【必見】コロナでも株価絶好調!アルファシステムズについて

新型コロナウイルスで業績不振やボーナスカットを行う企業がほとんどですが、業績を伸ばしている企業もあります。コロナ禍でも決算が好調で今後業績の進展が期待出来るアルファシステムズについて調べてみました。この企業は投資価値があるのかどうか参考にしてください。

アルファシステムズ社について

株価について

こちらはアルファシステムズの株価です。株価は4150円です。コロナショック後に株価が2倍近くまで伸びています。

アルファシステムズの事業

アルファシステムズは独立系のシステム開発会社です。通信キャリア向けの基幹系通信システム、オープンシステム開発が中心です。

ノードシステム、モバイルネットワークシステム、ネットワークマネジメントシステム、オープンシステム、組込デバイスに関わるソフトウェアシステムの受託開発をしています。2000人超のエンジニアを抱え大規模システム開発の実績があり、オープンシステム部門が伸びています。

  • 通信システム事業

通信システム事業はモバイルネットワークが大幅に減少しています。コロナで在宅勤務や外出自粛でこの分野は伸びるかと思ったのですが、減少していますね。企業側が通信費を削減しているということでしょう。

  • オープンシステム事業

オープンシステム事業は官公庁向けやエネルギー関連が伸びています。金融も伸びていますね。

  • 売上高の推移

事業別で見ると、オープンシステムが前年比13.5%の上昇、プロダクト・サービスが48.6%の上昇で他の事業の減益分を補っています。

  • キャッシュフロー計算書

営業C/Fは前年比40.8%の増益、現金も14.9%の増益です。

 

アルファシステムズの財務について

アルファシステムズの財務について、私が投資する時の視点を用いて紹介します。

キャッシュフロー推移が右肩上がりであるか?

キャッシュフロー推移で営業C/F、及び現金同等物が右肩上がりであるかはチェックする大事なポイントです。

  • キャッシュフロー推移は営業C/Fが毎年プラスで、現金もしっかり増やしています。

 

売上高、営業利益共に右肩上がりで利益率は20%以上かどうか?

アルファシステムズの売上高、営業利益率を見てみました。ROEは6.7%、ROAは5.5%です。自己資本比率は81%と高水準です。

  • 営業利益、売上高共には綺麗に右肩上がりで業績は堅調に推移しています。

  • 売上高営業利益率は10%と20%は下回っています。

有利子負債0の銘柄であるか?

有利子負債0の銘柄を私は着目しています。何故なら有利子負債0の銘柄は右肩上がりで上昇している銘柄が多く、財務面でも好調なので業績期待が出来るからです。

有利子負債が0ということはコスト管理がしっかりしている企業とも言えます。コスト管理がしっかりしている企業は「競争優位性がある」とウォーレンバフェット氏も言っています。

アルファシステムズの財務指標はこちらです。有利子負債は0です。

四季報のコメントは?

官公庁向けの売上が好調、ネット通販の広がりを受けてEC関連の売上も好調です、自動運転や5Gなどの技術にも参入するとのことです。

【連続増益】オープン系システムが成長牽引。特に中核の公共は安定顧客の官公庁向けで受注堅調。ネット通販好調受けEC関連も活発。文教ソフト順調。前半は新型コロナ影響でも後半復調強まる。増益続く。
【新潮流】新型コロナきっかけにネット通販や遠隔学習、テレワークの機運高まりECや文教ソフト等積極強化。自動運転や5Gなど次世代システム開発は地道に開拓。

今後について

2021年3月期の決算予想は未定であり、開示が可能になった時点で公表するとのことです。

まとめ

  • 有利子負債0のキャッシュリッチ企業
  • オープン系システムは売上増加
  • 営業利益率は10%超え
トップへ戻る