【必見】ランニング 初心者 練習メニュー 服装

皆さんおはようございます。ゆうたです。

社会人になり運動不足になり、健康の為にランニングを始めたいという方は多いはず。

今日はランニング歴が5年の私が初心者の時にこなしたメニュー、服装について書きます。

ランニングを始めたきっかけ

ランニングを始めたきっかけは当時付き合っていた、彼女が陸上部だったので、

一緒にマラソン大会に出ようとしたのがきっかけです。

ランニング未経験の状態から、ハーフマラソン(21km)を走る事になりました。

練習期間は3ヶ月でした。ハーフマラソンを完走するまでに何をしたか?

当時ハーフマラソンでの目標タイムは1時間40分台と設定しました。

彼女が1時間50分代台の為、良いところを見せたかった笑

次にランニング初心者の状態からずっと継続しているメニューを説明させて頂きます。

メニュー

僕がランニングを始めた当時は大学生だったので、

学校のない日に練習に取り組んでいました。

週3回、朝6時半に起き、ランニングを継続しました。

物事を継続するには朝の時間を活用するのが一番です。

ランニングをする方はペース、距離を気にされると思うので、以下に記します。

ペース:キロ6分

距離:週3回を7km

7kmを走るの無理だって方は、まずはウォーキングから初めてみましょう。

とにかく、ウェアを着て外に出るという所からまずは習慣化する事が大事です。

大会1ヶ月前:21kmをキロ6分で走り込みしました。

ハーフマラソンやフルマラソンに初めて出場される方は、大会前に長距離を一度でもいいので

こなしておく事を推奨します。

本番での心理的な負担や、ペース配分に影響します。

(特にフルマラソンはペース配分が大事)

服装

ランニングを続けるモチベーションは服装にあります。男も見た目が8割と言われますし、

セルフイメージUPの為にも服装から入りましょう。

ちゃんとした服装、道具を使えばそれだけで早く走れる気がするでしょう?

では私がランニングを始めた時に、どんな服装、道具を買ったのか、以下で紹介します。

ブルートゥース機能付きイヤホン

使用中にコードが引っ張って邪魔にならないのが最高です。

ブルートゥースイヤホンを使うだけで、日常のストレスが大幅に減ります。

ランニングする時はスポーツ用イヤホンを使っちゃいましょう。

なお、僕の場合は、ウエストポーチにiphoneを入れてイヤホンとブルートゥースで

接続しています。

ウエストポーチ

大会で補給具を入れたり、反射板を取り付けて

ランニング用時計

僕は値段が40000円近くして高いんですけど、ガーミンの時計を買って使っています。

マラソンやランニングはこれから一生続けるので、良い物を買っといた方がいいなと笑

時間計測、ペース計測が出来ます。ガーミンのアプリとも連動しているので、計測した時間をパソコン、iphoneで見る事も可能。

ランナーはこれ1台あれば、他に時計は必要なし。デザインも悪くないので、アウトドアな

ファッションにも使えます。

しかも、これは心拍数も図る事が出来る優れ物になっています。

ランニングウェア

僕は値段とコストでフリースタイルのランニングウェアを使用しています。

長持ちしますし、使いやすいし、カッコイイのでランニングに行くテンションが上がります。

ランニングシューズ

初心者に大事なのは何といっても靴選びです!!

スニーカーやサッカーのトレシューで走らずちゃんとしたランニングシューズで

走りましょう!!

これは一番大事ですね。ケガ、故障を防ぎます。

長距離を走る方は靴底が厚めのランニングシューズを選ぶといいです。

僕が始めに使ってたランニングシューズは↓です!!

女性の方にはこちらがオススメです。

ランニングサポーター

初心者でランニングフォームが固まっていないまま走ると、膝の故障の原因にもなります。

ランニング中の故障を防いだり、正しいフォームに矯正するにはランニングサポーターが必須

です。

例えばO脚の方はランニングサポーターを履いた方がいいです。

それは何故かというとO脚だと走行時に力が外側に逃げるので、早く走れないだけでなくて

故障の確率も上がるからです。

自分がO脚かどうか知るには座った時に足を開きがちなら、間違いなくO脚です。

ランニングサポーターは膝を内側に入れるように、力が働くようになっているので、

ケガを未然に防げますし、タイムも上がるという一石二鳥のアイテムなのです。

僕はランニングサポーターを履いた時の方が、力を無駄に使わなくて済むので

タイムも上がる傾向にあります。

まとめ

ここまでで初心者のおすすめのメニュー、ランニング用グッズを紹介しました。

ランニングはケガなく継続する事が肝です。一緒に頑張りましょう。

それでは。ここまで記事を読んで頂きありがとうございました。

トップへ戻る