【朗報】国からの給付金10万円を何に使うか?給付金の申請方法とは?

来年の消費増税、見送りの可能性(1)…安倍首相、再び選挙のカードに利用

「令和2年(2020年)4月27日時点の住民基本台帳に記載されている人」。これに当てはまる人全員が一律10万円給付される事が決定されました。

10万円給付は嬉しい事ですが、給付金の申請方法について知っておく必要がありますし、どのように使うかを悩む方も多いはず。そこで私が、給付金の申請方法、10万円の使い道を紹介します。

給付金の申請方法とは?

決定された「新型コロナ特別定額給付金」のポイントは、次の通りです。

給付対象者

基準日である2020年4月27日時点で、住民基本台帳に氏名が記録されている人です。収入による条件はありません。また、年金受給者、失業保険受給世帯、生活保護の被保護者も支給対象です。生活保護制度の被保護者の収入認定に際しては、収入として認定されません。

給付額

給付対象者1人につき10万円(一律)です。従来の「生活支援臨時給付金」(特定の世帯に一律30万円給付)は、今回の制度に切り替えとなりました。

給付金の申請、給付の方法

申請は、ウイルス感染拡大防止の観点から、市区町村の窓口ではなく、下記の2つの方法が基本となります。給付金は、原則として申請者の本人名義の銀行口座に振り込まれます。ただし、やむを得ない場合に限り、窓口での申請および給付が認められることになっています。

郵送申請

申し込みに必要な申請書が、市区町村から受給権者(世帯主)宛に郵送されてきます。それに記入の上、振込口座の確認書類、本人確認書類の写しとともに、市区町村に郵送します。

申請に必要な書類について、総務省ホームページでは

  • 振込先口座確認書類:金融機関名、口座番号、口座名義人が分かる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写し

  • 本人確認書類:マイナンバーカード、運転免許証等の写し

となっています。なお、本人確認書類の「運転免許証等」の「等」が具体的に何を指すのかは、現時点では明示されていません。

オンライン申請(マイナンバーカードを持っている人のみが利用可能です)

政府が運営する「マイナポータル」から振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請を行います。電子署名により本人確認を行い、本人確認書類などは不要です。

どうやら今はサイトの整備中で、後日案内されるそうです。

https://myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form

受付および給付開始日

これについて総務省は、「市区町村において決定(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指すものとする)」としています。

つまり、「住んでいる市区町村により違う」ことになりますが、「人口規模の小さな自治体では、5月からの給付が可能ではないか」(高市早苗総務大臣)という見解を示しています。

申請期限

この給付金には、申請期限も設けられています。具体的には、いま説明した市区町村が決定した申請受付開始日から「3ヵ月以内」となります。これを過ぎると受け取れなくなりますので、注意してください。

給付金10万円は何に使うか?

何に使うのが良いのか?世の中の動向は?

1人10万円、家族がいらっしゃる方であれば、家族4人だと40万円になります。この資金を娯楽に使うのか、生活費に使うのか、それとも投資に使うのか。皆さんも色々計画を立てているかもしれません。

コロナショックによってすでに日本だけでも90件を超える企業の倒産が確認されています。この数は今後さらに増えていくでしょう。

収束までにまだまだ時間は掛かるのは間違いなく、例え緊急事態宣言が解除された後も、飲食店やホテル旅館などにコロナ拡大以前のようにすぐに人が戻るとも思えません。

インバウンド事業に関しても、海外から日本への旅行者が急激に元に戻るというのもあり得ないでしょう。様子見しながら、長い時間を掛けて少しずつ回復していくという事が予想されます。

三菱自動車は260億円の最終赤字、ソフトバンクグループも3月期の業績予想として営業利益は9000万円の赤字赤字と発表しています。私自身も含め、大企業に勤めているから安泰という事は無く、危機感を持った人も多いはずです。

英語に使うのも良い

一口に投資と言っても、自己投資としてスキルを高めるために資金を投じるのもいいかもしれません。私は米国に留学経験がありますが、英語が話せる、読めるだけで投資の幅やキャリアの幅が広がっていきます。

コスト対費用効果が大きいのがTOEICです。800点あれば、英語が出来る人物として認識されますし、転職するにも有利に働くでしょう。

【必見】英会話力を付け、TOEIC800点以上取得する方法

10万円は使い方によっては人生を大きく変える額でもあります。コロナによって経済の先行きも不透明な状況ですので、無駄に使わずに有効に使う方法を模索したいところです。

筆者は何に使うか?

私は10万円は貯金か株に使うことを考えております。株を買うなら日本株なら下記の2銘柄と決めております。

  • ebase 3835

まずはebaseです。この銘柄は私が四季報を読んで見つけた銘柄で1200円台の時に買っているので、追加買い増しを検討しております。

なお、こちらの銘柄はリーマン・ショックでも黒字を維持した銘柄で、4/1より、株式分割を行っています。

【朗報】コロナウイルス下でも株価絶好調!!パッケージソフトで躍進を続けるebaseについて

【朗報】ebase (3835)、いちよし証券のレーティング変更により、217円の上昇

  • フィックスターズ 3687

フィックスターズは量子コンピュータやFPGAの高速化を行うためのソフトウェアを開発する企業です。自動運転などの画像処理ソフトは処理に時間がかかりますし、処理に使用する論理回路であるFPGAも大規模になるとデバッグだけで1日かかってしまう事もあります。

それだけ処理の高速化は求められている分野です。自動運転やAIなどの第4次産業革命銘柄の筆頭とも言えます。

財務を見ると、売上高営業利益率は14~20%と高水準です。ROEは27%、自己資本比率は79%と財務は抜群に良いです。PERが55倍と割高なので、まだ手を出したくないですが、株価が1000円を切ったあたりで投資したいです。

売上高営業利益率は14~20%と高水準です。

営業C/Fは増加傾向にあります。

まとめ

ノーリスクで10万円貰えるなんて事はそうそうありません。国から貰った10万円を有効に使い、収入増+株式への投資で経済的独立を目指していきます。

トップへ戻る