【必見】コロナ下でも好調!新日本製薬株について

新型コロナウイルスで業績不振やボーナスカットを行う企業がほとんどですが、業績を伸ばしている企業もあります。コロナ禍でも決算が好調で今後業績の進展が期待出来る新日本製薬について調べてみました。この企業は投資価値があるのかどうか参考にしてください。

新日本製薬社について

株価について

新日本製薬の株価は2年チャートで見ると、上場直後は株価を下げましたが、そこからは上げています。

新日本製薬の事業

新日本製薬の事業は3つあり、化粧品、医薬品、健康食品事業です。コロナ禍でマスクをする人が多くなり、そうした方の多くは肌荒れに悩んでいるとの事です。特に新日本製薬は化粧品に力を入れており、コラーゲンたっぷりのオールインワン化粧品を提供しているとの事です。

医薬品は新型コロナ対応のワクチンなどは作っておらず、株価爆上げは期待出来ません。健康食品は毎朝スッキリ青汁!という青汁を提供しています。

新日本製薬の売上高、経常利益の推移

  • 財務は流動比率、自己資本比率共に上昇し、良くなっています。

  • 計画通り、営業利益は伸ばしています。

  • 売上高も計画通り、伸ばしています。

上記の資料は新日本製薬の第三四半期決算資料から抜粋しました。

https://www.atled.jp/wp-content/uploads/ir20200526_kessan-3.pdf

新日本製薬の財務について

新日本製薬の財務について、私が投資する時の視点を用いて紹介します。

キャッシュフロー推移が右肩上がりであるか?

キャッシュフロー推移で営業C/F、及び現金同等物が右肩上がりであるかはチェックする大事なポイントです。

  • キャッシュフロー推移は2020年9月に財務C/Fがプラスになり、現金を増やしている事から借り入れを行った事がわかります。

   

売上高、営業利益共に右肩上がりで利益率は20%以上かどうか?

新日本製薬の売上高、営業利益率を見てみました。ROEは21.5%、ROAは13%です。自己資本比率は68.7%と高水準です。PERは16.6倍です。

  • 営業利益、売上高共には綺麗に右肩上がりで業績は堅調に推移しています。

  • 売上高営業利益率は9%です。ROE、ROAは毎年下がっています。

有利子負債0の銘柄であるか?

有利子負債0の銘柄を私は着目しています。何故なら有利子負債0の銘柄は右肩上がりで上昇している銘柄が多く、財務面でも好調なので業績期待が出来るからです。

有利子負債が0ということはコスト管理がしっかりしている企業とも言えます。コスト管理がしっかりしている企業は「競争優位性がある」とウォーレンバフェット氏も言っています。

新日本製薬の財務指標はこちらです。有利子負債は0です。

今後について

パーフェクトワンと言う化粧品をベトナムにも展開していくとの事です。また、7/1に自社株買いしています。

2020年9月期の通期見通しは据え置きとの事です。

株主優待制度

100株保有で4000円程度の自社商品をもらう事が出来ます。スキンケア化粧品は4000円分との事で、使ってみたいですね。

まとめ

  • コロナ禍でも地道に売上を伸ばす新日本製薬は投資価値あり

トップへ戻る