【悲報】英ヴァージン航空、従業員の3割にあたる3150人解雇へ。航空業界はオワコンか?

英ヴァージン・アトランティック航空は5日、従業員3150人を解雇すると発表した。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ需要の回復には「最長3年かかる」とみて、事業の存続には大規模なリストラが必要と判断しました。

同社は英政府に救済を求めており、人員削減で身を切る姿勢を示すことで金融支援を引き出す狙いもあるとみられています。詳細について紹介します。

足元の従業員数は約1万人で、削減規模は全体の約3割にあたる。シャイ・ワイス最高経営責任者(CEO)は声明で「36年前の初飛行以来多くの嵐を切り抜けてきたが、新型コロナほど厳しいものはなかった」と語った。「コストを削減して現金を確保し、できるだけ多くの雇用を守るためにさらなる行動が必要な時だ」と強調した。

合理化の一環として、ロンドン近郊にあるガトウィック空港の利用を当面停止し、ロンドンの発着便をヒースロー空港に集約する方針も明らかにした。

ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏は4月20日、グループ社員宛ての書簡を公表し、存続には政府の支援が不可欠だと訴えた。個人所有する島を担保に借り入れを行うなど「できることは何でもする」と説明した。同グループが10%出資していた豪航空2位のヴァージン・オーストラリアは4月21日、豪政府の支援を得られず経営破綻した。

ヴァージン・アトランティックはリストラ策の発表にあたり、経営再建に向けて「英政府を含む利害関係者と建設的な協議が行われている」と説明した。政府は自助努力をまず尽くすよう求めてきた経緯がある。米国やフランスなどのように公的支援が図られるかが焦点となる。

欧州の航空業界ではリストラが加速している。英最大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は最大1万2000人、アイルランドに拠点をおく欧州格安航空会社(LCC)最大手のライアンエアー・ホールディングスは最大3000人の削減策をそれぞれ表明した。北欧でも解雇の動きが広がり、発表済みの計画だけで欧州で2万人を超えた。

ポイント

  • ヴァージンアトランティクスが社員3割削減のリストラへ踏み切る

ウォーレンバフェット氏が航空会社の株を全て売却したとのニュースがありましたが、航空会社の経営は厳しくなっていると言えます。また、英国起業家で有名なリチャードブランソン氏が私財を投げうってまで救出したいと言っていることからも経営が危ない状況である事も分かります。

【悲報】バフェット氏、航空株すべて売却との事。「コロナで世界は変わる」

  • ヴァージンギャラクティクスは大丈夫なのか?

ヴァージンギャラクティクスは下記記事で紹介しているように、宇宙旅行会社です。少なくともコロナの状況下で宇宙旅行に行こうという方はいないでしょうし、こちらの経営に関しても厳しいのではないかと思います。

【宇宙】株価急騰!?宇宙旅行会社virgin galacticsへの投資は博打か?

また、資金に関してもヴァージンアトランティック社に足を引っ張られる形になり、宇宙開発に資金供給出来ない事も考えられます。

  • 飛行機を利用する人は戻らないのか?

少なくともコロナウイルスによる強制自粛でテレワークでも仕事が出来てしまう事を感じた経営者が多いと思われます。飛行機を利用する客は0になるということはないでしょうが、海外出張の頻度は減らす会社が多くなりそうです。また、経費がかかる業態である航空業は戦略を変えるなり、事業の縮小を進めるなりしないと、厳しくなるでしょう。

まとめ

  • 株を買う時は固定費がかからないビジネスの株に投資をするのが良い
  • 航空会社の先行きは不透明だが、これまでと同様に客は戻らないのではないか
  • 固定費がかかるビジネスである航空業の倒産は今後も増加する
トップへ戻る