【就活】就活セミナーに親1000人も!「いつから始めれば内定が」

今日も就活失敗

近年では就活セミナーに親が1000人も詰めかけるということが起こっています。始めに選ぶ企業というのは良くも悪くも人生を決定づけるので親の気持ちも分かります。私もOB訪問サービスに登録していますが、問い合わせが最近よく来ます。株式市場にも影響が出るので、就活の関連銘柄も紹介します。

記事抜粋

夏と呼ぶには早い5月下旬の土曜日、講堂は集まった大人たちの人いきれに包まれていた。「いつから始めれば内定をとれますか」。東京・目白にある学習院大が昨年開いた保護者向けの就職説明会につめかけたのは、約1千人。今まさに就活をしている2千人の大学3年生のうち、単純計算で2人に1人の親は9カ月前から「就活」だ。

採用の広報は大学3年生の3月、選考は4年生の6月に解禁するのが就活ルールだ。学習院大は1月にも採用担当者向けセミナーで「学業を妨げないでほしい」と呼びかけ、ルールを守るよう訴えた。だが現実は違う。内閣府の調査では、2020年春卒で採用される学生が内々定を得たのは4月と5月がそれぞれ3割で最も多い。

ルール通りに動いては乗り遅れる。就活を心配するのは本人だけでなく、むしろ親だ。大学に通わせた子どもを、就活という最後の試験に通すにはどうすればよいか。学習院大ではキャリアセンター担当事務長の淡野健がベトナムでのインターンシップ研修を保護者に紹介すると、現地には「親に勧められたので」という学生がきた。

惑う学生に焦る親。ルールなき就活には、大学の先生すら答えが見つからない。就職問題懇談会。大学や高専のトップでつくり、政府や経団連とともに就活ルールを作る大学側の代表だ。

だが、大学の学長たちも現実とのずれは感じる。「留学して帰ってくる学生がルールに縛られるのはかわいそうだ」。1月末、就問懇の会合で全国から集まった学長たちが口にしたのは、グローバル化する時代にルールを設けることへの違和感だ。山口すら「ガチガチに縛る時代ではない」と漏らす。

今の就活ルールは2年後の2022年春卒の採用まで続くことが決まっている。では、23年春卒はどうか。「日程を変更する必要が生ずる可能性は高くない」。政府が昨年10月に開いた関係省庁連絡会議の資料にはこんな記載がある。今の大学1年生まで続くのが既定路線だ。

就活関連銘柄

当ブログは株式投資のブログなので、就活関連の銘柄を紹介します。

sansan

名刺管理サービスのsansanです。周りの営業マンも使っている方が多く、まだまだ広がる事が見込まれます。私は技術者ですが、打ち合わせの機会が多くあり名刺が溜まり困っています。こうした名刺管理アプリは需要がありそうですね。

法人向けクラウド型名刺管理サービス「Sansan」及び個人向け名刺管理アプリ「Eight」を提供しています。

Sansan事業、Eight事業(SNSの仕組みを取り入れ、名刺をビジネスのつながりに変える名刺アプリ「Eight」提供)事業を展開しています。

  • 株価

以下が株価チャートです。2年チャートです。上場直後、株価は3500円まで下げましたが、そこからは順調に推移し、今は5880円です。

  • 指標

次に指標を見てみました。自己資本比率は37%です。まだPERは導出出来ていません。ROE、ROAはマイナスですね。上場直後だからでしょうか。

  • 業績

こちらが業績です。売上高、営業利益共に上昇しています。

 

売上高営業利益率は上場直後はマイナスでしたが、現在は5.2%あります。

  

  • キャッシュフロー

キャッシュフローを見てみました。営業C/Fは2019年にはプラスに転じています。財務C/Fは毎年プラス推移であることから資金借り入れで資金繰りをしていることが分かります。

エムスリー

医師、薬剤師向けの転職プラットフォームを提供している会社です。医師、薬剤師は高給取りの部類に入ることから、こうした人材を紹介することでの紹介料がかなり入るのでしょう。設備投資も必要ありませんし、良いビジネスですね。

https://corporate.m3.com/

  • 株価

こちらが株価チャートです。19年1月から株価は上昇し、なんと2倍になりました。現在では3160円をつけています。

  • 指標

こちらが指標です。PERは97倍と割高ですね。ROEは21%と収益力もあります。自己資本比率は71%あるので経営も安定しています。

    

  • 業績

次に業績を見てみました。上場以来12年間営業利益は綺麗に右肩上がりです。素晴らしいの一言に尽きます。

  • 営業利益率

営業利益率です。2007年には45%もの営業利益率を誇りましたが、減少を続け現在では26%です。減少したとしても、26%もあれば十分なんですけどね。

  • キャッシュフロー

最後にキャッシュフローです。営業C/F、現金比率はほぼ右肩上がりで綺麗な推移です。資金繰りも素晴らしい。PERが97倍で割高過ぎるので、狼狽売りが起こった際に買いたい銘柄ですね。

アトラエ

求人メディアのgreen、ビジネスマッチングアプリのyentaを提供しています。私が個別株デビューした時にミニ株買いで買った銘柄でもあります。

https://atrae.co.jp/

  • 株価

株価は一時期2200円で底を打ちましたが、現在は3790円です。

  • 指標

こちらが指標です。PERは92倍と割高の水準です。自己資本比率は85%と財務は良好です。ROEも13%と悪くありません。

  • 業績

こちらが業績を示しています。売上高、営業利益率は右肩上がりですね。一貫して黒字です。

    

  • キャッシュフロー

キャッシュフローを以下に示しました。営業C/Fは順調に上昇しています。良くないのが財務C/Fが毎年プラスであることですね。

エムスリーとアトラエの共通点

株価が堅調に上昇するエムスリーとアトラエの共通点を見つけることが出来ました。それは、無借金銘柄であるということです。

  • エムスリー

 

  • アトラエ

まとめ

  • 無借金銘柄はやはり投資価値あり。
  • アトラエ、エムスリーは指標から見て割高なので、狼狽売りが発生したタイミングで買いを入れる
トップへ戻る