【必見】コロナ禍でマッチングアプリ登録者数急増!恩恵を受ける銘柄を挙げて見た

東京に就職が決まった彼と幼い頃によく遊んだ田んぼを眺める彼女

新型コロナウイルスで外出自粛の中、マッチングアプリに女子大生が急増しているとの事です。街コンのサイトを見ても、リモート街コンと言うサービスが新たに追加されていました。今後はリモート恋活も人気になるのではと思います。そんな中、このリモート恋活の恩恵を受ける銘柄を調べて見ました。

記事抜粋

まず話を聞いたのは、マッチングアプリ歴1年半で、IT関連の企業に勤める小高慎一さん(42歳・仮名)。小高さんは低身長ながら塩顔の雰囲気イケメンで年収800万円と、“上の下”程度のスペックです。

25歳から35歳の女性からは、『いいね』返しがたくさん来て120人ぐらいとマッチングできました。ですが、想定外だったのは19歳から22歳のほう。19歳から22歳の女性からの『いいね』返しはたった15人……。

こちらから500人『いいね』を送ったのに15人しかマッチングできなかったんです(苦笑)」25歳から35歳の女性は約24%とマッチングできたにも関わらず、19歳から22歳の女性とはわずか3%。しかも、その15人と全てメッセージのやりとりができたわけでもなく、アプリ内のやりとりを経てLINE交換までいけたのはわずか3人だったとか。

〜中略〜

「同年代の若い男の子とも繋がるけど、別に30代とか40代でもOKっていう感覚なんじゃないかな。私がそうだからね。まぁマトモな恋愛対象はそりゃ20代だけど、こう言っちゃなんだけど、同年代とかの男は話が薄っぺらくてホントにただのコドモなんですよ。それと比べると、30代以上の人のほうがシンプルにLINEしてて面白いよね」

しかし、実はそれ以上に大きな理由があるそうで…。 「暇は暇ですけど、想像を絶するほど暇なんですよ!! 4月中は大学始まらなかったからずっと休講でしょ。遊ぶ時間はいくらでもあるのに外に出れないわけです。私は一人暮らしだから特にだけど、人生最大に暇なんですよね。

で、私も私のまわりの友達も、家ではもっぱらYouTubeかNetflix。だけどガッツリ集中して観るようなものでもないから、スマホいじりながらになるじゃないですか。極端な話、寝てるとき以外はだいたいスマホいじってるから、LINE相手はいくらいても足りない状態(笑)。だからオジサンとも繋がるんだと思うよ

5月からオンライン講義をスタートさせた大学も多いようですが、ハルカさんは「オンライン講義も目の前に教授がいるわけじゃないから、講義中もずっとスマホいじってる」そう。  非常事態宣言が解除されたとしても、当面は外出自粛ムードが続くでしょうし、オンライン講義が継続される大学も多いでしょう。まだまだしばらくは“想像を絶する暇”を持て余したJDが、マッチングアプリに溢れていそうですね。

リモート恋活の恩恵を受ける銘柄

netflixやyoutubeを見て暇な時間を潰すと言う流れは変わらないでしょう。ネットフリックスやアップルの株価上昇は今後も期待出来ますね。私はアップルに関しては、240ドルで買い増しを行いました。

私は今の米国株については楽観ムード寄りと考えているので、2番底が来ると思っています。そのため、現金は2番底での買い増しに向けて待機させています。アップルに関しては、2番底局面での買い増しを考えています。

また、日本株では金融緩和により、金余りが生じており、マザーズ市場などの中小小型株が上昇しています。つまり、小型株にならまだまだチャンスがあるということではないでしょうか。

ここでリモート恋活の恩恵を受ける銘柄を挙げました。以下の銘柄がリモート恋活の恩恵を受ける銘柄ですが、この中でも業績や成長性を見て2銘柄抜粋します。

リモート恋活の有力銘柄一覧

リモート恋活の有力銘柄一覧を以下に示しています。この分野に関心のある方は参考にしてください。

  • 3689 イグニス          マッチングサービスウィズ(with)運営
  • 2417 ツヴァイ          イオン系の結婚相手紹介サービス大手
  • 4751 サイバーエージェント    マッチングサービスタップル(tapple)運営
  • 2121 ミクシィ          日本SNS大手
  • 6046 リンクバル         情報サイト「街コン」恋愛情報や婚活コンサル
  • 6098 リクルートホールディングス 「ゼクシィ縁結び」を運営
  • 6181 パートナーA        結婚相談所を全国展開
  • 6071 IBJ           結婚相談所ネットワーク
  • 6175 ネットマーケティング    恋愛マッチングサービス(Omiai)
  • 3938 LINE          日本最大コミュニケーションツール

私が選んだネット恋活銘柄

上記の銘柄の中でも下記の2銘柄に注目しています。

イグニス

イグニスはマッチングアプリ「with」やぼくとドラゴンなどのスマホアプリ開発、エンタメ事業を運営する会社です。以下が株価チャートです。

イグニスに関しては、ベンチャー企業な事もあり、ROEがマイナスです。ただ、今後のアプリのヒット具合によっては業績の伸長が見込めます。AR、VR分野でも事業を推進しており、こちらでも伸び代が見込めるとの事で株価が10%上昇しています。

IBJ

IBJは婚活パーティーサービスの「PARTY☆PARTY」を運営しています。なお、外出自粛期間中の継続したサービス提供を目的として、2020年4月1日より「オンラインパーティー」を拡充しています。

https://www.ibjapan.jp/information/2020/04/1-24.html

こちらが決算短信の抜粋です。営業利益は26%と高水準です。

なお、私が株を選ぶ際に気にしているのは負債の額ですが、決算短信には下記の記述がありました。ここから言えることは業績が順調であり、それにより負債の返済も順調に進んでいるという事ではないでしょうか。

(負債) 当第1四半期連結会計期間末における流動負債は2,955,400千円となり、前連結会計年度末に比べ1,010,797千円 減少いたしました。これは主に、未払費用が306,289千円、未払法人税等が484,896千円、前受金が133,854千円減少 したことによるものであります。固定負債は1,907,097千円となり、前連結会計年度末に比べ51,845千円減少いたし ました。これは主に長期借入金が52,590千円減少したことによるものであります。 この結果、負債合計は4,862,497千円となり、前連結会計年度末に比べ1,062,642千円減少いたしました。

  • 財務諸表

ROEは36%、自己資本比率は43%、PERは18倍と投資しても良い水準です。なお、アナリストの予想株価水準は1200円なので、現在の株価から見ると割安です。

株式市場は今は楽観ムードなので手を出したくないですが、感染第2波が来た時に投資しても良いですね。PERは15倍ぐらいで投資したいですね。つまり700円ぐらいが投資水準と思っております。

売上高、営業利益も右肩上がりで良いですね。

営業利益率は20%付近を維持しています。

現金、営業C/Fを毎年増やしています。キャッシュがある分、不況や投資にも回すことが出来ます。

5/12の決算では売上高は減少しましたが、経常利益がコンセンサスを上回る水準だったとの事です。婚活パーティーと言えば、イベントの参加費が収益源で、コロナの影響をもろに受けているかと思いましたが、これは意外ですね。

  • 株価チャート

コロナショックで1200円から投げ売りされましたが、800円付近まで株価は戻しています。私は700円あたりでエントリーしたいですね。

オンライン飲み会やオンライン街コン、オンラインイベントが流行る流れが来ているので、この銘柄には投資をしたいと思っています。

  • 中期経営計画を示している

この会社の良いところは中期経営計画を示しており、ある程度経営に自信が伺えるところです。ひふみ投信の藤野社長は投資する銘柄選定で「中期経営計画」を出している会社と著書でも述べていました。

  • 婚活サービスのニーズは高まっている

上記の記事でも挙げましたが、婚活サービスのニーズ自体も急増しています。

  • シニア向けの婚活にも力を入れているとのことです。日本は少子高齢化が確実に来ますから、こうした流れを見越して力を入れているのも良い傾向です。

まとめ

リモート恋活も今後流行っていくので、こうした銘柄にも注目をして投資をしていきます。

トップへ戻る