【転職】コロナを経て急浮上した「2つの転職トレンド」

必勝ハチマキで気合を入れるスーツ姿の就活美女

総務省が発表した4月の完全失業率は前の月に比べ0.1ポイント下がり、2.6%。2カ月連続の悪化。就業者数は前年の同月に比べ80万人減となりました。減少は88カ月ぶりです。

厚生労働省が発表した4月の有効求人倍率も1.32倍で、4カ月連続で低下しました。新型コロナによる雇用環境の悪化が明らかになったわけです。さて、この流れを受けて転職活動の流れはどうなるのか?当記事で紹介します。

記事抜粋

日経の記事を抜粋します。

コロナ禍の自粛生活で、運送業の重要性が再認識されましたが、人材ニーズは今後さらに高まると予想され、実際にすでに求職者の応募も増えているようです。運送業への求職で印象的なのは、飲食・サービス業界の出身者の応募が増えているということです。

これまでには見られない傾向と、ある運送業の人事部の方が驚いていました。確かに飲食・サービス業界は営業自粛で売り上げがゼロに近くなるところも多く、店舗を閉鎖したり、新規採用の凍結をした会社も多くあります。

ある飲食チェーンの経営者に話を聞くと、6月以降も売り上げの減少は続くと考え、店舗の閉鎖や人員整理を進めているとのこと。当面は飲食業界から運送業など、別の業界に転職希望する人が相当数いるのかもしれません。

あるいは地方の中小企業において、首都圏など都市部から転職を希望する人の応募も増加傾向のようです。

大阪で製造業を営むSさんの会社は、営業職を中途採用しようと、HPで継続的に募集を行ってきました。ところが応募があったことなど皆無で、慢性的な人手不足に悩んでいました。ところが5月にはなんと10人ほどの応募があったとのこと。それも応募者の多くは首都圏勤務の20代です。

面接はこれからとのことですが「コロナがチャンスをもたらしてくれるかもしれない」と光明を感じているようでした。同じように地方の中小企業で、都市部の若手社員が応募してきたといった話は何社か聞きました。

こうした背景にあるのが在宅勤務や、コロナ終息後への不安があるようです。就職情報会社「学情」が20代の転職希望者に新型コロナウイルスの感染拡大の影響についてアンケート調査を行ったところ「地方への転職を希望する」と答えた人は36%と大幅に増加。

  • テレワークで場所を選ばずに仕事ができることがわかった
  • 都市部で働くことにリスクを感じた

とコロナで都市部脱出を検討し始めた若年層が増えているのです。移動の自粛が解除になると、大移動が起きる可能性があるかもしれません。

そこで未経験でも転職ができる業種を見渡したところ、運送業の求人があり応募。面接から内定までリモートで行われたので、スムーズに入社にまで至ったそうです。慣れない仕事ですが頑張りたいと話を聞かせてくれました。ちなみに同じ営業所には、飲食業界からの転職組が数人いたとのこと。

また、地方の製造業の中途採用の求人に、首都圏の大企業に勤務する若手から応募が増えているようです。地方の中小企業でも最終面接までリモートで行う会社が登場。さらに地方に住めば給与が下がっても生活レベルは変わらないとの説明を受けて入社を決意した応募者もいたようです。

ポイント

  • 地方勤務を志望する若年層が増加

テレワークで人口密度の高い都心部に居住する必要はないと感じてきた人が多いでしょう。私も人口密度の高い東京に勤務する必要はないと思います。この流れは今後も続くでしょう。都心部のオフィスを縮小するという動きも出ています。

  • 都市圏から田舎へ人が流れる

これまで満員電車が問題になっていた都心部ですが、快適な生活を求めて地方移住する人が増えていくでしょう。地方の企業にとっては優秀な人材を獲得するチャンスです。

【必見】東京はオワコン!?地方回帰の流れが強まる

まとめ

  • 都市部の不動産の価値は下がる
  • 地方の不動産はコロナ前よりは脚光を浴びる
  • 20代の転職者が多く、若年層での転職が広がっている
トップへ戻る