【必見】米国株は30000ドルを目指す展開で債務超過企業多数あり。投資家の対策方法とは?

当ブログを読んで頂いている方は米国株を購入している方が多いかと思います。トランプ大統領の大幅な所得税減税、法人税減税策、FRBへの介入で低金利が続いています。その結果、米国企業が債務超過との事で、投資家の打てる対策をお伝えします。

記事抜粋

米有名企業が債務超過となる事例が続いている。2019年はスターバックスやボーイングなどが加わり、債務超過額の合計は650億ドル(約7兆2千億円)と金融危機だった08年以来の高水準となった。

自社株買い・配当、純利益を上回る

QUICK・ファクトセットで集計すると、19年度(決算未発表の企業は直近四半期)は米主要500社のうち24社が債務超過になった。社数は右肩上がりで増え、08年(17社)を上回った。

ボーイングは「737MAX」の運航停止問題で、19年12月期は6億ドルの最終赤字に陥った。それでも46億ドルの配当や26億ドルの自社株買いなど株主還元策を実施して資本を取り崩し、83億ドルもの債務超過となった。

債務超過は08年以来で、超過額も当時の6倍以上だが、デビッド・カルホーン最高経営責任者(CEO)は「将来劇的な変化が起こらなければ配当を続ける」と言い切る。

米企業では財務の健全性よりも、稼いだ利益を株主に還元することを優先する意識が強い。株価上昇に連動して経営陣の報酬が上がる仕組みをとる企業も多く、過去数年は株価重視の利益分配が強まっている。

 

債務超過に陥ると金融機関の融資が受けにくくなる日本と異なり、米国では債務超過がすぐに経営不安にはつながらない。

収益から投資額を引いたフリーキャッシュフロー(純現金収支)の黒字が続く見通しなら、借金返済を迫られる懸念は小さいためだ。マクドナルドのケビン・オザン最高財務責任者(CFO)は「純現金収支は強固で、株主還元の目標を達成できた」と語る。格付け会社も投資適格のトリプルBを与えている。

歴史的な低金利がこうした動きを後押ししている米連邦準備理事会(FRB)による利下げや世界的なカネ余りを背景に、米社債の平均金利は1月に2.64%と過去最低を更新したマクドナルドやスターバックスは19年に3%台の金利で30年債を発行した。

金利上昇ならリスクも

空前絶後の肉まんを食べる男性

債務超過ではない企業にも同様の動きが広がる。エクソンモービルは19年1~9月に負債を約150億ドル増やし、純利益を上回る金額の配当を株主に分配した。IBMも借金を増やし、純利益と同水準の自社株買いと配当を実施している。

米主要500の負債は19年末に5兆330億ドルと、前年より6130億ドル増えた。増加額は過去最大だ。米企業の自己資本比率も34%と08年以来の低水準だ。

借金を通じて株式よりも低いコストで資金を調達できれば収益拡大の可能性が広がる一方、経営が悪化すれば資金繰りが行き詰まるリスクも高まる。08年の金融危機のように、何らかのきっかけで金利が急上昇すれば、破綻する企業が続出しかねない

投資家の打てる対策

現在のNYダウの株高は債務超過を加速させていると頭に入れておきましょう。ジェフリーガンドラック氏は2024年までにはアメリカの長期金利は6%まで上がると予想しています。この方の相場予測は当たるので、注視しておく必要があります。

2019年10月以降〜2024年までの日経平均、NYダウの相場を大胆予想してみた

そして、この状況で投資家の打てる対策としては2つです。

  • 自己資本比率の低い企業には投資しない

まずは、極端に自己資本比率が低く、なおかつ営業C/Fマージンが低い企業には投資しないことです。私は営業C/Fがプラス推移、自己資本比率がプラス、なおかつ無借金銘柄を中心に株式を保有しています。

【報告】HappyLifeを送るために、27歳凡人サラリーマンが新年の目標を立てた

  • 自己資本比率の低い企業に投資している場合は逆指値で対策を打つ

逆指値に関しては、こちらの記事で紹介しているので、面倒でも必ずやりましょう。失敗する可能性が減り、むしろ強気で投資が出来る様になります。

【株式投資】初心者必見!損切り額の設定方法

【米国株投資家必見】暴落来てもOK。トレールストップ機能で5秒で解決出来る

まとめ

  • 米国の債務超過リスクは怖い
  • 投資家としてはトレールストップや逆指値で急落時の対策を打っておく
  • ジェフリーガンドラックは2024年には米国の金利が4〜5%まで上昇すると予言しており、企業の倒産リスクもある。
トップへ戻る