【朗報】中高年も「飲み方改革」が進む!酒抜きで健康にカッコよくなれる。

今年も一年お疲れさまでしたの一杯

飲み会が嫌いな人に朗報です。私は株式投資を本格的に初めてから2年経つのですが、飲み会に使うお金すら惜しんで株式を買いたいと思っています。ですので、行きたくない飲み会は全キャンセルしています。そんな中、中高年の間でも飲み会離れが進んでいるとの事です。詳細をお伝えします。

記事内容

中高年にアルコール離れが広がっている。厚生労働省によると、40~49歳で飲酒習慣のある人は2017年に25%と、15年間で5分の4に減った。酒を出さない飲食店や節酒指南の専門外来も登場した。いまや「飲まないのがカッコいい」との風潮もある。

東京都の私立高校に勤める浅倉努さん(41)は1月、出張先の大阪市内で友人の池永明史さん(40)と焼き肉を囲んだ。「乾杯!」と掲げたグラスの中身は、お茶。半年ぶりの再会は酒なしで進んだ。

2人がいるのは会員制焼肉店「三代目脇彦商店本店」(福島区)だ。6000円からのコースはお茶とご飯がおかわり自由だが、酒類は出さない。酒抜きの方が会話に集中でき「飲まなくても楽しめる」と池永さんが予約した。

「本来の肉や米の味を楽しんでほしい」と18年9月に開店したものの、責任者の浜田優史さん(43)は「酒なしで本当に人が集まるのか」と当初は不安だった。ところが予想外に会員が集まり、19年8月には2号店を名古屋市に開いた。

入会費3000円の会員数は大阪・名古屋で計2万人に達した。「健康に気を使う人や、酔うことによるトラブルを避けたいという声もあった」

厚労省の調査では、お酒を週3回以上飲む「飲酒習慣層」は中高年でも減っている。ニッセイ基礎研究所の久我尚子主任研究員は08年に40歳以上にメタボ健診が導入されて「健康意識が高まり酒離れが進む契機となった」と話す。

北茨城市民病院付属家庭医療センター(茨城県)は19年1月に「飲酒量低減外来」を設けた。主にアルコール依存症を扱う精神科を除き禁酒や節酒を支援する専門外来は全国初だ。「健康や節約のため酒量を減らしたい」という患者が約30人通う。

同県日立市の60代男性は多いときで焼酎水割りを1日8杯飲んでいたが、受診で1カ月の断酒に成功。「飲んで気分が落ち込むのを変えたかった」という。

診療する筑波大の吉本尚准教授は「無理のかからないペースでお酒を減らしてもらう」。急にやめれば逆に飲みたくなり、失敗して自分を責める人もいる。患者の状態をみて医師が助言すれば続きやすい。缶なら本数を減らす、アルコール度数を9%から5%に下げるといった具合だ。

米国ではあえて酒を飲まない「ソーバー・キュリアス(しらふ好き)」がトレンドでインスタグラムの関連ハッシュタグは投稿が50万件を超えるものもある。「若者中心に『飲まないのがカッコいい』とする風潮がある」

記事内容について

アメリカに留学していたから分かりますが、アメリカ人はそもそもお酒をあんまり飲まないです。酔潰れるほど飲むのって日本人くらいです。

アメリカで流行った事は数年遅れで日本で流行るので、健康志向もあいまってこの流れは加速していきます。ビール自体が糖質の塊なので健康にもよくないですし、翌朝にお酒も残りますので、私は好きではないです。飲み会が好きという方もいらっしゃいますので、飲む時はほどほどにするのが良いです。

お酒を飲んだ後についラーメンを食べてしまう方、お酒を飲んだ後にラーメン食べても太らない方法を紹介しています。

お酒を飲んだあとにラーメンを食べても太らない方法9選を紹介する

ラーメン、焼き肉食べてもOK!帳消しダイエットでダイエット成功する方法14選!

ビール銘柄の売上は落ちる?

こうした流れが進むとビール銘柄の売上は落ちるのでしょうか?ビールメーカーの株価を見てみました。株価だけ見るとアサヒの一人勝ちです。サッポロとキリンは似たような値動きをしています。

  • アサヒ

株価は2677円です。(2/25現在)

  • サッポロビール

株価は2/24現在は2321円です。(2/25現在)

  • キリンビール

株価は2120円です。(2/25現在)

  • 指標

PERは11倍、自己資本比率は42%、ROEは13倍と日本企業の中では優秀な数値です。配当利回りも4.86%あります。

  • 売上、営業利益推移

参考までにアサヒの売上、営業利益推移を示しています。売り上げは2015年以降減少しており、2017年には営業利益が20億円まで減少しています。その後、営業利益は9.5倍の190億円まで回復しました。

売上高も2017年から回復し、2020年まで増加しています。

  • キャッシュフロー

ここ3年間の営業c/fはマイナスです。財務c/fがプラスであることから資産を処分、もしくは増資で資金調達していることが分かります。フリーC/Fもここ2年間はマイナスですし、資金繰りは良い状況とは言えません。

まとめ

  • 飲み会は淘汰されていく
  • アサヒの配当利回りはなんと4.86%!ここ近年の資金繰りを見る限りは営業C/Fがマイナスで、財務C/Fがプラスである事から、営業C/Fでマイナスの分、資金調達をしており心配
トップへ戻る