【朗報】ジム・ロジャーズ氏「5/18に日本株を再び買い始めた」との事

本日の始値や高値

新型コロナウイルスが拡大し、日本株は暴落しました。このまま、年末の高値を戻すのかそれとも2番底を試す展開になるのかはワクチンの開発進捗次第と言えます。世界三大投資家のジムロジャース氏は「日本株を買い始めた」とコメントを残しています。日本株にも光明が見えて来るのでしょうか?詳細をお伝えします。

記事抜粋

経済が悪化していても、株式市場はそこまで悲観的ではない。金融市場も機能している。ロジャーズ氏は市場環境をどう見ているのか。

「今回、世界中の政府が莫大な借金をして、どんどん経済にお金を注入している。米国は世界最大の債務国だが、ほんの1~2カ月でさらに経済対策のために3兆ドル(約330兆円)もの借金を増やすことを決めた。

日本も同様だ。日本銀行も毎日お金をせっせと刷って(日本株の上場投資信託=ETFの購入を通じて)株式や、債券を買いまくっている

 「これほどの大規模なばらまきは過去に経験したことがない。世界中の国が大量にお金を刷っている。巨額のお金を使っている。

そしてそれがマーケットに流れていく。もちろん(こうした動きを受けて)市場はいったん上昇基調になる可能性が高い。莫大なマネーが流入するときはいつでも、マーケットは極めて強気になる」

「実は、昨日(5月18日)、日本株を買った。なぜなら、日銀が毎日株式を買っているからだ。私も同じようにしたほうがいいと思った。日銀は私よりもはるかにたくさん日本株を買っている。日銀が買い続けるなら、しばらく株価は上向くに違いない」

ポイント

  • 日銀の株式・債券の大量買いによって株式市場は上昇基調が続く

日銀が株式、債券の大量買いによって株式市場は上昇基調が続くと考えられます。個人的には今は期待値が大きく、実体経済に即していないので、2番底を試す場面は訪れると考えています。

  • 株式購入は時間の分散を意識する

ジムロジャース氏は日本株の購入を決めていますが、理由は「日銀の買い支えがあるから」です。今のところは日銀の買い支えにより、株式市場にマネーが流れこんでいますが、お金の供給量は増加するので、いずれ円安、バブルになるでしょう。

日経新聞でも記事が出ており、「東証2部の時価総額をマザーズ市場が超えた」とあるので、マザーズ市場の株にはチャンスがあります。マザーズの中から値上がり期待が持てる株を狙うのも良いでしょう。

  • ジムロジャース氏が5/18に日本株の購入を行った事から、まだ日本市場は捨てたものではないでしょう。どんな業種の株を購入したかは明言していません。

まとめ

  • マザーズ市場のIT関連株にはチャンスがある
  • 実態経済を伴わない株式バブルが訪れるのでは
トップへ戻る