【朗報】2019年第4Q決算が順調!ガーミンの決算書を読んで今後の予想をしてみた

某大企業による終身雇用制の否定、国による副業の後押し、10月からの消費増税、更には日本円の価値がインフレで下がっている一方で、税金はどんどん上がっています。

会社員でも株式投資をして資産運用をすることが大事になりますが、私は特にアメリカ株に重点をおいて運用しています。ランナーの方にはお馴染みのガーミン株について紹介します。

GRMN株について

会社概要

ガーミンはグローバル・ポジショニング・システム(GPS)機能搭載の携帯・固定型ナビゲーション装置と通信装置を設計、開発、製造、販売を行っています。

カーナビゲションシステムとモバイルGPS市場向けアプリケーションに加え、船舶用ネットワーク製品、多機能ディスプレイ、航空機用GPSユニット内蔵ナビゲーションシステム、着陸装置、飛行計測システムを提供しています。

さらに、GPSユニットを利用したランニング用時計や水泳用、登山用の計測時計も販売しています。セグメント毎の売上、営業利益は以下です。FITNESS、OUTDOOR向けで約5割の収益を出しています。

更に、キャッシュレス化に向けた取り組みも行なっています。「GarminPay」という専用のサービスを導入しています。こうした取り組みにも投資をしている点にも好印象ですね。

株価チャートはこちらです。2015年〜2016年で株価は下げていますが、ここ5年間は高値更新中です。現在の株価は104ドルです。

決算内容

2019年第4Qの決算内容です。ざっくり概要を以下にまとめました。

https://www8.garmin.com/aboutGarmin/invRelations/releases/2019_Q4_Press_Release.pdf

  • Garmin reports strong revenue and operating income growth; proposes 7% dividend increase

7%の配当増額との事。

  • Total revenue of $1.102 billion, an 18% increase, with fitness, aviation, marine and outdoor collectively increasing 24% over the prior year quarter

前年四半期に比べて、fitness、aviation、outdoorで24%の売上高上昇

  • Gross margin of 58.0% compared to 58.9% in the prior year quarter

粗利益は58%と前年四半期に比べて0.9%の減少。

  • Operating margin improved to 25.1% compared to 23.9% in the prior year quarter

前年四半期に比べて、営業利益は23.9%→25.1%への上昇

  • Operating income of $277 million, increasing 24% over the prior year quarter

前年四半期に比べて、営業利益は2億7700万円で前年比24%上昇

  • GAAP EPS was $1.89 and pro forma EPS(1) was $1.29, representing 26% growth over the prior year quarter

前年四半期に比べて、EPSは1.89$/1株で26%の上昇。

  • The ForceTM trolling motor and GPSMAP® 86i were awarded the highly competitive DAME design award at METSTRADE

ForceTM、GASMAPはMETSTRADEでデザイン優秀賞を受賞。

  • Selected by Ford to provide electric vehicle navigation software on the next-generation SYNC platform for the Mustang Mach-E

次期型マスタングのソフトウェアプラットフォームに採用された

こちらが数値です。Automotive向けの収益が10%ほど減少しています。その他については文句なし。

ガーミンの取り組み:2019年まとめ

下記は2019年全体の決算についてです。

  • Record consolidated revenue of $3.758 billion, a 12% increase, with fitness, aviation, marine and outdoor collectively increasing 18% over the prior year

fitness、aviation、marineが12%の収益増加、outdoorが合計で18%収益増加で37億ドルの総収益

  • Gross margin improved to 59.5% compared to 59.1% in the prior year

粗利益は59.5%に上昇

  • Operating margin improved to 25.2% compared to 23.3% in the prior year

前年に比べて、営業利益は23.3%→25.2%への上昇

  • Record operating income of $946 million, increasing 21% over the prior year

営業利益は前年比率21%の増加

  • GAAP EPS was $4.99 and pro forma EPS(1) was $4.45, representing 21% growth over the prior year

EPSは実績ベースで4.45$/shareから4.99$/shareへの上昇

  • Selected by BMW AG as their lead design and production partner of infotainment modules for the BMW Group, validating Garmin as a tier 1 supplier to the world’s most respected brands

BMWにインフォテイメントモジュールに採用された。Tier1サプライヤーとして認めてもらったと言える

  • Unveiled the Garmin Autoland system for general aviation, designed to safely land the aircraft in the event of a pilot incapacitation

Garminの自動着陸システムにより、パイロットが操縦不能になった時でも使える

  • Completed several strategic acquisitions to strengthen our product portfolio, including Tacx®, a leading provider of indoor bike trainers

製品ラインナップを拡充できた。インドアロードバイク向けに。

  • Launched the fēnix® 6X Pro Solar, our first wearable featuring solar harvesting technology

太陽光技術を使った製品の6X Pro Solarがリリースされた。

  • Named one of America’s Top 5 Best Employers by Forbes

アメリカのトップ5雇用者としてフォーブスから表彰された

気になる記述

順風満帆に思える業績ですが、気になる記述も見つけたので紹介します。営業費用が11%増加、R&D費用は12%増加、SGA比は10%増加、広告費は13%増加で固定費が増えているということです。

Additional Financial Information: Total operating expenses in the fourth quarter were $363 million, an 11% increase over the prior year. Research and development increased 12%, primarily due to engineering personnel costs and incremental costs associated with acquisitions. Selling, general and administrative expenses increased 10%, driven primarily by personnel related expenses and incremental costs associated with acquisitions. Advertising increased 13%, driven by higher spending in the fitness and outdoor segments.

フリーC/Fについて

フリーC/Fについての記述です。経営層もフリーC/Fについては重要視しているとのことです。こういった事をSEC fillingsに明記しているのは珍しいのではないでしょうか。

その言葉を体現する通り、2018年に比べて2019年はフリーC/Fは増加しています。

Free cash flow Management believes that free cash flow is an important financial measure because it represents the amount of cash provided by operations that is available for investing and defines it as operating cash flows less capital expenditures for property and equipment.

Management believes that excluding purchases of property and equipment provides a better understanding of the underlying trends in the Company’s operating performance and allows more accurate comparisons of the Company’s operating results to historical performance.

This metric may also be useful to investors, but should not be considered in isolation as it is not a measure of cash flow available for discretionary expenditures. The most comparable GAAP measure is net cash provided by operating activities

まとめ

GRMN株についてお伝えしました。私はガーミンのユーザーとして会社を応援していますし、業績から見ても優良企業そのものなので投資をします。今期の業績については固定費が増加している点以外は言う事なしです。

営業利益が25%もあり、業績も順調でなおかつ経営陣がフリーC/Fに関してもしっかり考えていることから、まだまだ投資価値はありそうです。上値の狙いは120ドルあたりかな。

トップへ戻る