【株式投資】ピンチはチャンス。今買いたい!株をリストアップしてみた

中国武漢発の新型コロナウイルス感染は今世界中に拡散しています。米国の中央銀行、FRB はリーマンショック時をはるかに上回る金融緩和策をすでに宣言しています。なのでコロナが終息すれば米国発のマネーバブル大相場がやってくると予測します。いずれ来るバブルを見据えて、果たしてどんな銘柄を選べば良いのか、下記で紹介します。

買いたい銘柄まとめ

ebase 3835

私は日本株では投資するなら2銘柄です。まずはebaseです。この銘柄は私が四季報を読んで見つけた銘柄で1200円台の時に買っているので、追加買い増しを検討しております。

なお、こちらの銘柄はリーマン・ショックでも黒字を維持した銘柄で、4/1より、株式分割を行っています。

【朗報】ebase (3835)、いちよし証券のレーティング変更により、217円の上昇

フィックスターズ 3687

フィックスターズは量子コンピュータやFPGAの高速化を行うためのソフトウェアを開発する企業です。自動運転などの画像処理ソフトは処理に時間がかかりますし、処理に使用する論理回路であるFPGAも大規模になるとデバッグだけで1日かかってしまう事もあります。

それだけ処理の高速化は求められている分野です。自動運転やAIなどの第4次産業革命銘柄の筆頭とも言えます。

財務を見ると、売上高営業利益率は14~20%と高水準です。ROEは27%、自己資本比率は79%と財務は抜群に良いです。PERが55倍と割高なので、まだ手を出したくないですが、株価が1000円を切ったあたりで投資したいです。

私は900円で指値を入れています。

フィックスターズは量子コンピュータやFPGAの高速化を行うためのソフトウェアを開発する企業です。売上高営業利益率は14~20%と高水準です。

営業C/Fは増加傾向にあります。

apple

バフェット銘柄の代表でもあるアップルですが、ここまで生活に根付いた以上、潰れるなんて事は考えにくいです。AIRPODも調子が良いです。

最近私がハマっている中国ドラマでもmacのPCで仕事をするシーンやiphoneを使って連絡するシーンが度々出ており、無くては生活が成り立たないものになっています。

PERが20倍を切る240ドルあたりが買い時になってきます。なお、アップルの財務データはこちらです。アナリストの目標株価は276ドルです。

コカコーラ

こちらもアップルと同様バフェット銘柄です。この会社が潰れるなんて事は考えにくいです。私も150万円程はコカコーラに投資をしていますし、キャッシュが入り次第、まだまだ投資をしていきます。

現在の株価は43ドルと私が買い増しするラインに近づいています。私は40ドル切った辺りなら間違いなく投資して良いと思っております。

まとめ

上記で上げた銘柄を中心に買い付けを行っていきます。お金がお金を生む仕組みを作るためには投資が一番です。みんなが弱気になっている時こそチャンスなので、これまでと同様に投資は一貫して継続していきます。

相場観ですが、コロナで下げた株はコロナで戻す!と踏んでおり、おそらく年央には株価は戻すでしょう。半値戻しは全値戻しという格言があるように、23500ドルにNYダウがつけた辺りから株価は戻すと踏んでおります。

相場は2番底をつけてから上昇するので、18900円の底の後の2番底模索局面を経て、23500ドルを超えた辺りから29000ドル目掛けて上昇するだろうと思っております。

なお、楽観シナリオになるには、トランプ大統領の再選がポイントになります。私の予想ではトランプ再選ですので、頑張ってもらいたいところです。

トップへ戻る