【朗報】ebase、業績好調で遂にダブルバガー達成!初心者でも2倍株を掴んだ方法とは?

トップセールスマンの自信に満ちた顔

私の持ち銘柄の一つであるebase (3835)が4/1の株式分割、業績の上方修正により、株価が急上昇し、遂に株式投資デビューして以来始めてダブルバガーを達成出来ました。どのようにして、この銘柄に辿り着いたか紹介します。また、ebaseを選んだ基準を元に、今後の値上がりに期待出来そうな銘柄を紹介します。

ダブルバガーとなる銘柄を掴むためには?

四季報を隅々まで読む

最新版の四季報を買い、時間を作って隅々まで読みましょう。そうする事がまず2倍株を見つける秘訣です。

大型株ではなく小型株を狙う

日系の大型企業を買っても大幅な株価の値上がりは期待出来ません。ですので、株価が1000円以下のラインの小型株を狙うのがダブルバガーを掴むポイントです。日本電産やキーエンスのような株がここから2倍になるのは考えにくいです。

キャッシュフロー推移が右肩上がりであるか?

キャッシュフロー推移で営業C/F、及び現金同等物が右肩上がりであるかはチェックする大事なポイントです。

  • キャッシュフロー推移は綺麗に右肩上がり、現金をしっかり増やしています。

売上高、営業利益共に右肩上がりで利益率は20%以上かどうか?

売上高、営業利益共に右肩上がりで、営業利益率は20%を超える企業です。

  • 営業利益、売上高共には綺麗に右肩上がり

有利子負債0の銘柄である

有利子負債0の銘柄を私は着目しています。何故なら有利子負債0の銘柄は右肩上がりで上昇している銘柄が多く、財務面でも好調なので業績期待が出来るからです。

有利子負債が0ということはコスト管理がしっかりしている企業とも言えます。コスト管理がしっかりしている企業は「競争優位性がある」とウォーレンバフェット氏も言っています。

その他の有利子負債0銘柄

レーザーテック

レーザーテックは昨年から株価が右肩上がりで上昇し、4倍になりました。3000円台の時に投資していればよかったです。現在は株式分割により、株価は1/2です。

フィックスターズ

フィックスターズも有利子負債0企業です。私が見つけたのは1000円台の時でしたが、残念ながら投資していません。一時は2000円台をつけたのでダブルバガーも狙えました。

GRMN

GRMNはグローバル・ポジショニング・システム(GPS)機能搭載の携帯・固定型ナビゲーション装置と通信装置を設計、開発、製造、販売を行っています。今後ビジネスが拡大する宇宙旅行分野との相性も良く、業績の進展が期待できます。

株価は83.7ドルです。コロナショックで下落がありましたが、この銘柄に関しては私は強気の姿勢を維持しています。PERは16.7倍とまだ上昇余地がありそうです。

  • 賃借対照表

以下に2015〜2018年の賃借対照表を記しました。現金は2015年〜2018年まで増えており、ビジネスは順調ですね。

流動資産、固定資産共に増加しており、総資産も2015年〜2018年まで順調に増加しています。短期、長期の有利子負債は0と無借金経営出来ています。

無借金経営と言うことで地に足ついたビジネスを出来ていると言うことで好感を持てます。借金がない分、不況時にも耐えることが出来ますし、新たな投資や配当に資金を回すことが出来ます。

資本の部ですが、資本剰余金。利益剰余金共にしっかり増加しています。良い傾向です。

詳細は下記記事で紹介しています。

【スポーツ】ランニングウォッチ銘柄!ガーミンに目をつけた理由とは?

【朗報】2020年第1Qも決算好調!ガーミン株の決算を分析した

GMOクラウド

  • 株価チャート

株価チャートはこちらです。4月からまさかの3倍になっています。私はこの銘柄に気づくのに遅れ、買い付け出来ていません・・・。GMOクラウドが上げた理由はセキュリティサービスとクラウドサービスの技術力があるからです。

在宅勤務になるとクラウド上のデータを参照しますし、セキュリティ面も重要になりますからそういった観点でこの銘柄が人気になっています。

この企業も有利子負債0銘柄です。

  • 財務を見てみると、自己資本比率は64.4%、有利子負債は0です。

  • キャッシュフロー

営業C/Fをしっかり増やし、現金もしっかり増やしています。

まとめ

  • GMOクラウドは自社株の売却金が入り次第、買い付けしたい

  • ガーミンに関しては、120ドルあたりが上値の目標で買い付けしているため、強気のポジションを維持。また、ジョギングやサイクリングは一人で出来るスポーツのため、コロナの影響を受けにくい。むしろ、コロナの影響で外でのアクティビティが制限され、ジョギング人口が増えているように感じるので、まだ上値を目指す展開になりそう。
トップへ戻る