【必見】コカコーラの第2四半期決算の概要、今後の方向性について

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金はどんどん上がっていますよね。

会社員でも株式投資をして資産運用をすることが大事になりますが、私はアメリカ株に重点をおいて運用しています。米国株の中でも今回はコカコーラ株が第2四半期の決算を出したので、内容と今後の動向について紹介します。

コカコーラ株について

米国株投資の中でもバフェット銘柄の一部であるコカコーラについて、お伝えします。

会社概要

コカコーラは皆さんが知っての通り、炭酸飲料のコカ・コーラを生産しているメーカーです。銘柄名はKOでバフェット銘柄としてもかなり有名な銘柄です。

コカコーラの株価

コカコーラ社の現在のチャートは以下で、株価は47.2ドルです(2020/7/22時点)。2018年度に一度株価が44ドルまで下がる場面があり、その後コロナウイルスでの外出自粛で株価が軟調です。

第2四半期決算概要

こちらがコカコーラの第2四半期の決算概要です。Quarterly Performanceの決算報告から内容を抜粋しました。決算内容を一言でいうと、悪いです。どう悪いのかは以下にポイントだけ示しています。

• Revenues: Net revenues declined 28% to $7.2 billion. Organic revenues (non-GAAP) declined 26%. Revenue performance included a 22% decline in concentrate sales and a 4% decline in price/mix. The revenue declines were primarily driven by pressure in away-from-home channels, which represent approximately half of the company’s revenues.

ポイント:純利益28%減。コロナウイルスの外出自粛が影響しており、会社の約半分の収益に当たる

• Margin: Operating margin, which included items impacting comparability, was 27.7% versus 29.9% in the prior year, while comparable operating margin (non-GAAP) was 30.0% versus 30.3% in the prior year. Operating margin contraction was primarily driven by top-line pressure and currency headwinds, partially offset by effective cost management. 

ポイント:営業利益率は27.7%で前年29.9%から2.2%減。トップダウンでのコスト削減や為替の影響で営業利益率をコントロール出来た

• Earnings per share: EPS declined 32% to $0.41, and comparable EPS (non-GAAP) declined 33% to $0.42.

ポイント:EPSは0.41$/shareで前年から32%減。

• Market share: The company lost value share in total nonalcoholic ready-to-drink (NARTD) beverages as an underlying share gain was more than offset by negative channel mix due to pressure in away-from-home channels, where the company has a strong share position.

ポイント:EPSは0.41$/shareで前年から32%減。

• Cash flow: Year-to-date cash from operations was $2.8 billion, down 38%. Free cash flow (non-GAAP) was $2.3 billion, down 40%.

ポイント:営業C/Fは28億ドルで前年から38%減。フリーC/Fは23億ドルで前年から40%減。

コカコーラの今後のビジネス見通しについて

ポイントは以下の4点です。

  1. コカコーラのユニットケース出荷量は4月に25%減、6月に10%減、7月は一桁台の減少
  2. コロナウイルスでの外出自粛は業績に影響を与えている
  3. 会社のバランスシートは健全で、飲料メーカーの地位は揺らがない。
  4. 国や地域毎で投資を合理化し、地方の地域でもコカコーラの規律を維持する。

詳細はこちらからどうぞ。

Business Environment and Strategic Actions Update Since the company’s last earnings update in April, global unit case volume trends have improved sequentially, from a decline of approximately 25% in April to a decline of approximately 10% in June. Unit case volume for July month-todate was down mid single digits globally.

ポイント:コカコーラのユニットケース出荷量は4月に25%減、6月に10%減、7月は一桁台の減少

Performance has been driven by improving trends in away-from-home channels, along with sustained, elevated sales in at-home channels. The improvement in away-from-home trends during the quarter closely correlated with the easing of lockdowns, and the company expects this correlation to continue in the second half of 2020.

ポイント:コロナウイルスでの外出自粛は業績に影響を与えている

While the company believes the second quarter will be the most severely impacted quarter of the year, given the ongoing uncertainty surrounding the coronavirus pandemic and levels of lockdown, the ultimate impact on full year 2020 results is unknown.

ポイント:年間の四半期を通して、影響は甚大に出た。コロナウイルスでのロックダウンの可能性が有る限り、年間の計画は予想できない

The company’s balance sheet remains strong, and the company is confident in its liquidity position as it continues to navigate through the crisis. Despite the high degree of uncertainty, the company is committed to emerging stronger by gaining share and consumers, maintaining strong system economics, strengthening its reputation with stakeholders and positioning the organization to win in the new reality.

ポイント:会社のバランスシートは健全で、飲料メーカーの地位は揺らがない。

The company is accelerating its strategy to accomplish these goals. This includes focusing investments against a defined growth portfolio by prioritizing brands best positioned for consumer reach and share advantage.

ポイント:コカコーラの飲料ブランドを定義付けし、顧客や株価の優位性に貢献する

The company will also streamline the innovation pipeline against initiatives that are scalable regionally or globally as well as maintain a disciplined approach to local experimentation in order to further strengthen the company’s leader, challenger and explorer framework. The portfolio will be supported by a refreshed marketing approach, with a stepchange in marketing investment effectiveness and efficiency.

ポイント:国や地域毎で合理化し、地方の地域でもコカコーラの規律を維持する。ポートフォリオは効率的なマーケットアプローチによって促進される、マーケットの投資への効率化で

The company will also lead the Coca-Cola system in driving system-wide efficiencies to support these investments, and will invest in new capabilities to capitalize on emerging, lasting shifts in consumer behaviors.

ポイント:コカコーラシステムを広げていく、すなわち広く効率化された投資で

外国株を買うときの注意点は?

コカコーラのような米国株式を買う時の注意点をいかに示します。

外国株を買うときの注意点は、円ドル相場と、約定金額です。まず1点目の円ドル相場について説明します。円ドル相場というのは1ドルが日本円でいくらかを言う時に示す値段のことです。現在は1ドル=108円なので円高方向に推移しています。

つまり、日本円の価値が高くなっている状態(米中貿易摩擦の影響)なので、ドルに変えるとトクになります。こうした、為替相場の動きも見ながら、円高方向に触れたら、ドルに変え、円安方向に動いたら日本円に変えるとトクです。なので、米国株や他の株式を購入する場合は日本円の状態が今円安なのか、円高なのかは注視した方が良いのです。

証券口座開設の方法

ネット証券会社の種類はどれを選ぶのが良いか?でいうと、僕のオススメはマネックス証券、SBI証券、松井証券の3社です。楽天カードや、楽天モバイル、楽天トラベル等の楽天サービスを用いている方は楽天証券に口座開設しても良いですね。

メリット デメリット 紹介ホームページ
マネックス証券

圧倒的な情報量、操作抜群ツールを提供しているネット証券です!また、サポートも厚いので株初心者には特におすすめです!

僕はマネックス証券をメインで使っています。

口座開設は無料

ベトナム株やアジア圏の株が取引出来ない。
SBI証券

2018年のオリコンランキングで史上初の11回目となる総合1位を獲得した口座開設数No.1のネット証券最大手です!

1日の約定代金合計10万円以下の手数料が0円になりました!

口座開設は無料

なし。使いやすさ抜群。
松井証券

1日の株式約定代金合計10万円以下なら手数料無料で、IPOは申し込み金が不要となったのでまさに株初心者のためにあるような証券会社です!

口座開設は無料

 なし。使いやすさ抜群。  

上記のいずれかの口座を開設したら、証券口座にログインしましょう!

まとめ

  • コカコーラの飲料メーカーとしてのブランドは揺らがない。会社としてもそこは自信がある
  • 具体的なコロナへのアプローチは国、地域毎への投資の効率化やブランドの順位付け
  • コロナウイルスでの業績の計画は年間で見通せない
  • 2020年は良いニュースがない限り、株価は45〜50ドル近辺だろう
トップへ戻る