【節約】6月度もアラサーサラリーマンが家計簿つけてみた

某大企業による終身雇用制の否定、10月からの消費増税で税金は上がっています。金融庁の2000万円の年金問題でもあったように、会社員でも老後のために資産形成をする必要があります。

世の中にはいろんな資産運用の指南書がありますが、大事なのは、日々節制して出来る限りのお金を株式投資に回すことです。自身の整理のためにも家計簿をつけたので当ブログでお伝えします。

20代アラサーサラリーマン家計簿まとめ

家計簿をつける理由

私は家計簿を半年前からざっくりつけています。理由が、月の収支の把握し、資産形成のスピードをあげるためです。

経済的に自立した人生を送りたいと思ったきっかけ

私は社会人1年目の頃から毎月5冊以上の書籍を読みました。社会人4年目の頃にこのまま40〜50年間サラリーマンやるのは性に合わないと思い、お金に関する本を数十冊読みました。特に影響を受けたのは金持ち父さん、貧乏父さんです。

「金持ち父さん、貧乏父さん」「何故かお金が溜まる人がやっていること」を読み、経済的自立という目標を持つ事にしました。

お金に悩んでいて金持ち父さん、貧乏父さんを読んでいないという方は読むのを推奨します。自身の人生に選択肢を持つためにも株式投資で資産形成を目指しております。

【株式投資】25歳、社会人4年目リーマンが株式投資を始めたよ

250万円の奨学金を3年で完済

出だしは順調です。250万円も有利子の奨学金がありましたが、コツコツ返済を進めることで3年で完済しました。

【借金返済】早く返した方が得。奨学金を3年で250万返す方法

「この250万円を株式に回していれば今頃は」と思いますが、仕方ありません。さっさと返す事で利息はほとんど払わずにすみました。

家計簿

先月と同様に家計簿をつけました。本業だけで考えます。残業代がコロナの影響で全くなくなり、手取りが大幅に減少しています。

私の家計簿で特筆すべきなのは通信費が総額¥3,000以内であることです。ネクストモバイルとLINEモバイルの2刀流で抑えることが出来ています。また、近所の無料wifiスポットを用いる事でデータ量をセーブすることが出来ています。

【節約】通信費がなんと3000円以下?!コスパ最強!ネクストモバイルの魅力とは?

【格安スマホ】通信速度は?月額の料金はどうか?LINEモバイルに乗り換えてみたので使い勝手をお伝えする

手取り:¥235,710

支出:

  • 住居費:¥23,700
  • 電気・ガス:¥3,611
  • 水道:¥939
  • 格安スマホ:¥0
  • 通信費:¥2,640
  • 食費:¥7,884+¥1,156=¥9,040
  • 雑費:¥0

合計 ¥39,930

投資・貯金

  • 会社の定期預金(1.5〜2%):¥50,000
  • インデックスファンド:¥30,000
  • 企業型DC:¥4,000

=¥132,500

手残り(キャッシュ用)

¥235,710-¥39,339-¥83,400=¥112,971

家計簿の分析

本多清六氏の1/4天引き法は実践出来ています。会社の定期預金 ¥50,000、S&P500インデックスファンド¥30,000、企業型DCで¥4,000なので¥235,710のうち、¥132,500は株式及び、預金に回せています。1/4天引きはクリアです。

今月ですと¥164,997を回せれば7割はクリア、8割は¥188,588です。総額¥195,780を投資、貯金に回せたので、8割クリアです。

  • 食費

食費に関してですが、¥10,000以内に収めることが出来ました。調子が良いです。最近、弁当に飽きてきており、菓子パンばかりなので、頑張って自炊をします。

今月の取り組み

今月の私の取り組みを箇条書きにしてあげてみました。

  • 自社株は損切り覚悟だったが、プレミアム入れるとプラス

先月自社株を損切りするとブログでお伝えしました。結局、コロナバブルの影響でいい感じに株価が上がっており、10%のプレミアムを合わせると、3〜5%ほどプラスに出来そうという状況です。

今月中には売りたいですが、日本株が上がるかどうかはNYダウ次第なところはありますので、今の値段での売却も考えています。

  • 来月から銀行を三菱から楽天銀行への変更を行う

現在メインで使っている銀行が三菱東京UFJですが、メインを楽天銀行に変更します。楽天ポイントや手数料の面でお得ですので、楽天経済圏に浸ります。

そう先月言っておきながら、会社に申請を忘れており出来ていません。今月は申請を出します。

  • 転職活動を行う

外資コンサルを中心に転職を考えていますが、コンサル未経験+コロナで採用状況が悪く厳しい状況になっています。株と同じで、みんなが転職活動していないし、逆境こそチャンス!と思っていました。

世の中甘くないと言う事、自分の境遇がある程度恵まれているのだと言う事を感じます。しかし、会社の業績は落ちてきており、ボーナスカット、残業代カットで仕事についてどうするか考えています。

私のように20代も後半になると何かしらの専門性を求められるため、英語が少し出来るだけしか即戦力になれない状態では、外資コンサルは厳しいかもしれません。残念ですが、新卒の時の自分の選択が間違っていたのでしょう。したがって、新卒の時の会社選びは物凄く大事と言えます。

現状に愚痴を言うだけでは何も現実は変わりません。転職活動は続けつつ、徹底的な倹約と副業で投資の元手を大きくし、株式市場で運用する事で、経済的自立にいちはやく到達出来るようにします。

今年の目標は純資産1000万円です。20代には純資産2000万円を到達出来るようにしていきます。純資産2000万円の到達には、株式市場での含み益が必須です。2番底どうか来てください。全力で買い付けます。

まとめ

アラサーのサラリーマンが真面目に家計簿をつけました。こうしてデータ・数字で日々の生活振り返る事で、目標に向かって一歩ずつ前進出来ている事を感じます。毎月恒例で家計簿はブログで公開する事にします。

トップへ戻る