【必見】テレワークで露呈!貢献度の低い社員たちが大量リストラの未来が待っている

経団連の調査では97.8%の企業がテレワークを実施していると回答しました。コロナショックが話題になり始めた2月からすでに優良大手企業では本社を中心に在宅勤務は始まっていました。さて、テレワークが進み、今後の私たちの働き方はどうなるのか考えてみました。

記事抜粋

経団連の調査では97.8%の企業がテレワークを実施していると回答、コロナショックが話題になり始めた2月からすでに優良大手企業では本社を中心に在宅勤務は始まっていました。

恵まれた中高年が幅を利かすFacebook上では「在宅2か月目突入」から始まり、能天気なポエムや日々のニュースの感想を「俺、情報の最先端を行ってるぜ」ということを滲ませながら書きこんだりしています。

普段から日中はヒマにしていて帰りに飲み屋にいっていただけなのに「たまには子供と過ごすのもいいね」など「俺忙しかったんだぜ」アピールに余念がない大手企業のサラリーマンも見かけます。

そんな労働力のコストパフォーマンスが高かった会社員、平たくいえば、「恵まれた会社であんまり働かないでも許されてきた会社員」はコロナショックが沈静化した直後にいよいよ悲劇が訪れることが推測されます。高給取りへのリストラがかつてない規模で発生するでしょう。

  • 実は逃げ場がない「テレワーク空間」

実際に対面で話しているのとテレワークの大きな違いは、余計な会話が起こりにくいという点です。議題に沿った会話を軸にチャットやミーティングが展開され、普段なら雑談として盛り上がるような話でも、なんとなく「早く無駄話終われよ」という雰囲気になったりします。

そうすると、まず第1段階としてはミーティングの時間が短くなります。寂しいもんですが、そうなります。

第2段階としては、参加者が実質的に絞られてきます。気がつけば、ミーティングには参加者が10人いるのに、話しているのは3人だけという状態に。  オンラインでのミーティングなら「カメラが壊れていて」とか「恥ずかしい」とか適当なことをいって自分の画像を消してしまえば、文字通り存在が消せてしまいます。

頭の回転が速い人ならば、「音声ミュート」をフル活用し、ロクに話も聞かず、「●●さーん、どうですか?」と投げかけられたときに「あ、すみません。ミュートにしてて音出てませんでした」と言い訳しつつ、その場を逃れる返事を考えついて答えるということをやってのけています。

ミーティングの参加者も絞られるだけでなく、「会議というほどでもないちょっとした打合せ」も激減します。オフィスだと「ちょっと」と言って話しかけることは簡単でも、事前に時間を設定してその時間になったら通話をして……という手順を踏んでからやりとりを始めるほどの価値はない話題というのは数多くあります。

それらが一気になくなりました。その結果、テレワークの空間上で本当に行方不明の人が出てきます。普段からあからさまに働いていない人はもちろんのこと、なんとなく人間関係の幅広さだけで存在感を持っていた人でもオンライン空間での登場機会はぐっと減ります。

ある大手総合商社では「3-4割くらいの人間が音信不通になっている。いるかいないのか本当にわからない」「でも部や会社として、何の影響もない」という話がまことしやかに流れているそうです。

テレワークが加速させる日本の未来とは?

私も在宅勤務を行って2ヶ月目になるのですが、人に邪魔されるという事がなくなりました。また、不必要な会議は出なくて良いので仕事の効率は上がりました。また、テレワークをしていると、成果項目で評価されるのでごまかしが効かなくなります。

会社に来て適当にサボっていた人はサボれなくなりますし、頑張る人は成果で評価されるので実力主義に移行していくでしょう。公務員については各種法律で守られていますが給料据え置きでも円の価値を下げられると物価が上がって買えるものが減り実質的な減給になります。

そして、今後は会社や国家のお金や信用が失われるので給料が払えなくなっていきます。こんな時代に何が必要になるかと言うと、会社員であるならば、節約+副業が必須になります。

節約に関しては、当ブログでも紹介していますが、医療保険の解約、各種オンラインサービスの解約、ジム、英会話の解約が必要になります。また、家を持ち、車を持ち、生命保険に入って一人前と言われていましたが、こうした価値観も疑ってかかる必要はありますし、必要十分で満足出来る生活に切り替える必要があります。

【節約】通信費がなんと3000円以下?!コスパ最強!ネクストモバイルの魅力とは?

【節約】無理なく節約するためにはどうすれば良いか?

例えば、ブログを活用したアフィリエイト、株式投資を利用して稼いでいく必要があります。株式投資に関しては、アメリカ経済が右肩上がりで推移していく限りはプラス・サム・ゲームなので株式の勉強をしていない方は勉強して、一刻も早く株式投資を始める必要があります。

【株式投資】株式投資は若者にとって最高の自己投資であるは本当なのか?実体験を通じて考えてみた

また、他にもオススメの副業はビザスクを利用したアンケートです。なぜなら単価が高いからす。1回あたり20000〜30000円が入るのでコスパが非常に良いです。

まとめ

節約でも副業でも良いので、何も行動しなければ何も進歩はありませんし、行動しなければ、今後は間違いなく厳しくなります。多くの会社員に取っては節約が一番楽なので節約、不用品をまずはメルカリ等で売り払うのが良いでしょう。

トップへ戻る