【チャンス】コロナウィルス発症懸念で日経平均株価は一時500円安!投資家の取るべき戦略は?

コロナウィルスによる消費減退の懸念で本日の日経平均株価は一時500円の下落でした。さて、投資家はどのような戦略で動けば良いでしょうか。SARSが発生した際の株価の推移もふあえてお伝えします。

投資家はどのような戦略で動けば良いのか?

SARS発生時の動向

SARSが流行した時の株式市場の動向がこちらです。SARSの場合ですと感染が終息するのが、丁度半年後です。初の感染例から10%ほど指数は下落している事がわかります。

SARSの場合だと4ヶ月で底を打っています。コロナウィルスの潜伏期間は10日ほどなので、まだまだ感染が広がると予想されます。ここ数週間はnyダウは調整局面に入ることが予想されます。なお、感染終息後株価は右肩上がりで上昇しています。

投資家はどう動けば良いか?

相場というものは常に感情で動いており、現在は狼狽売りも発生しています。故に買いチャンスです。

投資で利益を上げるには弱気の局面で攻めることです。危機には好機が潜むとも言います。米国株を購入している方は絶好のドル転チャンスです。

まとめ

  • SARSの場合は遅くとも半年後には株価は回復、コロナウィルスの発症傾向を注視する必要あり。
  • 株価は調整局面に入ると予想
  • 米国株買ってる人はドル転チャンス
トップへ戻る