【悲報】ZOZO株が大幅安!時価総額はピークの3分の1に!

前澤氏が退任したZOZOですが、なんと株価はピーク時の1/3に!決算で営業利益が42%減少で、投資家から売り込まれました。この件から投資家として学べることは何か?当ブログで紹介します。

ニュース記事抜粋

ZOZO株が下落している。2月3日の終値は、前日比で13.22%安の1582円と大幅安になった。1月31日に発表した2019年10〜12月決算で営業利益が前年同期比42.0%減と大幅減益になり、投資家からの売り注文が相次いだ。

時価総額は5000億円を割り込み、最高値だった18年7月18日の1兆5052億円から比べると3分の1に落ち込んだ。

減益の主な理由は暖冬と増税で冬物が売れず、さらに「ZOZOチャンピオンシップ(PGAゴルフツアー)」や「バスキア展」といった大型プロモーションによるもの。ただ、191012月は商品取扱高(GMV)も同0.3%増と伸び悩んだ。コートなどの高価格帯の重衣料がメインの1012月にもかかわらず、平均出荷単価が同6.3%減の8973円と落ち込んだことも痛手だった。

ZOZO株について

ZOZOについて

日本最大級のファッション通販サイト運営。ZOZOTOWN事業(受託ショップとして掲載各社ブランドのショップ受託運営、買取ショップとして中古商材の買取・販売)が中核です。主要サービスは「ZOZOTOWN」(出店者数1300、7300ブランド)です。

その他、BtoB事業(アパレルメーカーが運営するECサイトのシステム開発・デザイン制作・物流請負・マーケティング支援)を展開しています。2016年には、LINE<3938>と業務提携、ファッション領域でビーコン事業を開始。2017年には、プライベートブランド「ZOZO」を発表。2018年採寸用ボディスーツ「ゾゾスーツ」を発売しています。2019年TOBによりZホールディングス<4689>の子会社になりました。

https://zozo.jp/

財務

  • 指標

現在のPERは21倍、自己資本比率は28%、ROEは50%とそこまで悲観される数字ではありません。

  • 株価チャート

こちらは5年チャートです。ZOZOの株価は1582円です。決算発表の翌週の2/3(月)にストップ安になりました。

  • 売上高、営業利益

売上高、営業利益共に右肩上がりです。

  • 売上高営業利益率

営業利益率は2015年の37%から低下を続けていますが、まだ17%あります。

  • 各決算毎の営業利益率

今年の決算では営業利益が前期比の40%減との事ですから、2018年の3Qは1000億円、そこから40%減なので600億です。

  • キャッシュフロー

こちらがキャッシュフローです。営業C/Fも2018年までは増加を続けていましたが、2019年に400億円の減少です。

今後のZOZOの舵取りについて

創業者である前澤氏が経営から退き、ヤフー傘下に入ったという事は大きいですね。そして、ZOZO新社長として、澤田宏太郎さんが就任することも発表されました。

澤田宏太郎さんと言う方は、スタートトゥデイコンサルティングと言う会社を経営しており、ZOZOに吸収合併されたそうです。前澤氏とは12年の付き合いで、ZOZOとも繋がりが深いそうです。澤田宏太郎さんの手腕で今後のZOZOの雲行きが決まりますね、

まとめ

  • ZOZOの業績指標は悪くないので、経営者次第で復活出来る余地は十分ある。
  • 前澤氏が退任した事実は大きいが、堅実な経営をするならZOZOの株価は上がる。
  • 年々の営業利益は低下しているが、17%もあり実は高水準。今までが調子が良すぎただけ
  • 社長が派手な会社は散財する傾向があるので、投資には適さない。復活は今の社長次第。

気軽に投資するならネオモバイル証券がおすすめ!

余っているTポイントや500円からで株を購入出来るので、株を始めるかどうか悩んでいる方はネオモバイル証券がおすすめです。少額投資なので、投資にも慣れることが出来ます。お小遣い感覚で出来るので、投資にピッタリです。

トップへ戻る