【必見】新型コロナで需要が伸びた意外な業界とは?

両手を頬の横で合わせる女性

緊急事態宣言の延長を受け、閉店を決断した飲食店や小売店も多くなっています。今後は“コロナ閉店”の問題も深刻になっていくでしょうし、影響を受けている業界もあります。一方で新型コロナウイルスによって、注目を集めている意外な業界があります。どんな業界でしょうか?当記事で紹介します。

記事抜粋

日刊SPA!の記事を抜粋しました。

マスクを1日中着けていることが当たり前になり、テレワークを導入する企業が増加したことで、整形してもバレにくい状況になったのが好調の理由だという。実際にどのような人が整形に来て、どこの部位を整形しているのだろうか。ちょうど新型コロナウイルスが日本でも流行り始めた3月に開業したという整形外科のA医師に匿名で話を聞いた。

  • 社会人の患者が急増して予約は朝から晩まで一杯!

 本来3月4月は、春休みという時期もあり学生の患者が多いものだというが、今年は新型コロナウイルスの影響で客層に違いが出ていたとA医師は語る。 「在宅勤務が推奨された影響からか、社会人の患者さんが非常に増えています。

私のクリニックは3月に開業したのですが、おかげさまでオープンしてから予約はずっと満杯状態。もし『明日行きたい!』と言われても、すぐには予約が取れないくらい問い合わせが殺到していますね」

予約の段階で整形を決意した理由として、新型コロナウイルスを上げる人も。「『テレワークになったから行きます』とか、3月中には他県のお客さんで『ロックダウンで移動が制限される前に手術したい』という方多かったです」

ただ、一方で外出自粛を受けて予約をキャンセルする人もいるという。 「1日にだいたい20人程度のお客様がいらっしゃるんですが、だいたいその中で1人くらいの方が外出自粛を理由にキャンセルされますね。でも、そのキャンセル分を上回る問い合わせが来ているというのが現状ですね」

美容整形というと、心配されるのが“ダウンタイム”。部位や治療などにもよるが、美容整形手術をすると腫れやむくみなどができやすく、その症状が引くのを待つ時間のこと。このダウンタイムは日常生活に支障をきたすこともある。 「整形をしたいという方は多いと思うのですが、ダウンタイムが理由でなかなか踏み切れない人も多い。

そういう『やりたくてもできない状況』があったと思うのですが、新型コロナウイルスで状況が一変したので『今しかない!』と整形を決意された方が増えたんだと思います」  そして、このダウンタイムを耐えうる環境下で人気な施術が「脂肪吸引」だ。

「特に、ボディの脂肪吸引が人気ですね。通常ですと、ダウンタイムは1~2週間程度ですが、内出血が出ることもあります。

また、術後は固定具が必要になることもあるので、カラダの動きが制限されます。しかし、ダウンタイムに要する約2週間を、緊急事態宣言が出たおかげで会社の人と顔を合わせないでいられる今の時期にピッタリだと、求められる方が多いです。

ほかにはダウンタイムは短めですが、マスクが必須の目周りの手術、鼻の手術、顔じゅうのほくろを取る治療も人気で、豊胸も需要がありますね」

ポイント

  • 美容整形業界がまさかの盛況に

在宅勤務が進んだ事で美容整形業界が人気になるとは思いも寄らなかったですね。美容整形が在宅勤務が進むと流行る理由は、「顔が見えない」、整形しても分かりにくいからだそうです。また、ダウンタイム時間が1〜2週間で緊急事態宣言の影響を受けていることも分かります。

今後は緊急事態宣言は解除される方向に動いていますから、美容整形が今後もこの勢いで推移するかは分かりませんが、少なくとも外出する人は減るため、業界全体が衰退するということは考えにくいです。

  • 化粧品の売上は減少

美容と言うと、化粧品を思い浮かべますが、化粧品に関しては、外出する機会が減った事で、売上は落ちています。売上高を示すPOSデータをみると、ファンデーションや口紅などのメーキャップ化粧品は4月20~26日にスーパーで64.5%減、コンビニで57.1%減、ドラッグストアで39.6%減と各業態で落ち込んだとのことです。

【必見】在宅シフトで消費激変か?有望な業界、衰退する業界は?

  • 楽なダイエットに頼ってはいけない

特に脂肪吸引が人気とのことですが、こうした美容整形に頼ったダイエットを一度してしまうと、なかなか戻ることはできません。なぜなら人間は楽な方に流されやすいからです。

出来れば当記事で紹介しているように、ランニングでしっかり筋肉をつけて食事制限を行う事でダイエットを成功させた方が自分に自身がつきます。

12kg痩せも!?ランニングダイエットでダイエット成功させる方法

もう挫折しない!食事制限ダイエットを必ず成功させる方法とは?

また、オンラインダイエットの「Plez」も人気です。在宅勤務中に体重が増えてしまった方はお試しください。

【必見】成功率95.7%のオンラインダイエット法「Plez」で在宅で運動不足でもダイエットを成功させるには?

まとめ

  • 楽な方法に頼らずダイエットを成功させる方が良い
  • 美容整形が盛況になっており、この流れは今後も続くか
  • 化粧品メーカーの売上は落ちており、今後も化粧品メーカーの売上は厳しいものになる

トップへ戻る