【悲報】日産、新型肺炎で九州工場を一時停止へ。株価はまだ下げ止まらない件w

「スカイライン」の画像検索結果

関副COOの離脱で打撃を受けている日産ですが、新型肺炎でまた打撃を受けることになりました。日産自動車の九州工場を一時停止するそうです。詳細は下記記事からどうぞ。

記事抜粋

日産自動車は九州の完成車工場の稼働を一時停止する。新型コロナウイルスによる肺炎の影響でサプライチェーン(供給網)が混乱し、中国から部品を調達しにくくなっているためだ。トヨタ自動車は10日から国内のエンジン工場の一部を停止した。新型肺炎で中国の完成車や部品の生産が停止し、日本の自動車メーカーの国内拠点にも稼働停止や減産の影響が及んできた。

中国では10日から半月ぶりに工場などの操業が再開したが、自動車関連の生産が正常化するには時間がかかる見通しだ。中国との取引が滞れば、他の国内工場の稼働にも影響が出て減産が長期化する可能性もある。

日産は子会社の日産自動車九州の工場で14日に2つある生産ラインを全て止め、17日は主に輸出車をつくるラインを止める。同工場は早くから中国製の部品を取り入れており、新型肺炎によるサプライチェーンの混乱の影響が大きかったとみられる。

日産自動車九州の生産台数は2018年度で43万4000台と、日産の国内生産全体の半分程度を占める。日本で売るミニバンや、北米への輸出が多い多目的スポーツ車を生産する。今回の工場の停止による影響は3000台規模とみられる。

中国にある4工場の再稼働は予定より1週間ほど遅らせる方針だ。湖北省の工場はこれまで14日からの再稼働を目指すとしていたが、20日以降に延期する。10日以降の再開を目指していた広東省などの工場は、17日以降に遅らせる。

一方、トヨタは10日から、エンジンなどを生産する下山工場(愛知県みよし市)などの生産ラインの一部を停止した。中国にある4つの完成車工場は稼働を止めており、連動して中国向けにエンジンなどを生産しているラインの一部を止めた。

トヨタは現地企業と設立した合弁会社が持つ天津市や四川省などの4工場で最短10日の再開を目指していたが、17日以降に再稼働を延期した。再開時期については新型肺炎の感染拡大や部品調達の見通し、従業員の出勤可否や物流などの状況を総合的に判断する。

日本貿易振興機構によると、18年に中国から日本に輸入された車部品の総額は約3470億円だった。日本に輸入される部品の中では中国製は約3割を占める。中国から部品を調達しにくい状況が長引くようだと、他の日本車メーカーの国内生産にも大きな影響を与えそうだ。

いすず自動車が中国から輸入する自動車部品のターボチャージャーの一部部品は武漢で生産されていた。代替調達などの対策を進めるが、中国国内の物流などで時間がかかるようだと、日本国内の生産に影響が出かねない。

日産の業績を見てみた

課題が山積の日産ですが、打開策はあるのか?という事で業績を見てみました。

  • 株価チャート

現在の日産の株価は587円です。2019年7月ごろの安値を下回っており、とうとう600円を割りました。こうなると株価は底なし沼です。

一番底の模索局面が続きます。株価のチャートは1番底をつけてから、反転上昇します。つまり、1番底がどこになるかの見極めが重要です。

  • 売上高、営業利益

売上高は横ばいですが、営業利益が減少しており、2020年には2018年と比べると営業利益は1/4になります。2021年には改善見込みです。この改善分は北米市場によるものです。

総資産と自己資本を見てみましょう。自己資本比率は28%ですが、有利子負債の額が大きいです。総資産のうち、50%が負債です。

ROEは6%、ROAは1.7%と低水準です。

まとめ

  • ゴーンさんの訴訟も長引くし、コロナで打撃は受けるし、泣きっ面に蜂の日産ですが頑張ってほしい
  • スポーツカーのGT-RやZはセンスあると思うので、大衆車でも存在感ある車を出して欲しい
トップへ戻る