【快適】テレワーク導入を企業が推し進めた結果、特に仕事に支障ないと話す人が多い件

連休明けの仕事ができない人の机

コロナウィルスの影響でテレワークを企業が推進しています。特に通勤が酷い東京では働き方改革が必要と言われていました。コロナウィルスの感染拡大で在宅勤務やテレワークへの対応を数多くの企業が取る形になりました。テレワークの実施効果やテレワーク関連銘柄を紹介します。

ニュース記事抜粋

新型コロナウイルスの感染拡大で、社会の人の動きが大きく変わりつつある。日本経済新聞が各種データを分析したところ、繁華街の夜の人出は半減し、オフィス街の昼間人口も2割減った。在宅勤務も急拡大している。

企業はもともと東京五輪に向けて働き方改革の推進などを求められていた。感染拡大はその前倒しを迫った形で、業務改革が加速する可能性もある。

  • 繁華街は閑散

4日午後9時。東京・銀座のある飲食店では170の席数に対し客は15人ほどだった。「この数週間で客足が明らかに減った。減り幅が予測できずスタッフ数を抑えることもできない」。店員は困惑の表情だった。

日本経済新聞は米衛星情報会社オービタルインサイトのデータサービスを使い、東京・銀座と大阪・北新地の午前0時の人口を調べた。1月は前年とそれほど変わらなかったが、2月以降は両地区とも大きく前年を下回っていた。いずれも水曜日の今年2月26日と昨年2月27日を比べると銀座は47%減、北新地は46%減だった。

 

最大の要因は企業が飲み会や接待の自粛に動いていることだ。メガバンク勤務の40代男性は「自分たちから声がけしての業務関連の会食は禁止、誘われた会合も原則断る。私用でも6人以上の会は控えるよう会社から言われた」と話す。

 

飲食店への打撃は甚大だ。中・高価格帯の登録が多い予約サービス「テーブルチェック」では、通常9%程度のキャンセル率が2月末には20%を超えた。

 

北新地でクラブを営む女性は「2月は売上が前年同期比7~8割減り、開業から4年で初めて赤字となった。近接する京橋で感染者がでた影響などがありそうだ。例年なら送別会でかき入れ時にもかかわらず、大変厳しい」と語った。

 

中韓からの入国制限も追い打ちをかけそうだ。銀座のある免税店の男性従業員は「現状でも客数は9割減。今回の措置でついにゼロになるかもしれない」と嘆く。

 

  • 在宅勤務により、日中は閑散とする

新型コロナを機に在宅勤務を取り入れた電通や資生堂の本社がある東京・汐留地区。KDDIの携帯通信契約者のうち、個人を特定しない前提でデータ分析の対象にする同意を得ている数百万人分の位置情報データを解析してみた。安倍晋三首相が政府の対策本部でテレワークなどを呼び掛けた翌日の2月26日から28日の同地区の日中の勤務者人口は、前年同期より約20%も少なかった。

資生堂が従業員約8000人を対象に原則出社を禁止するなど、徹底した在宅勤務を求めたことが、昼間人口の大幅減としてはっきり表れた。

 

富士通は同地区に約4500人の社員が勤務する。一部導入済みだったテレワークを今回は全社的に奨励するようにした。以前は週2回、月8回までと定めていたが、新型コロナウイルスへの対応期間中は制限を取り払った。また、テレワークが難しい社員には時差通勤を促した。

 

実際、午前6時台は前年比9%のプラスだった一方、同8時台は2割以上減り、時差出勤が広がる現状も浮かんだ。同地区勤務で最近テレワークを始めた30代女性は「仕事に支障はない。今から思えば定時出社の意味は何だったのか」と振り返る。

汐留に勤める20代女性は「普段は8時過ぎに駅の改札を出ると通勤者でごった返していて、ぶつからないように立ち止まらないといけないこともある」と話す。だが「2月以降は会社の方向にすんなりと進めるようになった」。

 

反対に、それより早い時間に毎日出勤するという40代男性は「以前よりかえって混雑するようになった」と明かす。感染のリスクを減らすため、満員電車を避ける時差出勤が広がっている現状も浮き彫りになった。

そもそもテレワークって何か?リモートワークとの違いは?

  • テレワークとは

総務省では、テレワークを統一して使用しており、次のように定義されています。

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方です。

テレワークをするメリットや企業への導入率などの詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。

  • リモートワークとは

一方あるwebサイトでは、リモートワークに関して次のように説明しています。

「リモートワーク」とは、在籍する会社のオフィスに出社せず、自宅やレンタルオフィスなど、会社から離れた場所で業務を遂行する勤務形態。ほぼ同義のテレワークやいわゆる在宅勤務を、こう呼び替えるケースが増えています。

結局、テレワークもリモートワークも同じような意味です。

 

ニュースについて管理人が思う事

そもそも定時出社の意味は何だったのかという事ですね。しっかり成果を出す事が出来ればそれで良いですし、共働きも増えていますからわざわざ通勤電車に乗ってオフィスまで行く意味もないはずです。

私は東京の満員電車が嫌で都心で就職するのはやめましたが、今後企業がこうした柔軟な対応を取るのであれば、都心での勤務も視野に入れていきます。習慣になっているからそもそも定時出社している意味を考えていなかったのでしょう。江戸時代の参勤交代制度と同じようなものですね。

まとめ

  • 定時出社の意味はない
  • テレワークの導入企業にはNTTデータやSUBARU、日産などの上場企業もある
  • chatworkやZOOMビデオコミュニケーションなどテレワーク関連銘柄は伸びが期待出来る

トップへ戻る