【タピオカ】タカラトミー、自作でタピオカが作れる「タピってグー」を販売。株価回復なるか?

2019年を振り返って見ると、タピオカが大人気になり、「タピる」という表現も出来るほどでした。有名タピオカ店には主に女子高生が殺到していました。トミカや遊戯王などで有名なタカラトミーが自作でタピオカが作れる器具を販売しました。 本記事では、タカラトミー及び、「タピってグー」についてお伝えします。

記事抜粋

注目の新製品や新サービスをピックアップ、市場性や開発者の声などから、日経トレンディ記者が大胆に「ヒット予報」をする。今回取り上げたのは、自宅で簡単にタピオカ風スイーツが作れる「タピッてグー!」だ。

卵かけご飯に豆乳かき氷。グルメトレンドを玩具に取り込んできたタカラトミーアーツが満を持して、2019年に一世を風靡した「タピオカ製造玩具」を発売する。それが「タピッてグー!」だ。

材料には粉末ゼラチンと粉末黒糖を使用。タピオカ粉は使わないが、透明感のある黒い色や形、食感がよく似た「タピオカ風スイーツ」を作れる。材料費は1杯60~70円程度に抑えられるという。

作り方は、まず粉末黒糖と粉末ゼラチンを湯で溶かし、専用トレーに流し込んで約30分間冷やす。固まったら本体にセットして、上部のレバーを下に押し込むと、下の容器に「タピオカ」が落下する。

容器はカップとして使えるので、飲料を注いでおけば、あっという間にタピオカミルクティー風ドリンクが完成する。トレーの小さなくぼみに液を流し込むためのミニピッチャーも付属。作りやすいよう工夫されている。

1度に作れるのは最大24個なので、大勢で分け合うにはやや不向き。ただ、粉末黒糖の代わりにかき氷のシロップなどを使えば、カラフルにアレンジすることも可能。

専門店通いに飽きた「タピ活女子」が、ユニークな「自作タピオカ」に目を向けるようなら、購買層は一気に広がるだろう。

タカラトミーの事業

玩具の大手、バンダイナムコと双璧。玩具・ライフ&リラックス商品等、自社&ライセンス商品の企画・製造・販売しています。

人気ブランドを活用したカプセル玩具・玩具菓子・鉄道模型など周辺事業も展開しています。主要製品は「チョロQ」「トミカ」「リカちゃん」「人生ゲーム」「鉄道玩具プラレール」「カードゲーム デュエル・マスターズ」、アミューズメントマシン、ライセンス許諾商品。2006年トミーとタカラの合併により誕生しました。

タカラトミーの株価

下記は2年チャートです。タカラトミーの株価は1174円です。

900円が一番底で2019年1月、7月に1100円を下回っています。このラインが下値支持線と考えて良いでしょう。

タカラトミーの業績

PERは11倍、自己資本比率は46.5%です。自己資本比率は30%以上あれば問題ないと言われています。PERも11倍であることから、割高ではありません。

タカラトミーの財務

こちらがタカラトミーの財務です。売上高、営業利益は2013~2015年に減少していますが、2016~2019年では回復しています。

  • 売上高、営業利益

  • 売上高営業利益率

売上高営業利益率は8%ほどです。

  • キャッシュフロー

こちらがキャッシュフローです。営業C/Fが年によってバラツキがあるのが気になりますが、フリーC/F、現金共にプラスで推移しており、資金繰りには問題なさそうです。

まとめ

  • 「タピってグー」でタピ活女子の需要を取り込めるか?
  • タピオカ銘柄は神戸物産が有名だが、注目されてきており割高
  • 財務は問題なさそうだが、営業C/Fのバラツキが気になるところ

トップへ戻る