【朗報】マイナポイントがついに始動!おすすめクレジットカード、決済事業者を紹介する

総務省のマイナポイント制度が7/1から始まりました。20,000円利用で5,000円相当のポイント還元というキャンペーンです。9月からポイント還元がはじまります。

マイナポイント還元を受ける決済サービスは10以上あります。またクレジットカード会社も還元率が全て違っており、どれが一番お得なのでしょうか?そこでどの決済事業者及びクレジットカード会社が最もお得か紹介します。

そもそもマイナポイントとは?

マイナポイントとはマイナンバーカードを所有している人向けの施策です。

目的は以下です。

  • 消費の活性化
  • マイナンバーカードの普及促進
  • 官民キャッシュレス決済基盤の構築

Web上でマイナンバーカードを登録した上で、自分が普段利用しているキャッシュレス決済サービスを一つ選択することでそのキャッシュレス決済事業者を通じてマイナポイントが付与されます。

例えば、楽天クレジットカードを使って20000円分の決済をした場合、5000ポイントのマイナポイント=楽天ポイントが付与され、更に、キャッシュレス決済サービスを使うとその分のサービス

ややこしいのがポイント付与の形式が決済事業者によって異なることです。20,000円チャージ時に5,000円のポイントがすぐに還元される場合や、購入するたびに25%還元される場合があり、事業者によって異なります。

マイナポイントが使えるおすすめのクレジットカード3選

この章では、マイナポイント還元の対象となっているおすすめのクレジットカードを3枚紹介します。以下で紹介するキャッシュレス事業者にクレジットカードを紐付ける事でクレジットカードから還元されたポイントも入ります。

還元されたポイントの使いやすさだけではなく、クレジットカードとして利便性にも注目して厳選しましたので、ぜひ参考にしてください。

即日発行も可能「エポスカード」

VISA加盟店でのエポスカードショッピング利用に対して、マイナポイントが付与されます。付与されるポイントは「エポスポイント」です。

付与されるタイミング 毎月締翌々月に付与
2万円利用時の付与上限 5,000ポイント

エポスポイントは、全国のマルイで支払いに利用することができます。エポスVisaプリペイドカードにポイントを移行すれば、Visa加盟店での支払いにも充てられます。

全国共通ギフト券や航空マイル、他社ポイントなどへの移行も可能です。エポスカードの年会費は無料で発行は最短即日。全国10,000店舗で使える優待や、1,000円から利用できるキャッシング機能も付いた利便性の高さも魅力です。

年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 無料

申し込みはこちらから!!↓↓↓↓↓

ネット通販に最適「楽天カード」

楽天カードの利用に対して、マイナポイントが付与されます。付与されるポイントは「楽天ポイント」です。

付与されるタイミング 利用金額の累積が2万円になった月の翌々月25日
2万円利用時の付与上限 5,000ポイント

楽天ポイントは「1ポイント=1円」として使えます。500円単位でなければ使えないカードも多いですが、楽天カードは1円単位での利用が可能です。ポイントの活用幅も広く、以下のようなさまざまなシーンで使えます。

楽天グループで使う

楽天市場での買い物だけではなく、楽天ブックスや楽天トラベルでの支払いに使えます。

楽天ポイント加盟店で使う

街の楽天ポイント加盟店で現金の代わりに使えます。

マクドナルドや出光昭和シェル、ファミリーマート、ミスタードーナッツなどの多彩な加盟店があるので、普段使いにも役立つでしょう。

楽天Edyに交換する

「1ポイント=楽天Edy1円」として交換できます。

月々の支払いに使う

カード請求額の支払いにポイントを充てられます。楽天カードは年会費無料でありながら、1.0%という高い還元率を実現しています。楽天グループの決済でカードを使えば、還元率が最大16倍にアップするチャンスもあります。

年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 0.5% 500円(税別)

申し込みはこちらから!!↓↓↓↓↓

毎日のショッピングに活躍「イオンカード」

イオンカードのショッピング利用に対して、マイナポイントが付与されます。付与されるポイントは「WAON」です。

付与されるタイミング 当月利用分を翌月末日頃
2万円利用時の付与上限 5,000ポイント

還元されたポイントは、カードに付帯するWAONでの利用に限られるため、イオンカードを申し込む時には必ず「WAON一体型タイプ」を選択しましょう。WAONは、数多くの店舗で使える活用幅の広い電子マネーです。

イオンカードの年会費は無料です。毎月20日と30日のイオン「お客様感謝デー」でカードを使えば5%オフになるほか、イオンシネマや提携カラオケ店での割引などの豊富な特典も付帯しています。

申し込みはこちらから!!↓↓↓↓↓

決済事業者のキャンペーンを比較

それでは各決済事業者がマイナポイント向けに展開しているキャンペーンを一つ一つ紹介していきます。

筆者の独断と偏見でお得度順にランキング付けして紹介しますのでご参考にしてください。なお、この情報は7/4段階のものです。

【1位】WAONで10%(2,000円お得)

一番得なのはWAONです。WAONでマイナポイントを申し込むと、2万円チャージ時に5000円のマイナポイントに加え、2000円上乗せしてプレゼントされます。併せて35%の還元率です。

WAONはイオングループで利用可能です。イオン系列やまいばすけっと、ミニストップに加え、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニ、コスモ石油などで消費することができます。

個人的におすすめなのはミニストップでバニラVisaギフトカードを購入すること。これでVisaブランドが使えるお店で利用できるようになります。

【2位】ゆうちょPay(1,500円-2,000円お得)

2番目はゆうちょPayです。ゆうちょPayは新規ユーザーでマイナポイントを申し込むと2,000円分のポイントが、既存ユーザーであれば1,500円分のポイントが上乗せされてもらえるキャンペーンを開催しています。

なお、8/31以降は新規ユーザーも1,500円となるのでご注意ください。ゆうちょPayはウエルシアなどのドラッグストア、ビックカメラなどの家電量販店で利用可能です。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

【3位】Suica(1000円お得)

Suica(スイカ)の登録・購入・オートチャージ方法、アプリの使い方 ...

3番目はSuicaです。JR東日本は、マイナポイントでSuicaを選んだ人向けに、1000円分のJREポイントを上乗せするキャンペーンを実施します。JREポイントはSuicaへのチャージや、駅ナカでのショッピングに利用できます。

気をつけなければいけないのがJREポイントに登録しないといけないことです。また、関東圏以外のユーザーは使いにくいですね。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

【4位】メルペイ(1,000円お得)

4番目はメルペイです。メルペイではメルカリ内でのお買い物に対して5%上乗せされて還元されます。つまり、最大1,000円分お得になります。

街中でのコード払いやiD払いは5%上乗せの対象外となります。メルカリユーザーであればいいですが、メルペイしか使わない人には厳しい条件です。

詳しくは公式サイトをご覧ください。メルペイは追加で8/31までに応募した人を対象に1,000円上乗せするキャンペーンを発表しました。

これで最大2,000円お得です。また、抽選で更にポイント上乗せをするキャンペーンも同時開催しています。これらの追加でメルペイのお得度がぐっと増しました。メルカリユーザーでしたらメルペイを考えてみてもいいかもしれません。

【5位】楽天PAY

5番目は楽天ペイです。楽天ペイでポイント払いすれば、最大で26.5%付きます。楽天ユーザーの方は楽天のクレジットカードでマイナポイントを25%取得し、楽天積立投資やポイントサービスでポイントを更に増やしていく事が出来るので、楽天がおすすめです。

公式サイトはこちらからです。

【6位】LINE Pay

6番目はLINE Payです。LINE Payでは通常毎月1~10枚もらえる100円引きor10%オフのクーポンが3ヶ月間5枚追加でもらえるキャンペーンを開催しています

なお、このクーポンは同じものは取得できず、最大で15種類の違うお店にいかなければならないため、全て利用するのは難しいです。クーポンが使いにくいことにはご注意ください。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

【7位】d払い(500円お得)

7番目はd払いです。d払は500円分のdポイント(期間・用途限定)を上乗せするキャンペーンを実施しています。

dポイントは加盟店も多いため消費しやすいでしょう。しかし500円分というのはやはり少ないと感じてしまいますね。

【8位】FamiPay(500円お得)

8番目はFamiPayです。FamiPayでは先着10万名に対して追加で500円プレゼントするキャンペーンを開催しています。

FamiPayはファミリーマートで利用可能です。公共料金支払いにも利用できますのでそういった使い方で利用しても良いですね。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

【9位】PayPay(抽選で当たる系)

最後に紹介するのはPayPayです。PayPayはマイナポイントをPayPayで登録したユーザー向けに、抽選でPayPayボーナスが貰えるキャンペーンを開催しています。

当たる額は上の通り。3等以上が当たるのであればいいのですが、確率はかなり低いです。詳しくは公式サイトをご覧ください

まとめ

おすすめのキャッシュレス事業者、クレジットカードを紹介しました。今後マイナポイント申し込みユーザー向けに大型キャンペーンが開催される可能性があるので、情報を注視していきましょう。

また、マイナンバーカードの申請から発行までは1ヶ月ほどかかってしまうので、今のうちにマイナンバーカードの準備をしておきましょう。

トップへ戻る