【悲報】共働きの子育て世代、テレワークの現場はカオス状態となる

ママに抱きかかえられる双子の姉妹

新型コロナウイルスは収束の気配が見えません。その影響は感染せずとも一般家庭の人々にしっかりと及び始めています。

妻との軋轢や育児に疲れ果てる方や、帰宅難民と化す者、子供を奪われそうになる方もいます。今、多くの人のコロナ疲れが臨界点に達しようとしています。

さて、そんな中でも子育て世代の悩みについて紹介します。今テレワークの現場で何が起きているのでしょうか?

記事抜粋

  • 在宅勤務と育児の組み合わせは最悪

緊急事態宣言を受け、全国の小中学校のうち95%が臨時休校になっている。この流れは保育園にも及び、都市部では臨時休園や登園自粛を強く求める動きが拡大。その結果、「子供を家に置きながらのテレワークは地獄絵図だ」という不満が子育て世帯から噴出しているという。7歳と1歳半の男児を持つ竹田文雄さん(仮名・37歳)もため息交じりにこう語る。

「小学校低学年や乳幼児がいる共働き世帯では在宅勤務なんて無理です。我が家は狭く、寝室で仕事をしようとしても子供が入ってくる。その上、妻が妊娠初期で、何かあるとたちどころに不機嫌になる。

食事の買い出しなども私が担当なのですが、時間もないのでマックとすき家のテイクアウトばかり。栄養バランスは劣悪です。自分たちが感染している可能性もあるので、高齢の親は頼れません」

そんな彼の「コロナ疲れ」の象徴と言えるのが、リビングに置いてある「トランポリン」だという。 「子供たちが学校にも保育園にも通わなくなり2週間がたった頃、公園などの外で遊ぶのに限界を感じた妻が“トランポリンを買いたい”と言いだしたんです。

最初は置く場所がないと反対しましたが、ソファで跳ねまわる子供の姿を見て仕方なく購入。Amazonから届いた現物を早速組み立ててみたものの、思った以上に大きく、もはや置く場所はソファとテレビの間だけ。

自分がテレビを見始めると、子供たちがトランポリンで跳びはね始め、とても邪魔。子供のお尻しか見えません」  子供たちは既にトランポリンにも飽きた様子で、普段はやらないものの、竹田さんがテレビを見始めると跳び始めるとのこと。

ポイント

  • 在宅勤務中は時間がないので、テイクアウトサービスが流行っている

マクドナルドでは決算は売上高2%増加、純利益は8%増加を見込んでいます。こうした流れからも在宅ワークでテイクアウト需要は高まるでしょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL12HO3_S0A510C2000000/

ミールキットで有名なオイシックスの株価も右肩上がりになっています。ただ、PERが100倍を超えているので今手を出したくはないですが・・・。

  • ゲーム銘柄やおもちゃ関連の銘柄が良いかも

こうした流れを踏まえると任天堂や子供用のオモチャを扱うセガサミーなんかはまだまだ伸びる可能性がありますね。在宅勤務で独身者世帯も子育て世帯も「時間にゆとり」が出来るので、その時間を埋める娯楽サービスが流行る流れが来る可能性があります。

まとめ

私は独身者ですが、ずっと在宅勤務だと、健康によくないですし、毎日ランニングをしているのですが、それでも体重が増えてしまいました。ずっと家にいるのは精神上良くないのかもしれません。

ずっと同じ場所にいるというのはこれまでの生活スタイルに慣れた人からすると、ストレスになるでしょうし、それを少しでも解消出来るサービスが流行っていくでしょう。

トップへ戻る