【激狭】わずか3畳の物件で無駄ない生活が若者に人気出る

引っ越して誰も住んでいない一軒家の庭

東京都心ではわずか3畳の極狭物件に人気が集まっていると言います。消費増税で物の値段が上がり、働き方改革で手取りが減っているので、最低限あればいいとする人も多いです。こうした若者が増えているようですが、どんな背景があるのでしょうか?また、実際住んでみてどうなのか?当ブログで紹介します。

記事抜粋

居室の広さ約5平方メートル(約3畳)――。東京都心の「極狭(ごくせま)アパート」が若者に人気だ。さぞ息が詰まると思いきや、満足して暮らす人が多いという。彼らが住まいに求めるものは何か。暮らしをのぞいた。

東京・新宿から電車に乗って5分の京王線笹塚駅で降り、徒歩でさらに5分。世田谷区の閑静な住宅街にある2階建て賃貸アパートの玄関ドアを開けると、すれ違うのも困難なほど狭い通路が目に飛び込んできた。都内の外資系IT企業社員、細田恭平さん(26)が暮らす部屋だ。

壁際にソファ、机、衣装ラック、冷蔵庫が置かれた居室には、人ひとりが寝転ぶのがやっとの空間が残る。トイレとシャワー室はあるが、洗面台、浴槽、収納、洗濯機はない。部屋全体の面積はロフト(約4平方メートル)を含めても約13平方メートルで、一般的なワンルーム(約25平方メートル)のほぼ半分だ。

家賃が月6万4500円のこの部屋に住み始めたのは約2年前。テレビでサッカーなどの配信動画を楽しむのが日課だ。スペース不足は小さめの家具をそろえ、調理器具を壁にかけるなどして補う。洗濯もコインランドリーで十分という。

細田さんの部屋を設計・施工した港区の不動産会社は、極狭物件を新宿区や目黒区などの都心部で約70棟(約1200室)展開する。「入居率は常に99%で、新築の入居受け付けは3日で満室になる」(同社)という。入居者の8割は20~30代の会社員や学生らだ。

いずれも築浅で壁や床は白を基調にしたデザイナーズ物件。家賃は通常のワンルームより数万円ほど安く、敷金・礼金と更新料は不要だ。ただ、若者をひき付けるのは安さだけではない。

細田さんは「都心の極狭物件は生活の無駄を省くための究極の手段だ」と話す。中でも重視したのが「時間の無駄」だ。以前は埼玉県上尾市の実家暮らしで、都心の勤務先まで満員電車で片道2時間かけるむなしさを嫌というほど感じていた。

都心にあるが値ごろな部屋に移ったことで、浮いた時間やお金を投資の勉強などに充てられるようになった。生活空間の狭さに対応して家具などを厳選するうち、自分が本当に好きな物に気付くこともできたという。

自身もミニマリストで生活の様子を書籍などで発信する佐々木典士さんは流行の背景に経済の先行きの不透明さを挙げる。「物をたくさん抱える生活は身動きが取りづらくリスクが高いと考える若者が増えた」という。

品川区で格安賃貸物件の紹介サイト運営や仲介を手掛ける会社の並河宏明社長も変化を実感する。部屋探しで同社を訪れた際にいったんは間取りや広さを気にするが、「最低限の機能があればよい」と割り切る若者が増えているからだ。彼らの多くがこだわるのは駅からの近さなどの交通アクセス。並河社長は「必要な物を絞り込むうち、通勤や通学にかける時間も極力減らせる極狭アパートに行き着くのではないか」とみる。

物に囲まれない方が人生は幸せに生きる事が出来る

記事でもありましたが、物に囲まれない方が幸せな人生を送る事が出来ます。何故なら意思決定に時間がかからなくなるからです。

所有欲が人を幸せにする事はない。と堀江貴文氏も言っています。所有欲から解放されてスッキリした人生を送りましょう。

【スッキリ】人生悩んでるなら部屋の断捨離がおすすめ

【物欲0】堀江貴文氏の言う、「所有欲が人を幸せにすることはない」は的を得ている件

まとめ

  • 必要最低限で生きる人が多くなっている
  • 人生悩んでるなら、物を捨てるのがおすすめ。

トップへ戻る