【必見】音声合成ソフトで好調!エーアイ株について

新型コロナウイルスで業績不振やボーナスカットを行う企業がほとんどですが、業績を伸ばしている企業もあります。コロナ禍でも決算が好調で今後業績の進展が期待出来るエーアイについて調べてみました。この企業は投資価値があるのかどうか参考にしてください。

エーアイ社について

株価について

エーアイの株価は2年チャートで見ると下がっています。18年に上場しており、現在の株価は2000円です。

エーアイの事業

音声合成ソフトを作っています。アナウンサーの声や天気予報の声をより人間らしい声になるような合成ソフトです。日本だけでなく、中国、ベトナム、アメリカなど欧米諸国にもビジネスを展開しています。

以下のようなソフトを企業に提供しています。

https://www.ai-j.jp/

エーアイのビジネスモデル

エーアイのビジネスモデルは法人向けの製品とサービス、コンシューマ向けのパッケージソフト販売で成り立っています。法人向けが売上の6割を占めており、法人向けで如何に売上を伸ばす事が出来るかが鍵になります。

私としては、フローより、ストック型の販売を伸ばして欲しいですね。何故ならフロー型は一回で売り切りなのに対して、ストック型は不労所得になるからです。

エーアイの財務について

エーアイの財務について、私が投資する時の視点を用いて紹介します。

キャッシュフロー推移が右肩上がりであるか?

キャッシュフロー推移で営業C/F、及び現金同等物が右肩上がりであるかはチェックする大事なポイントです。

  • キャッシュフロー推移は綺麗に右肩上がり、現金をしっかり増やしています。現金の量が突出しています。

売上高、営業利益共に右肩上がりで利益率は20%以上かどうか?

エーアイの売上高、営業利益率を見てみました。ROEは16%、ROAは14%です。自己資本比率は88%と高水準です。PERは48倍とかなり割高です。

  • 営業利益、売上高共には綺麗に右肩上がりで業績は堅調に推移しています。

  • 売上高営業利益率は33%と高水準です。

有利子負債0の銘柄であるか?

有利子負債0の銘柄を私は着目しています。何故なら有利子負債0の銘柄は右肩上がりで上昇している銘柄が多く、財務面でも好調なので業績期待が出来るからです。

有利子負債が0ということはコスト管理がしっかりしている企業とも言えます。コスト管理がしっかりしている企業は「競争優位性がある」とウォーレンバフェット氏も言っています。

エーアイの財務指標はこちらです。有利子負債は0です。

今後について

エーアイの今後について紹介します。スタートアップから大手企業、官公庁まで導入されており、業界の中では信頼度が高い事がわかります。

在宅勤務やテレワークの増加で機械での音声対応は間違いなく増加するので、需要はあるでしょう。

開発人員の増加で固定費が増加しますが、今後も増益基調とのことです。一つ気になるのが、通期で見た時の営業利益の伸びが鈍い事ですね。

まとめ

  • 無借金経営企業
  • 株価はPER48倍と割高の水準なので、2番底で買いたい
  • 営業利益は33%だが、伸びが鈍い
トップへ戻る