【朗報】米国で自転車再流行!ガーミン株の上昇トレンドは加速する理由

新型コロナウイルスのパンデミックとロックダウンを受けて、米国では実に多くの人が自転車に乗り始めています。中古自転車の修理は、何週間も先まで予約でいっぱいとの事です。なんと、3〜4月の全米のサイクリングレーン利用者数は、前年同期比57%増にもなりました。
 
 
ガーミンという会社はフィットネス用自転車の時計を製造、販売しており、この売上も増加する事が見込めます。詳細について紹介します。

記事抜粋

ガーミン株に関係する部分だけ抜粋しました。
 
 
自転車を新調する人も多く、1000ドル以下の自転車が飛ぶように売れている。3月のレクリエーション用自転車の売上高は昨年よりも121%多い約25万台に達する一方で、フィットネス用自転車もほぼ3倍増の20万台に達した。
 
アウトドアショップのREIによると、子ども用自転車やアクセサリを含む自転車と関連品の売り上げは、昨年の同時期の4倍にもなるという。「供給が追いつけば、この売り上げは当分落ちないはずだ」と、REIのロン・トンプセンは言う。
 
特に都市に暮らす家族連れとフィットネス愛好者からの供給はひっ迫している。ほとんどの自転車はアジア製だが、新型コロナの影響でアジア諸国の生産も一部停止または縮小されていた。
 
市場調査会社NPDによると、3月の全米の自転車の売上高と、修理サービスの売り上げ高の合計は、前年同期比44%増の7億3300万ドルにも達した。
 

ニュースについて

ポイントだけ以下に列挙します。自転車を製造するシマノの株価はおそらく上昇するでしょう。また、関連するアクセサリーを提供しているガーミンの株価も上昇するであろうという事が分かります。

  • フィットネス用自転車の売上は3倍増加している
  • 都市に暮らすフィットネス愛好者からの需要は逼迫している

ガーミンについて

ここで、ガーミンについて紹介しておきます。ガーミンはグローバル・ポジショニング・システム(GPS)機能搭載の携帯・固定型ナビゲーション装置と通信装置を設計、開発、製造、販売を行っています。

カーナビゲションシステムとモバイルGPS市場向けアプリケーションに加え、船舶用ネットワーク製品、多機能ディスプレイ、航空機用GPSユニット内蔵ナビゲーションシステム、着陸装置、飛行計測システムを提供しています。

さらに、GPSユニットを利用したランニング用時計、自転車用時計や水泳用、登山用の計測時計も販売しています。

アウトドア用自転車の時計では技術力がピカイチ

アウトドア用自転車を競技として取り組む人はスピードや距離を測定し、練習を行う必要があります。ガーミンの時計は自転車のホイール径を入力する事で走行速度を自動で計算してくれます。また、地形や走行速度、傾斜なども記録する事も出来ます。

GPS機能も搭載しているので、どこを走ったか等も専用アプリを使用する事で記録する事ができます。大会や練習にはこの時計が必須です。

時計で心配なのが、電池切れですが、この時計は3日間くらい放置していても充電が持ちます。充電に関しては非接触で1時間程で充電出来るので、ストレスもありません。

ウェアラブル分野ではアップルウォッチがありますが、アップルウォッチには全くない機能です。ここが、アップルウォッチと差別化出来ている分野で、営業利益率が高い要因になっています。

上記をまとめるとフィットネスで自転車に乗る人は「ガーミンの時計を買うだろう」という事が予測できます。

コロナを機にアウトドア分野での自転車愛好者が増える!

コロナを機にアウトドア分野での自転車愛好者は増えています。私は自転車競技は現在はやっていないですが、株主としてこの会社は応援しています。日本円で100万円程株を保有しているので、今後も利益をしっかり上げて欲しいです。

まとめ

  • フィットネス分野での売上増加がシマノ、ガーミンの売上に寄与し、株価は上昇トレンドを歩む
  • ガーミンのスポーツウォッチは性能が良く、使いやすい
  • 株主として会社の事は応援している
 
トップへ戻る