【朗報】日本政府、家計向け追加給付検討へ。1人10万円案が浮上!

1万円札専用の豚の貯金箱

中国武漢発の新型コロナウイルス感染は今世界中に拡散しています。コロナによる景気減速による影響で追加で家計向けに現金給付を行うことを政府は決定しました。その額は何と10万円とのことです。現時点で分かる内容を当記事で紹介します。

記事抜粋

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府・与党は家計向けの追加の現金給付策を検討する。2020年度補正予算案の成立後、第2次補正予算案の具体化に着手する。

与党は国民1人当たり10万円を配るよう求めている。減収世帯に30万円を支給する施策に続く家計支援策になる。安倍晋三首相は15日、公明党の山口那津男代表と会談した。山口氏は所得制限を設けず国民1人当たり一律10万円を渡すよう求めた。

菅義偉官房長官はその後の記者会見で「首相は『(20年度)補正予算を速やかに成立させた上で、方向性を持ってよく検討したい』と山口氏に応答した」と述べた。「与党の意見を踏まえ政策をつくるのは当然だ」とも話した。

14日には自民党の二階俊博幹事長が「一律10万円の現金給付を求めるなど切実な声がある。できることは速やかに実行に移すよう強力に申し入れたい」と発言していた。

政府は生活に困っている人への30万円の現金給付を盛り込んだ第1次補正予算案を来週に国会に提出する。追加の給付策の検討はその成立後だ。

もし国民1人当たり10万円を給付するなら12兆円超の財源が必要になる。当初予算や第1次補正で確保する財源では足りないため、実行するなら2次補正が不可欠だ。

30万円の現金給付が始まるのは、第1次補正予算案が成立後の5月以降になる見通しだ。政府は7日に緊急事態宣言を出し、国民に外出自粛を呼びかけた。東京都も事業主に営業の自粛や縮小を求めており、経済の急速な悪化が懸念されていた。

10万円給付の条件は?

今のところはまだ政府からは何も発表はないため、分かりません。今回の給付は所得制限を設けない可能性があります。30万円給付は5月以降との事から、現金給付は6月以降になりそうですね。

もしも10万円給付されたら何に使うか?

10万円がもし給付されたら、私は株に使います。後は自己投資かな。最近プログラミング wp始めているので、プロゲートの有料版に1ヶ月課金しようと思っております。

10万円を飲み食いの消費に使ったら、それっきりでお金を産みませんからね。株に関しては、私が現時点で買いたい銘柄は1銘柄です。それはebaseという銘柄です。株式分割をしてから株価は絶好調です。さらに、決算で業績の上方修正も発表しています。

ほとんどの企業がコロナで下方修正を発表する中、上方修正する企業は強いです。

【朗報】ebase (3835)、いちよし証券のレーティング変更により、217円の上昇

【株式投資】ピンチはチャンス。今買いたい!株をリストアップしてみた

まとめ

  • 10万円給付は所得を設けない可能性あり
  • 給付されたら株購入の一択
トップへ戻る