【悲報】DeNA、上場来初の最終赤字に!!ゲーム事業で500億円減損とのこと。

横浜denaベイスターズで有名なdenaですが、2/5に上場以来初の赤字になることが発表されました。この件から投資家として学べることは何か?当ブログで紹介します。

ニュース記事抜粋

DeNAは5日、2020年3月期に05年に上場して以来、初の最終赤字になる見通しだと発表した。ゲーム事業の収益性低下で約500億円の減損損失を計上する。ヘルスケアやモビリティーなど多角化を進めてきたが、収益化は道半ば。その途中で主力のゲームでつまずいた格好で、業績回復への道筋は険しい。

19年4~12月期の連結最終損益(国際会計基準)は501億円の赤字(前年同期は80億円の黒字)だった。20年3月期通期で赤字となるのも確実で、守安功社長は「上場以来の赤字で、責任を感じている」と陳謝した。南場智子会長と守安社長の月額報酬の50%を3カ月減額する。

苦戦が続いていたゲームは19年8月に「ポケモンマスターズ」、9月に「マリオカート ツアー」の有名キャラクターを採用した新作を配信し、挽回を期していた。しかし、課金収入が想定に届かず、ゲーム事業全体の収益性を見直さざるを得なくなった。

結果として米国市場開拓を狙って10年に買収したが、ヒット作が出ずに16年に解散していた米子会社ののれん401億円と、ソフトの開発費として計上していた資産のうち81億円を減損として計上した。将来の収益性が低下したことで、繰り延べ税金資産を取り崩して税負担も増加した。

約500億円の減損に伴い、昨年3月末で2500億円強あった自己資本も目減りした。財務の健全性を示す自己資本比率は70%以上となお高いが成長戦略は不透明だ。

dena株について

denaについて

denaは大手インターネットサービス会社です。ゲーム事業(日本で最大級のSNS「モバゲー」運営)、EC事業「モバオク」、スポーツ事業、オートモーティブ、スポーツ、ヘルスケアの各事業を展開しています。

Eコマース、コミュニティー、ゲームの事業領域からスポーツ、オートモーティブ、ヘルスケアなど新領域でのビジネスを拡大しています。

ゲーム事業は任天堂との協業によるスマホゲーム開発(2016年の「スーパーマリオラン」から「ファイアーエムブレム」「どうぶつの森」「マリオカート ツアー」などを発売しています。

新領域の自動運転分野で日産自動車NTTドコモ・ヤマト運輸と提携。2010年「Yahoo! Mobage」開始。2015年には、任天堂<7974>と業務・資本提携、2016年「DeNAショッピング」をKDDIに譲渡、ZMPとの自動運転事業を解消。

2017年日産自動車と無人タクシーで提携しました。2018年タクシー配車アプリ「タクベル」の提供開始、「DeNAトラベル」をエボラブルアジアに売却しています。2019年顔認識技術を活用したAIソリューションで中国SenseTimeと業務提携しています。

ゲーム事業の利益率

ゲーム事業の利益率を見てみましょう。売上収益は3Qは259億円ありますが、そのうち190億円はゲーム事業で80%を占めます。

denaはほぼゲームで儲けている会社です。しかし、ゲーム事業の売上は2019の1Q、2Qを見ても低調です。第2の柱であるスポーツの収益も3Qは減少しています。

業績悪化の理由

denaの稼ぎ頭であるゲーム事業の不調、及び横浜ベイスターズ買収に関わるのれん代が494億円かかり、営業利益を圧迫したものからです。

こののれんの計上にはキャッシュアウトは伴わず、財政基盤への影響はないとしています。元々営業利益は1Q、2Qでは27億円程度しか出ていないため、のれん代は重くのしかかりました。2020年3Qに損失計上があり、これは一時的なものであるとしています。

決算資料はこちらからどうぞ。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/2432/ir_material/133323/00.pdf

財務

財務指標を見てみましょう。

  • 指標

現在の自己資本比率は84%、ROEは4.9%です。自己資本比率は30%あれば良いと言われる中、84%もあるので、財務には問題なさそうです。

  • 株価チャート

こちらは2年チャートです。営業利益の赤字発表を受けて、株価は急降下しています。株価は1619円です。

  • 売上高、営業利益

売上高、営業利益は2013年をピークに下がり続けています。

  • 売上高営業利益率

営業利益率は2013年の49%から低下を続けていますが、まだ13%あります。

  • 各決算毎の営業利益率

2015年〜2019年の各決算期毎の営業利益率を並べました。2019年3Qで赤字に転落しています。

  • キャッシュフロー

こちらがキャッシュフローです。営業C/Fも2013年までは増加を続けていましたが、2013年以降は減少を続けています。手元に現金をしっかり残しており資金繰りには問題なさそうです。

気になる点は営業C/Fが安定していない事ですね。営業C/Fが安定しないと、短期や長期の借り入れに頼るという事態にもなります。

まとめ

  • 財務には問題ないが、主力事業の低調により、売上高、営業利益ともに減少続き。
  • 売上高、営業利益が減少続きの会社は投資しないほうが良い
  • ゲーム事業が売上の80%も占めており、ゲームでヒット作が出せれば荒稼ぎ出来るポテンシャルはある
  • 自己資本比率は82%と高水準。のれんの減損処理も一時的なものなので、ゲーム事業への投資で巻き返しが狙える

気軽に投資するならネオモバイル証券がおすすめ!

余っているTポイントや500円からで株を購入出来るので、株を始めるかどうか悩んでいる方はネオモバイル証券がおすすめです。少額投資なので、投資にも慣れることが出来ます。お小遣い感覚で出来るので、投資にピッタリです。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

トップへ戻る