらです。現在は98.7ドルです。

決算内容

2020年第2Qの決算内容です。ざっくり概要を以下にまとめました。

https://www8.garmin.com/aboutGarmin/invRelations/releases/2020_Q2_Press_Release.pdf

Total revenue of $870 million, a 9% year-over-year decrease, as strength in fitness and marine partially offset declines in outdoor, aviation, and automotive

8億7000万ドルの売上高で、前年比9%の減少。フィットネス分野は好調だが、船舶向けの売上が少し減少、航空、自動車向けが減少していた。

• Gross margin and operating margin were 59.3% and 21.7%, respectively

粗利益率は59.3%、営業利益率は21.7%であった

• GAAP EPS was $0.96 and pro forma EPS(1) was $0.91 

EPSは0.96ドル/shareで、調整後のEPSは0.91ドル/shareであった

• Recently announced the acquisition of Firstbeat Analytics, a leading provider of physiological analytics technology for health, fitness and athletic performance

Firstbeat Analyticsの買収をアナウンスした、Firstbeat Analyticsは身体計測とアスリートのパフォーマンスを計測する、先進的な会社である

• Introduced solar charging technology into our Instinct® product line dramatically increasing its battery life, and added solar charging technology to additional fēnix® 6 models

太陽光充電技術をInstinct プロダクトのラインナップに取り入れ、バッテリー寿命の向上、fenix 6モデルにも取り入れた

• Garmin Autoland achieved Federal Aviation Administration (FAA) certification for general aviation aircraft in the Piper M600, marking the beginning of a new era in general aviation safety technology

ガーミンの航空機向け自動操縦システムの認証 一般航空機 Piper M600の中の、が新しい時代の航空機の安全技術に取り上げられた

• Expanded our exclusive relationship with Regulator Marine, adding Fusion® Entertainment as standard equipment

船舶規則との結びつきを強め、Fusion Entertainmentを標準装備に取り入れた

• Launched new series of oversized dēzl™ truck navigators

新しい種類のdezl truckナビゲーターをリリース

こちらが前年同月比と比較した数値です。売上高はFitness向けが17%ほど上昇、船舶向けが4%上昇、アウトドア向けが2%減少、航空向けが31%減少、自動車向けが46%減少しています。

粗利益率が60.3%→59.3%への減少。営業利益率は26.8%から21.7%、調整前EPSは1.17ドル/shareから0.96ドル/shareです。

ガーミンの取り組み:2020年まとめ

下記は2020年全体の決算についてです。特に重要な点だけを抜粋しています。

  • Garmin delivered strong second quarter financial results in a period filled with unprecedented challenges,” said Cliff Pemble, president and chief executive officer of Garmin Ltd. “Business conditions rapidly improved from April lows driven by popular fitness, marine, and outdoor products. We believe these results affirm the resilient nature of our business and the strong utility of our products.”

ガーミンCEOによると、第二四半期の財務結果は予想もしない変化に晒されたとの事。ビジネス状況は急速に4月の減速から回復しており、それは船舶向け、アウトドア向けの製品からだ。ビジネスは急回復していると断言出来、製品に強い需要があるという事だ。

  • Accordingly, we are withdrawing our fiscal 2020 guidance. However, we are optimistic for the long term because the markets we serve and the products we offer are well positioned to thrive in the future.

したがって、2020年の年計ガイダンスを延期している。しかしながら長期目線では楽観的であり、未来も生き残るであろう。

  • Revenue from the fitness segment grew 17% in the second quarter driven by strong demand for our advanced wearables and cycling products. Gross margin and operating margin were 53% and 24%, respectively.

fitness分野では17%の売上増加で、ウェアラブル向けやサイクリング向け製品の強い需要によるものである。粗利益率は53%、営業利益率は24%である。

  • We launched new Edge® cycling products that add performance insights, safety and tracking features to monitor health stats and provide training guidance to our cycling customers. We recently acquired Firstbeat Analytics, establishing Garmin as a global leader in physiological analytics. We continue to see opportunities for innovative and compelling new products within the fitness segment.

サイクリング向けで新しい製品をリリースした。安全や走行記録を記録出来るように追加した。そして、トレーニングのガイダンスを顧客に提供する。Firstbeat Analyticsの買収を行った。革新的なプロダクトをフィットネス分野で提供していく

  • Marine:Revenue from the marine segment grew 4% in the second quarter across multiple categories led by chartplotters and Panoptix™ sonar technology. Gross margin and operating margin were 59% and 28%, respectively.

マリンセグメントはチャートプロッターや進化型ソナーで4%成長している。粗利益率は59%、営業利益率は28%である。

  • Regulator Marine expanded its exclusive relationship with Garmin, selecting the Fusion Apollo series stereos as standard equipment on its offshore sportfishing center console boats. Also, we launched quatix® solar, our first marine smartwatch featuring solar charging technology. We remain focused on providing leading edge, high quality products and systems with the latest technology that our customers demand.

船舶分野は包括的な提携をガーミンと行っている。Fusion Apollo stereosを標準装備として採用。スポーツフィッシングセンターのボートで。また、quatixソナーをリリースし、初めて、太陽光充電機能付きのスマートウォッチをリリースした。

  • Outdoor:Revenue from the outdoor segment decreased 2% in the second quarter as declines in handhelds were mostly offset by strong demand of adventure watches. Gross margin and operating margin were 65% and 33%, respectively.

アウトドアセグメントは2%の減収となった。アドベンチャーウォッチにより、減少幅を縮める事が出来た。粗利益率は65%、営業利益率は33%

  • Aviation:Revenue from the aviation segment declined 31% in the second quarter, as the pandemic negatively impacted OEM and aftermarket product categories, and the ADS-B market rapidly matured. Gross margin and operating margin were 73% and 12%, respectively. During the quarter, we received FAA certification for the Garmin Autoland system in the Piper M600, marking the beginning of a new era for general aviation safety technology. We continue to invest in additional certifications and new products that will make general aviation safer and more accessible.

航空機分野に関しては、前年度よりも31%減収。コロナウイルスは航空機OEMやアフターマーケット向け製品に悪影響を与えた。粗利益率は73%、営業利益率は12%でそれぞれ3%の成長率を誇る。

  • Auto:Revenue from the auto segment declined 46% during the second quarter, as the pandemic significantly impacted driving activity and production of new vehicles. Gross margin was 47%, and we experienced an operating loss of $10 million in the quarter.

自動車向けは46%の減収であった。コロナは運転や自動車生産に悪影響を与えた。粗利益率は47%、営業利益率は-100万ドルとなった。

気になる記述

2020年度のトータル収益は2%の上昇で3億2700万ドル。営業費用が10%増加、R&D費用は11%増加、SGA比は3%増加でエンジニアの人件費によるものです。広告費は29%の減少。

そしてフリーC/Fは1億4200万ドルでそのうちの1億900万ドルを配当金として支払っています。ここから言えることはコロナ禍であってもフリーC/Fはプラスにしており、なおかつ配当金も支払う余裕があるということです。

270万ドルはキャッシュとして取っているようです。

Additional Financial Information: Total operating expenses in the second quarter were $327 million, a 2% increase over the prior year. Research and development increased 11%, primarily due to engineering personnel costs. Selling, general and administrative expenses increased 3%, driven primarily by personnel related expenses. Advertising decreased 29%, driven by lower media spend in the quarter.

The effective tax rate in the second quarter of 2020 was 6.8%. Excluding the impact of a $14 million income tax benefit due to the release of uncertain tax position reserves associated with the 2014 intercompany restructuring, our pro forma effective tax rate in the second quarter 2020 was 14.0% compared to 18.9% in the prior year quarter. The decrease in the pro forma effective tax rate is primarily due to the intellectual property migration transaction. In the second quarter of 2020, we generated approximately $142 million of free cash flow(1), and paid a quarterly dividend of approximately $109 million. We ended the quarter with cash and marketable securities of approximately $2.7 billion.

フリーC/Fについて

フリーC/Fについての記述です。経営層もフリーC/Fについては重要視しているとのことです。こういった事をSEC fillingsに明記しているのは珍しいのではないでしょうか。

その言葉を体現する通り、2019年に比べて2020年はフリーC/Fは増加しています。

Management believes that free cash flow is an important financial measure because it represents the amount of cash provided by operations that is available for investing and defines it as operating cash flows less capital expenditures for property and equipment.

Management believes that excluding purchases of property and equipment provides a better understanding of the underlying trends in the Company’s operating performance and allows more accurate comparisons of the Company’s operating results to historical performance.

This metric may also be useful to investors, but should not be considered in isolation as it is not a measure of cash flow available for discretionary expenditures. The most comparable GAAP measure is net cash provided by operating activities.

まとめ

GRMN株についてお伝えしました。私はガーミンのユーザーとして会社を応援しています。今回の決算についてはコロナの影響もあり、航空機向け、自動車向けで減収となり、売上高、営業利益、EPS共に減少しました。

そんな中でもガーミンは営業利益が20%を維持し、なおかつフリーC/Fから利益剰余金を積み立てており、無借金経営を維持出来ています。堅実な経営ぶりなので、コロナ禍が収まり次第、売上は戻って行きますね。

トップへ戻る