【禁欲】月3万5000円の質素倹約生活を送る与沢翼氏「腹八分で満足する習慣が大事」

与沢翼氏の新書「お金の真理」が発売されました。この本はなかなか良い本で投資家でない方でも一読する事をお勧めします。今回、参考になる部分に関して紹介するので、是非参考にしてください。

記事抜粋

ピンチのときに必要なことは断捨離です。今こそ、本当に自分にとって不可欠なものだけを残し、人生において必須でないものとは「おさらば」する必要があります。それが、際限なき危険な「欲望」の排除です。

日本在住時代の私は一種の欲望の中毒になっていました。お酒を飲んで気持ちよくなりたい、お金を稼いで湯水のように使いたい、権力と名声を手にしたい。このような人間が持つ欲望に忠実に、その赴くままに時間とお金の許すかぎり行動していました。

しかしよくよく考えてみると、お酒を飲んで気持ちよくなった翌日にやってくるあの気持ち悪さと気だるさは果たしてよい生活習慣なのか。何も解決していないのにただ時間とお金だけが消えていくあの時間は本当の成功を掴つかむために何かプラスになっているのか。

いくら稼いでもみじめな感じしかしない金銭に対する枯渇感は満たされることはあるのか。権力と名声で得たのはコンプレックスを埋めるためだけのものではないのか。深く考えてみればみるほど、どれも必要のないものだと確信に変わっていったのです。

必要以上の欲望をまず断捨離しておくことが大切で、コツとしては「必要十分で満足する習慣づくり」です。「腹八分目」と言いますが、満腹を目指そうとしないこと。八分で常に満足の最大値を迎えるように自分を癖づけしていきます。

たとえば、私は4年落ちのフェラーリとロールス・ロイスに今も乗っています。昔は新型が出るたびに乗り換えていました。そうでなければ満足できなかったのです。

「型落ちはダサい」というのが自分の口癖でした。ですから、古くなっていく車で深く満足している今というのは私にとっての腹八分に相当するということです。古くなるほどにとても大切に感じています。 

腹八分と禁欲は違います。欲を持てるのは生きている証拠、成功のための原動力です。だからそれを禁止することはありえません。

私が強調したいのは欲望の暴走を止めろ、ということ。ものを大切にし、1人の女性と深く向き合い、ほどほどのお酒と定期的な旅行で幸せを感じることです。

プライドや見栄、自尊心は1円の得にもなりませんから、誰かに評価されることを求めてもいけません。身近な人が評価してくれるようになったらそれが最上の腹八分目です。

人生には必要なものがたしかにあります。過度な質素倹約や禁欲を勧めるつもりは毛頭ありません。しかし、外出の自粛が求められ、これまでの経済が崩壊する可能性がある今、必要以上のものはすべて捨てるというのが正しい態度です。

私が思う事について

  • 株式市場でも同じではないか?

株式市場で株の買い付けで私は失敗を犯しています。それは、市場が加熱していた年末頃に高値で株式を購入してしまった事です。

ガーミンという会社の株ですが、当時PERは22倍と割高の水準でした。「もっと儲けたい」という気持ちで先走ってしまい、割高な中で株式の購入を進めてしまいました。業績自体は好調なのですが、株には「待つ」ことが大事だと学びました。

【朗報】2020年第1Qも決算好調!ガーミン株の決算を分析した

  • 自制心が大事になる

金持ち父さん、貧乏父さんでも自制心が大事になるという話はありましたが、与沢翼さんも同様の話をしています。ダイエットを成功させるにも、資産形成をするにも自制心が大事になります。本多清六氏も自制心の重要性を強調しています。

【書評】私の財産告白から考える凡人でも資産形成を成功する方法

  • 他人と比べない、虚栄心を持たない

与沢翼さんはこの著書の中で他人と比べない事を大事だと言っています。また、他人と比べることで投資のスタイルがブレてしまう事も当然あります。

例えば、他の株をやっている方の損益や資産額を羨ましいと思って無理な投資をするのは控えて行きます。また、他の株クラの投資スタイルや資産額を見ないという事ですね。どうしても、自分の投資スタイルにブレが出てしまいます。

無理な投資というのは他の投資家が買いに向かっている時に投資をしないという事で、基準は米国大型株はPER20倍以上、日本株ならPER20~30倍です。

【スッキリ】人生悩んでるなら部屋の断捨離がおすすめ

【物欲0】堀江貴文氏の言う、「所有欲が人を幸せにすることはない」は的を得ている件

まとめ

他人と比べてしまったり、虚栄心が出てしまうのは誰でもある事ですし私もそうです。このコロナショックを機に投資情報取得先の断捨離をしたり、銘柄の断捨離、及び部屋の断捨離をしてみるのはいかがでしょうか。

トップへ戻る