【悲報】日産が6700億円の巨額赤字!このままで日産は大丈夫なのか?

日産、世界初の先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」を搭載した新型 ...

日産自動車は5月28日、2019年度連結決算と事業構造改革計画(2020~23年度)を発表しました。決算は売上高が9兆8789億円(前期比14.6%減)、営業損益が404億円の赤字、当期純損益が6712億円の赤字と、惨憺たる状況です。

日産が最終赤字になるのはリーマンショック後の08年度以来11年ぶりで、赤字の額としては1999年度に次ぎます。果たして日産はこのままで大丈夫なのか?詳細を紹介します。

記事抜粋

「余剰設備と生産性の低い領域を減らして約3000億円の固定費を削減し、そのレベルを維持する。削減するのは余剰設備、あるいは将来採算性の低い商品群であり、当社が集中する領域では着実な成長を維持する。

次に、選択と集中。マーケットで見ると、日本、中国およびメキシコを含む北米をコアマーケットとして健全な経営をする。欧州やASEANはアライアンスを活用しつつ、適正な規模で運営していく。

また、韓国からは撤退、ASEANでは一部地域で事業を縮小する。より効率よく事業運営をする」と内田誠社長は説明する。

日産では損益分岐点が“稼働率80%”のようだが、生産能力540万台の80%は432万台になる。ところが、新型コロナウイルスの影響で日産の4月の世界生産は62.4%のマイナスだった。おそらく20年度は432万台よりさらに悪化し、日産の世界生産台数は350万~400万台になるのではないか。

そうなると、さらに設備の減損処理が必要で、20年度も大幅な最終赤字は避けられないと言っていいだろう。1兆円近い赤字になる可能性もあるといった声も聞かれる。そして、心配なのは日産の財務状況だ。

「われわれは引き続き十分な資産流動性を維持する。危機に対応するには十分。新型コロナに対応するために4~5月に7000億円を調達している。うまく運用して、会社を厳しい状況のなか維持する」と内田社長は説明し、動車事業手元資金が1兆4946億円、自動車事業ネットキャッシュが1兆646億円、未使用コミットメントラインが約1兆3000億円あるとした。

ただ、自動車メーカーは固定費の割合が高いため、給料などを含めて多額の資金が必要になる。トヨタ自動車の場合、1カ月で1兆円近い現金が必要と言われており、日産の場合でも数千億円が必要と見られている。

業績と打開策は?

課題が山積の日産ですが、打開策はあるのか?という事で業績を見てみました。

  • 株価チャート

現在の日産の株価は400円です。

  • 売上高、営業利益

売上高は横ばいですが、営業利益が減少しており、2020年には2018年と比べると営業利益は1/4になります。2021年には改善見込みです。この改善分は北米市場によるものです。

  • 売上高営業利益率

総資産と自己資本を見てみましょう。自己資本比率は27%ですが、有利子負債の額が大きいです。総資産のうち、50%が負債です。

これだけ見ても自動車メーカーは固定費がかかり、負債の額が大きくなってしまうビジネスモデルと言えます。

良い点はこれまでの利益剰余金は48兆円もあり、まだ、倒産まではしないであろうと言うことです。

日経の記事を見た限りだと、トヨタ自動車で1ヶ月あたりに必要なキャッシュは1兆円であることから、仮に運転資金に1兆円を有した場合、2〜3年は持つ計算です。

このまま6000億の赤字が四半期毎に続くとすれば、年間で2兆円が出ていくことになります。運転資金の1兆円が1年間で12兆円と換算すると合計14兆円が必要になります。

利益剰余金も考慮に入れるともって2〜3年です。この状況が2~3年続き赤字を垂れ流し続けたらの場合です。

  • 配当金

配当金に関しては0円となってしまいました。私が新卒の時には高配当銘柄ランキングで紹介されていたので残念です。

  • キャッシュフロー

キャッシュフローはどうかと言うと、営業C/Fは順当に稼げています。また、現金はしっかり増やしていることが分かります。

業績は非常に厳しい日産ですが、まだ資金繰りは良い方と言えます。

また、手元資金が足りなくなれば財務C/Fをプラスにして借り入れを行いますが、まだ財務C/Fがプラスになった経歴は少ないので、まだ体力はあると考えます。

コロナウィルスによる影響はどうなのか?、日産は復活出来るのか?

【悲報】日産(7201)配当金57円→10円へ大幅減配!57万人もの株主に打撃!

上記の記事で、私は「コロナウィルスが流行り始めたのは1/25からで、次期決算は1〜3月です。この影響はもろに受けると考えられます。次期決算には期待出来ません。」と解説しました。

私の予想は正しく、株価は480円から400円にダウン、営業赤字と言うことになりました。コロナによる不景気の影響はこれからも続くので、車を新車で買うと言う人は少ないでしょう。

コロナの影響でカーシェアの需要が減っていくと言うのは自動車メーカーにとっては良いことですが、今までのビジネスモデルの延長上では車を売っていくのは難しいです。

日系メーカーでは雇用が労組でしっかり守られているために、大規模なリストラを行う事も難しいです。まずは固定費の削減で手元から出ていく現金を減らし、延命を図っていくのが得策でしょう。

まとめ

  • 資金繰りはまだ良い。営業C/Fが毎年プラスなのが救い
  • 本四半期決算が2~3年続いたら日産の経営は危なくなる。倒産する可能性が高まり、政府の救済が入ることになる
トップへ戻る